スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
  
    
スポンサードリンク
<< カタールW杯アジア予選 日本代表メンバー発表 2019.8.30 | main | 2019 NPB 巨人のマジックは消滅・パの首位戦線に異変 >>
2019 J1 第25節 FC東京首位を快調にキープ
category: サッカー | author: GT−40X
0

    JUGEMテーマ:Jリーグ

     

     今節の試合の後は代表の試合が組まれていますので、次節の試合は来々週の週末となります。いよいよ勝負所の秋に突入していきます。これまでFC東京が順調に勝点を積み重ね首位を走り、それを鹿島やマリノス、川崎や広島といった優勝の実績がある強豪チームが追う展開となっています。今節はどういう展開となったのでしょうか。

     

     

     それでは、J1第25節の試合結果です。

     

     名古屋 1−2 FC東京

     横浜FM  3−1 G大阪

     松本  0−0 大分

     磐田  0−2 広島

     神戸  2−3 札幌

     鳥栖  2−1 仙台

     C大阪 2−1 川崎F

     清水  0−4 鹿島

     湘南  1−1 浦和

     

     

     首位のFC東京は名古屋相手にアウェーで逃げ切り勝利し勝点3をきっちりゲットしました。首位を追うマリノスはガンバに3発のゴールで快勝。松本と大分の昇格組同士の対戦はスコアレスドローに終わりました。広島は最下位の磐田が相手。後半に2ゴールを奪ってしっかりと勝点3を手にしました。磐田は6試合勝ちなしで残留へ暗雲が立ち込めます。

     

     怪我でイニエスタ選手を欠く神戸は札幌に競り負けて敗戦しました。鳥栖はホームで仙台に逆転勝ちし残留に向けて貴重な勝点3を獲得しました。セレッソは川崎に逃げ切り勝ちしリーグ3連勝。一方の川崎は6試合勝ちなしと停滞しています。鹿島は攻守に圧倒し4点を奪い清水に大勝しました。浦和は1点リードで逃げ切りを図りますが、終了間際に湘南の梅崎選手の同点ゴールを許し引分けに終わりました。

     

     

     それでは第25節終了時点の順位表です。

     

    順位

     チーム名 

    勝点  勝  分  負 得失差
     1 FC東京

     52

    16   4  5

      18

     2

    鹿島アントラーズ

     48 13  6  5

      23

     3

    横浜F・マリノス

     45

    14

     3  8   13
     4 サンフレッチェ広島

     43

    12  7  6   15
     5

    川崎フロンターレ

     41 10 11  4   14
     6 セレッソ大阪  40 12

     4

     9

       8

     7

    コンサドーレ札幌

     39 11  6  8   12
     8 大分トリニータ

     36

     9  9  7

       4

     9 名古屋グランパス   31  8  7

    10

     1

     10 湘南ベルマーレ  31  9   4 12

     -6

     11 浦和レッズ  31  8   7 10

     -11

     12 ヴィッセル神戸  29  8  5 12

     1

     13 清水エスパルス

     29

     8

     5

    12  -26
     14 ガンバ大阪  28  6  10  9  -6
     15

    ベガルタ仙台

     28

     8  4

    13

     -9
     16 サガン鳥栖

     27

     8  3  14  -18
     17

    松本山雅FC

     24

     5

     9 11

     -14

     18 ジュビロ磐田  18  4  6 15

     -18

     

     

     首位はFC東京で今節勝利した為、勝点4差をキープしています。2位は清水に大勝した鹿島で首位に離されずついて行きます。3位のマリノスも勝利して3位をキープ。広島が4位に浮上し、王者の川崎は5位に転落しました。首位との勝点差は11で3連覇達成は非常に苦しくなってきています。

     

     一方残留争いは降格圏のすぐ上のグループのチームが軒並み敗戦し、鳥栖が勝利した為12位の神戸以下鳥栖まで勝点2差の中に納まる団子状態となってきました。やや離れて松本が17位、そして更に松本から勝点6の差がついて磐田が最下位となっています。磐田は非常に苦しい状況です。松本も早くすぐ上の混戦グループに追いつきたいところです。残り10試合をきりこれからの1試合1試合が非常に重要となってきます。負けが込むと一気に降格圏まで転落しかねず緊迫した状況となっています。

     


     

     次節は代表戦とW杯アジア予選の為、1週空けて9/13、14に開催されます。次節の注目は首位FC東京と2位鹿島の直接対決。今季の優勝を行方を左右する大一番となりそうです。またマリノスと広島の3位・4位の対戦もあり優勝争いの大きな節目となりそうです。今回の記事はここまでと致します。

     

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
     
    サイト内検索

    ARCHIVES
        
    CATEGORIES
    SELECTED ENTRIES
    COUNTER
    本日
    昨日
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク