スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
  
    
スポンサードリンク
<< 速報 ラグビーW杯 日本代表 アイルランドを撃破 | main | 2019 NPB 阪神が奇跡のCS進出 >>
2019 J1 第27節 川崎の3連覇は風前の灯に
category: サッカー | author: GT−40X
0

    JUGEMテーマ:Jリーグ

     

     2週間ぶりのJ1リーグ戦となります。前節のFC東京と鹿島の直接対決を鹿島が制したことによって遂に勝点差が1まで縮まりました。俄然面白くなってきた優勝争いですが今節はどうなったのでしょうか。

     

     それでは、J1第27節の試合結果を見ていきます。左側のチームがホームです。

     

     C大阪 3−1 G大阪

     鳥栖  3−3 浦和

     鹿島  1−1 札幌

     川崎F 1−2 神戸

     大分  1−2 磐田

     仙台  1−1 横浜FM

     広島  1−1 名古屋

     松本  0−0 FC東京

     湘南  0−6 清水

     

     セレッソとガンバの大阪ダービーは両チームの勢いの差が如実に表れる結果となりました。セレッソが3得点を奪い完勝しました。鳥栖と浦和は残留争いのチーム同士の対戦。点の取り合いとなったゲームは結局引分けに終わりました。優勝争いを展開している鹿島は札幌相手に引分けに終わりました。川崎はイニエスタ選手が復帰した神戸に不覚をとり天皇杯に続き痛い敗戦となりました。

     

     最下位に沈む磐田は大分を相手にアディショナルタイム終了寸前に勝ち越す劇的な勝利。8試合ぶりの勝利となりました。勝点差4で追うマリノスは勝利目前の後半44分に仙台に追いつかれ痛い引分け。風間監督を解任し、フィッカデンティ新監督を迎えた名古屋は広島と引分け。優勝争いに食い込みたい広島にとっては痛い引分けです。首位のFC東京は残留争いの松本相手にスコアレスドロー。湘南は清水に大量6点を奪われまさかの大敗を喫しました。

     

     

     それでは第27節終了時点の順位表です。

     

    順位

     チーム名 

    勝点  勝  分   負  得失差
     1 FC東京

     53

    16   5  6

      16

     2

    鹿島アントラーズ

     52 15  7  5

      25

     3

    横浜F・マリノス

     49

    15

     4  8   16
     4 セレッソ大阪

     46

    14  4  9   11
     5

    川崎フロンターレ

     44 11 11  5   15
     6 サンフレッチェ広島  44 12

     8

     7

      12

     7

    コンサドーレ札幌

     40 11  7  9   10
     8 大分トリニータ

     39

    10  9  8

       4

     9 ヴィッセル神戸   35 10  5

    12

     3

     10 清水エスパルス  35 10   5 12

     -19

     11 名古屋グランパス   32  8   8 11

     -1

     12 ベガルタ仙台  32  9  5 13

     -7

     13 浦和レッズ

     32

     8

     8

    11  -12
     14 ガンバ大阪  31  7 10 10  -7
     15

    湘南ベルマーレ

     31

     9  4

    14

     -13
     16 サガン鳥栖

     28

     8  4 15  -19
     17

    松本山雅FC

     25

     5

    10 12

     -15

     18 ジュビロ磐田  21  5  6 16

     -19

     

     

     首位のFC東京と2位の鹿島、3位のマリノスはいずれも引分けに終わり勝点差は動かず。リーグ戦5連勝のセレッソが4位に浮上。3連覇を狙う川崎は今節敗戦で5位に後退。首位までの勝点差9と優勝は厳しい状況となってきました。このままズルズルと脱落するのか意地を見せて踏みとどまるか正念場を迎えています。一方の残留争いは今節勝利した神戸と清水が少し集団から抜け出しました。11位以下はまだまだ油断できない状況が続きます。最下位の磐田は今節ようやく勝利を手にしましたがまだまだ厳しい状況にあるのは変わりません。残りは7試合、優勝争いも残留争いもいよいよ重要な局面を迎えることとなります。

     

     次節は10/4、5、6に各地で開催されます。注目は勢いに乗るセレッソと現在2位につける鹿島の上位対決。優勝争いに食い込みたいセレッソと、首位に追いつく為にも負けられない鹿島がセレッソのホームゲームで激突します。今後の優勝争いに大きく影響しそうな戦いとなると思われます。今回の記事はここまでと致します。

     

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
     
    サイト内検索

    ARCHIVES
        
    CATEGORIES
    SELECTED ENTRIES
    COUNTER
    本日
    昨日
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク