スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
  
    
スポンサードリンク
<< 東京五輪を目指して それぞれの戦い | main | 2019 天皇杯4回戦 Hondaのジャイアントキリング >>
2019 NPB 西武が大逆転で2連覇を達成
category: プロ野球 | author: GT−40X
0

    JUGEMテーマ:プロ野球全般

     

     先日のセントラル・リーグの巨人の5年ぶりの優勝に続き、パシフィック・リーグも優勝争いに遂に決着がつきました。そしてあの名捕手が引退を決意しました。それらを今回は振り返っていきます。

     それでは9/24時点の両リーグの順位表です。

     

     

    セントラル・リーグ順位表

    順位  チーム名  勝率  勝  負  ゲーム差
      1  巨人 .547  76  63  2    優勝
      2  DeNA .514 71 67  3   4.5
      3  広島 .504 70 69  3   6.0
      4  阪神 .493 66 68  6   7.5
      5  中日 .482 66

    71

     2

      9.0
      6  ヤクルト .417 58 81  2

     18.0

     

     

    パシフィック・リーグ順位表

    順位  チーム名  勝率 ゲーム差
      1

     西武

    .567  80  61   1   優勝
      2  ソフトバンク  .555 76 61  4   2.0
      3  楽天 .507 70 68  4

      8.5

      4  ロッテ .496 69 70  4  10.0
      5  日本ハム .471

    64

    72  5  13.5
      6  オリックス .444 59 74  6

     17.0

     

     

     セ・リーグは先日巨人の優勝が決まり、続いてDeNAの2位も確定。あとは3位争いですが、3位の広島に対し4位阪神は1.5ゲーム差。広島は残り1試合で阪神は3試合。9/27の最終戦で広島が勝利した場合は広島の3位が確定します。阪神は広島が最終戦で敗戦し、なおかつ残り試合を全勝する必要があります。阪神には厳しい条件ですがどうなるでしょうか。

     

     パ・リーグは9/23の時点で西武がマジック2とし、運命の9/24の試合へ。西武はロッテと、ソフトバンクは楽天との対戦となりました。西武は猛打爆発で12点を奪いロッテに快勝。一方のソフトバンクは先発のエースである千賀投手がウィーラー選手に逆転本塁打を浴びて無念の逆転負け。この瞬間西武の2連覇が決まりました。菊池雄星投手と浅村栄斗選手の投打の大黒柱が抜けて今季は厳しいと見られていましたが、最大8.5ゲーム差をひっくり返しての見事な逆転優勝でした。そして3位争いも決着し、楽天の3位も確定しました。

     

     そして球界を長らく支えてきたあの名捕手が現役引退を決意しました。

     


    阿部慎之助選手 現役引退を決意

     

     読売ジャイアンツの阿部慎之助選手が今季限りで現役を引退することを決断したことが9/24に巨人の公式ツイッターで発表されました。阿部選手は今季19年目の40歳。捕手として長年巨人を支え、また打撃でも4番を務めるなど正に攻守の中心として君臨してきました。2012年には首位打者と打点王を獲得するなどNPBを代表する強打者でもありました。

     

     近年は捕手から一塁手にコンバートされ、また代打での出場も多くなっていました。2017年には通算2000本安打を達成し、今季は通算400本塁打も記録しました。通算成績は打率.284、405本塁打、1284打点で守備の負担が大きいといわれる捕手としては立派過ぎる成績を残しました。またシーズンMVPを1度、9回のベストナインと4回のゴールデングラブ賞を獲得し、NPB史上に残る名捕手といってもいいと思います。

     

     巨人は今季優勝し、この後CSが控えています。CSでも代打の切り札としておそらく出番があると思われます。阿部選手のCSでの最後の勇姿と活躍ぶりを見せてくれることを期待したいと思います。そして阿部選手が現役生活の最後を日本一で飾れるか注目したいと思います。

     


     

     いよいよペナントレースも終わりとなります。あとはセ・リーグの3位争いと、個人タイトルの行方が注目されます。そして、来月の5日にはいよいよクライマックスシリーズのファーストステージが開幕します。日本一を目指すエキサイティングな戦いを期待したいと思います。今回の記事はここまでと致します。

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
     
    サイト内検索

    ARCHIVES
        
    CATEGORIES
    SELECTED ENTRIES
    COUNTER
    本日
    昨日
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク