スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
  
    
スポンサードリンク
<< 天皇杯 各地で大番狂わせ 他 サッカートピックス | main | 2019 NPB 再び巨人・ソフトバンクが首位固めか >>
2019 J1 第23節 鹿島がじわりと差を詰める
category: サッカー | author: GT−40X
0

    JUGEMテーマ:Jリーグ

     

     台風一過で日本列島は猛烈な暑さに見舞われています。お盆休みも終盤にJ1第23節の9試合が各地で行われました。その模様を今回は振り返っていきます。

     

     

     それでは、J1の第23節の試合結果を見ていきます。左側のチームがホームです。

     

     清水  0−8 札幌

     仙台  2−2 川崎F

     FC東京  0−1 広島

     横浜FM  1−2  C大阪

     湘南  2−3 鳥栖

     神戸  3−0 浦和

     大分  0−1 鹿島

     松本  1−1 名古屋

     G大阪 1−1 磐田

     

     札幌がアウェーで清水に対し8点という大量得点をあげて大勝しました。川崎はホームで強さを見せる仙台に苦戦。何とか引分けに持ち込みました。首位のFC東京は最近好調で順位を上げてきた広島にホームで苦杯を喫しました。マリノスはセレッソに対し一時同点に追いつくも勝ち越されて敗北を喫し痛い3連敗となってしまいました。パワハラ騒動に揺れる湘南は鳥栖にアディショナルタイムに勝ち越し点を許して敗戦。鳥栖は嬉しい連勝となりました。

     

     酒井高徳選手が加入した神戸ですが、早速酒井選手はスタメン出場。浦和に3−0の完勝を収め酒井選手のJ復帰戦を見事に飾りました。鹿島は大分相手に試合巧者ぶりを発揮し、後半に勝ち越し点を奪ってその後の大分の猛攻を凌ぎきりアウェーで勝利しました。松本と勝利目前のアディショナルタイム中に名古屋に同点弾を許し無念の引分け。ガンバも終了間際に磐田にPKを献上してしまいドローに持ち込まれ勝点3を逃す結果となりました。

     

     

     それでは第23節終了時点の順位表です。

     

    順位

     チーム名 

    勝点  勝  分  負 得失差
     1 FC東京

     48

    15  3  5

      17

     2

    鹿島アントラーズ

     44 13  5  5

      19

     3

    川崎フロンターレ

     40

    10 

    10  3   15
     4 サンフレッチェ広島

     39

    11  6  6   13
     5

    横浜F・マリノス

     39 12  3  8    7
     6 コンサドーレ札幌  35 10

     5

     8

      11

     7

    セレッソ大阪

     34 10  4  9    5
     8 大分トリニータ

     34

     9  7  7

       4

     9 名古屋グランパス   31  8  7

     8

     5

     10 浦和レッズ   30  8  6  9

     -10

     11 湘南ベルマーレ  29  9  2 12

     -6

     12 清水エスパルス  28  8  4 11

     -22

     13 ガンバ大阪

     27

     6

     9

     8  -4
     14 ベガルタ仙台  27  8  3 12  -8
     15

    ヴィッセル神戸

     26

     7  5

    11

     -3
     16 サガン鳥栖

     24

     7  3  13  -14
     17

    松本山雅FC

     20

     4

     8 11

     -15

     18 ジュビロ磐田  18  4  6 13

     -14

     

     

     首位FC東京は今節敗戦で2位鹿島は勝利した為、勝点差が4に縮まりました。鹿島がジワリと差を詰めてきておりFC東京にとっては不気味なところです。3連覇を狙う川崎は勝点8差。これ以上は離されないようにしたいところです。3連敗のマリノスに替わりFC東京を破った広島が浮上してきました。マリノスは3連敗で優勝戦線から後退しつつあります。ここで立て直して踏みとどまれるかどうか。札幌は清水に大勝した勢いを次節のFC東京戦にぶつけたいところです。見事勝利して優勝戦線に殴りこみを書けることが出来るか。残留争いは自動降格圏の松本と磐田が苦しい状況となっています。入れ替え戦枠にいる16位の鳥栖が勝点を伸ばし、11位以下のチームも油断ならない状況となってきています。

     

     次節は8/23、24に各地で行われます。注目は鳥栖と神戸の対戦。残留争いを繰り広げるチーム同士の戦いというのもありますが、鳥栖のフェルナンド・トーレス選手の引退試合でもあります。フェルナンド・トーレス選手の最後の勇姿と元スペイン代表の盟友である神戸のイニエスタ選手等との最後の競演となります。トーレス選手が最後にどんなプレーを見せてくれるのか注目したいと思います。今回の記事はここまでと致します。

     

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
     
    サイト内検索

    ARCHIVES
        
    CATEGORIES
    SELECTED ENTRIES
    COUNTER
    本日
    昨日
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク