スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
  
    
スポンサードリンク
<< 2019 J1 第24節 F・トーレス選手引退試合 | main | 桃田賢斗選手 世界選手権2連覇達成 他 >>
2019 NPB 巨人にマジック20が点灯
category: プロ野球 | author: GT−40X
0

    JUGEMテーマ:プロ野球全般

     

     もうすぐ8月も終わりペナントレースも大詰めを迎えます。優勝争いとCS進出をかけた争いもあとわずかとなりました。現在の両リーグの状況を今回は見ていきたいと思います。

     それでは8/25時点の両リーグの順位表です。

     

     

    セントラル・リーグ順位表

    順位  チーム名  勝率  勝  負  ゲーム差
      1  巨人 .570  65  49  2    M20
      2  DeNA .517 60 56  3   6.0
      3  広島 .513 60 57  3   6.5
      4  阪神 .487 55 58  6   9.5
      5  中日 .452 52

    63

     2

     13.5
      6  ヤクルト .410 48 69  2

     18.5

     

     

    パシフィック・リーグ順位表

    順位  チーム名  勝率 ゲーム差
      1

     ソフトバンク

    .557  64  51   4   
      2  西武 .526 61 55  1   3.5
      3  楽天 .504 57 56  4

      6.0

      4  ロッテ .4967 57 58  3   7.0
      5  日本ハム .4956

    56

    57  5   7.0
      6  オリックス .473 53 59  5

      9.5

     

     

     セ・リーグは遂に首位の巨人にマジック20が点灯しました。これにより広島の4連覇は厳しい状況になっています。2位DeNAと3位の広島は巨人に対してペナントレースを盛り上げる為にも意地を見せてほしいところです。そしてCS進出をかけた争いも4位の阪神が3ゲーム差まで迫っています。こちらの争いも注目です。

     

     パ・リーグは首位のソフトバンクが今季苦手としているロッテに3タテを食らい、再び2位西武との差が3.5ゲーム差と詰まってきました。そしてCS進出争いは3位楽天、4位ロッテ、5位日本ハムが1ゲーム差内の混戦となっています。最下位のオリックスも3位まで3.5ゲーム差とまだ望みはあります。こちらは終盤まで縺れそうな感じです。

     

     それでは最近の球界のトピックスについて振り返ります。

     


    藤川球児投手 現役通算最多セーブタイに

     

     阪神タイガースの藤川球児投手が8/24のヤクルト戦で今季9セーブ目をマークし、NPBでの通算セーブ数を234としてソフトバンクのサファテ投手の通算セーブ数に並びNPB現役最多となりました。

     

     これで日米通算で通算236セーブとなり、名球会の入会要件である250セーブまであと14となりました。藤川投手は7月下旬からドリス投手に代わりクローザーとなりこれまで9セーブを積み上げています。一時は難しいと思われていた通算250セーブも今季どれだけ数字を積むかによっては来季に達成の可能性も出てきました。

     

     藤川投手はいわゆる「松坂世代」の一人です。藤川投手が日米通算250セーブを達成すればこの世代から初の名球会の要件を達成した選手となります。クローザー就任後、結果の残している藤川投手。今後もクローザーを務めることになれば来季にも達成ということになりそうです。

     


    山田哲人選手 33連続盗塁成功の日本新記録

     

     東京ヤクルトスワローズの山田哲人選手が8/23の阪神戦の初回に今季28個目の盗塁を成功させました。これで昨年の8月から継続している連続盗塁成功記録を33

    に伸ばし、ソフトバンクの福田秀平選手が持つ連続盗塁成功記録を更新しました。

     

     山田選手は通算の盗塁成功率も.886で通算150盗塁以上の歴代トップの数字となっています。ちなみに1シーズンでの連続盗塁記録は広瀬叔功氏の31となっておりこちらの更新にも期待がかかります。山田選手といえばNPB史上最多の3度のトリプル・スリー達成者ですが、また新たに勲章が加わりました。この記録がどこまで伸びるか注目したいと思います。

     


     

     首位巨人にマジックが点灯しましたがまだ優勝が確定したわけではありません。セ・リーグの他のチームも最後優勝が決定するまで諦めず戦ってほしいと思います。またCS進出をかけた戦いもまだまだ判りません。特にパ・リーグは最下位のオリックスが今月好調で台風の目となる可能性があります。ペナント争いと同様こちらも注目していきたいと思います。今回の記事はここまでと致します。

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
     
    サイト内検索

    ARCHIVES
        
    CATEGORIES
    SELECTED ENTRIES
    COUNTER
    本日
    昨日
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク