スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
  
    
スポンサードリンク
<< 2019 NPB 巨人のマジックは消滅・パの首位戦線に異変 | main | 2019 MLB ダルビッシュ有投手が登板回避 他 >>
バスケW杯 世界の高い壁/大坂なおみ選手連覇の夢散る
category: スポーツ総合 | author: GT−40X
0

     

     先週はテニスの全米オープンに柔道の世界選手権が行われ、そして男子バスケットボールのW杯が開幕しました。その他のスポーツとあわせて振り返っていきたいと思います。

     


    女子100mハードルで寺田選手が日本新

     

     9/1に行われた富士北麓ワールドトライアル2019の100mハードルで寺田明日香選手が12秒97をマーク、日本女子選手では初となる12秒台に突入しました。

     

     寺田選手は2013年に一度引退。翌年に結婚し出産も経験。その後7人制ラグビーに挑戦。そして今季6年ぶりに陸上競技に復帰を果たし、子育ての合間に練習に励んでいます。先日日本記録タイの13秒00をマークし、今回更にタイムを伸ばして日本新記録を更新しました。これで世界陸上の参加標準記録をクリアしました。目標の東京五輪出場にむけてこれからも健闘を期待したいと思います。

     


    世界柔道 日本は個人戦金4個を獲得

     

     東京五輪の舞台でもある日本武道館で行われていた柔道の世界選手権が9/1に閉幕しました。日本は今回個人戦では男女合わせて金メダルを4個獲得、銀メダル6個に銅メダル5個の計15個のメダルを獲得となりました。

     

     2018年の世界選手権の金7個から3つ金メダルが減ったことには不安を感じます。相手選手も日本人選手は優勝候補となるので対策を十分に練ってきます。また復活が待たれる男子重量級では金メダルゼロと厳しい結果となりました。日本のお家芸として東京五輪でも大きな期待のかかる種目だけにプレッシャーも大きいですが本番まで更に研鑽を積んでほしいと思います。また、国内の代表争いも熾烈ですのでその争いにも注目です。

     


    テニス全米オープン 大坂なおみ選手連覇ならず

     

     テニスの全米オープンが現在開催中ですが、優勝の期待がかかる男子シングルスの錦織圭選手と女子シングルスの大坂なおみ選手はいずれも敗退し、ベスト8に残ることは出来ませんでした。

     

     錦織圭選手は3回戦に進出し、20歳の新鋭アレックス・デミノール選手と対戦。若さ溢れるデミノール選手のプレイに圧倒され第1,2セットと落としてしまいました。第3セットは奪いましたが第4セットを失いセットカウント1−3で敗戦しました。

     

     大坂なおみ選手は4回戦に進出。4回戦の相手は今季2戦2敗と相性の悪い同世代のライバル、ベリンダ・ベンチッチ選手との対戦となりました。ベンチッチ選手の精度の高いショットに大坂選手は苦戦を強いられます。第1セットを5−7で落とし、第2セットに入ると途中大会前に痛めた左膝が痛むのかトレーナーを呼ぶシーンも見られました。結局第2セットも落としストレート負けを喫しました。これで全米オープン連覇の夢も潰えました。

     


    バスケットW杯開幕 日本は1次リーグ2連敗

     

     久々のW杯出場となった日本代表ですが、まずは1次リーグ初戦でトルコ代表と対戦。しかし頼みの八村塁選手が発熱で体調が万全ではない中の試合となりました。第1クォーターでトルコは八村選手をうまく封じリードを広げていき16点差をつけて第2クォーターへ。第2クォーターは少し差を詰めましたが第3クォーターでトルコに突き放されてしまいます。第4クォーターでもその差を詰めることが出来ず試合終了、67-89の完敗を喫しました。

     

     第2戦はチェコ代表との対戦。第1クォーターは同点で終了し第2クォーターへ。しかし第2クォーターでチェコは順調に得点を重ね日本も得点を重ねますが5点差をつけられてしまいます。第3クォーターもリードを広げられて55-64で第4クォーターへ。第4クォーターで日本も追いつくべく必死に攻めますがチェコの方が1枚上手でした。試合は76-89で敗れて2連敗となり1次リーグ突破は絶望的となりました。1次リーグ最終戦は世界最強のアメリカ代表との対戦となります。勝利するのはかなり難しい相手ですが、NBAを代表する選手がズラリと並ぶアメリカ相手に一泡吹かせるような戦いを期待したいと思います。

     


    F1ベルギーGP ルクレールが初優勝

     

     F1グランプリの第13戦ベルギーGPの決勝が9/1にスパ・フランコルシャンで行われました。前日のF2のレースで大規模クラッシュが発生しアントワーヌ・ユベールが死亡する悲しい出来事に沈む中のレースとなりました。この決勝レースを制したのはポールポジションからスタートしたフェラーリのシャルル・ルクレール。F1での初勝利を亡き親友であったユベールに捧げました。2位にはメルセデスのルイス・ハミルトン、3位には同じくメルセデスのバルデリ・ボッタスが入りました。

     

     レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは1周目に名物コーナーのオー・ルージュを抜けたところでクラッシュしてリタイア。今回からレッドブルに乗るアレクサンダー・アルボンは最後にレーシングポイントのセルジオ・ペレスを抜いて5位入賞。トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは7位、ピエール・ガスリーは9位とダブル入賞を果たしました。

     


     

     9/20に日本で行われるラグビーW杯が開幕しますが、8/29に日本代表の31名の選手が発表されました。主将は前回大会と同じくリーチ・マイケル選手が務めます。いよぴよ本番が近づいてきましたが、9/6に本番前最後のテストマッチとして前回大会で大金星をあげた相手である南アフリカ代表との試合があります。本番へ弾みをつける内容と結果を期待したいと思います。今回の記事はここまでと致します。

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
     
    サイト内検索

    ARCHIVES
        
    CATEGORIES
    SELECTED ENTRIES
    COUNTER
    本日
    昨日
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク