スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
  
    
スポンサードリンク
<< 2019 J1 第23節 鹿島がじわりと差を詰める | main | 2019 MLB 菊池雄星投手MLBで初の完封勝利 >>
2019 NPB 再び巨人・ソフトバンクが首位固めか
category: プロ野球 | author: GT−40X
0

    JUGEMテーマ:プロ野球全般

     

     お盆休みも終わりとなりましたが、両リーグ混戦となるかと思われたペナントレースの流れがまた変化してきています。現在の両リーグの状況を見ていきます。

     それでは8/19時点の両リーグの順位表です。

     

     

    セントラル・リーグ順位表

    順位  チーム名  勝率  勝  負  ゲーム差
      1  巨人 .574 62 46  2   −
      2  DeNA .527 58 52  3   5.0
      3  広島 .514 57 54  3   6.5
      4  阪神 .467 50 57  6  11.5
      5  中日 .450 49

    60

     2

     13.5
      6  ヤクルト .414 46 65  2

     17.5

     

     

    パシフィック・リーグ順位表

    順位  チーム名  勝率 ゲーム差
      1

     ソフトバンク

    .573 63 47  4  
      2  西武 .518 57 53  1   6.0
      3  楽天 .505 54 53  4

      7.5

      4  日本ハム .495 53 54  5   8.5
      5  ロッテ .486

    53

    56  3   9.5
      6  オリックス .477 51 56  5

     10.5

     

     

     前回の8/8の記事時点では両リーグとも混戦となるかといった状況でした。セ・リーグは首位の巨人がお盆休みの間の3カードを8勝1敗の好成績で再び2位との差を5ゲームに広げました。2位のDeNAは最下位のヤクルトにまさかの3タテを食らい差を広げられる結果となりました。3位の広島は優勝争いのライバルである巨人とDeNAとの直接対決をいずれも負け越しとここに来て調子を崩しています。4位以下は上位から離されてCS進出は厳しい状況です。

     

     パ・リーグはソフトバンクが勝ち星を積み重ねてマジック点灯に王手をかけています。追撃の一番手であった日本ハムは9連敗を喫して優勝戦線から脱落。CS出場権も怪しくなってきました。替わって浮上したのが昨季の覇者の西武ですがゲーム差は6と開いています。そして3位以下は最下位オリックスまで3ゲーム差内にひしめく状況となっています。どのチームにも十分CS進出のチャンスが残されており3位争いも今後の注目点となりそうです。

     

     それでは、最近の球界の話題を振り返ります。

     


    バティスタ選手 薬物検査で陽性反応

     

     首位を追いかける広島にとってあまりに衝撃的で残念な出来事です。今季3番に定着し、これまでチームトップの26本塁打を放っているバティスタ選手がドーピング検査で陽性反応が出たために8/17に出場選手登録を抹消することになりました。

     

     暫くは自宅謹慎となり、調査裁定委員会の裁決を待って正式処分が下されることになります。あまりに痛くあまりにショックな出来事に広島のチーム内にも動揺が広がっています。今季は6月にオリックスのメネセス選手がドーピング検査で陽性反応が出て契約解除となっています。バティスタ選手にも厳しい処分が予想されます。

     


    バレンティン選手が国内FA権を取得

     

     東京ヤクルトスワローズのバレンティン選手が8/17に出場選手登録日数が8年に達して国内FA権の取得条件を満たしました。これにより来季バレンティン選手はNPBの球団でプレーすることになれば外国人選手枠から外れることになります。

     

     バレンティン選手は来季もNPBでのプレーを希望しているとのことで、他球団への移籍も視野に入れながら考えるとの事です。ヤクルトは慰留する方向で考えているとのことです。シーズン後のバレンティン選手の動向にも注目が集まります。

     


    筒香嘉智選手が通算200号本塁打を達成

     

     横浜DeNAベイスターズの主砲、筒香嘉智選手が8/17に通算200号本塁打を達成しました。史上105人目となります。8/17の広島戦で2回に今季24号本塁打を放ち達成しました。

     

     その後この試合ではもう一本本塁打を放ちチームも勝利して自身の記録に花を添えました。27歳8ヶ月での達成は史上8位の年少記録となります。将来的にはメジャー挑戦も視野に入れている筒香選手ですが、今後記録がどこまで伸びるか注目したいと思います。

     


     

     高校野球は準々決勝まで終了し、8/20に準決勝が行われます。準決勝の組み合わせは明石商業高対履正社高校の近畿勢対決と、今大会No.1右腕の奥川投手を擁する星陵高校と中京学院大中京の対戦となっています。どの高校が令和最初の優勝校となるか注目したいと思います。今回の記事はここまでと致します。

     

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
     
    サイト内検索

    ARCHIVES
        
    CATEGORIES
    SELECTED ENTRIES
    COUNTER
    本日
    昨日
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク