スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
  
    
スポンサードリンク
<< 2019 J1 第28節 鹿島が遂に首位に躍り出る | main | ラグビー日本代表3連勝/競歩20キロでも金メダル 他 >>
2019 NPB クライマックスシリーズ 阪神とソフトバンクがファイナルステージへ
category: プロ野球 | author: GT−40X
0

    JUGEMテーマ:プロ野球全般

     

     セ・パ両リーグのクライマックスシリーズファーストステージはどちらも第3戦までもつれ込みました。ファイナルステージで待つ巨人と西武への挑戦権を得たのはどちらのチームでしょうか。

     


    セントラル・リーグ DeNA対阪神

     

     初戦は阪神が制しファーストステージ突破に王手をかけて迎えた第2戦、DeNAは濱口投手、阪神は青柳投手が先発しました。

     

     DeNAは初回に昨日の嫌な負け方を吹き飛ばすかのようにロペス選手がレフトスタンドに2ランを叩き込み、幸先良く先制します。3回にも筒香選手の2試合連続のソロホームランで追加点を奪います。

     

     しかし阪神も5回に昨日の試合で大活躍の北條選手のタイムリー二塁打と福留選手のタイムリーで2点を返し、6回表に上本選手のタイムリーで追いつきます。

     

     追いつかれたDeNAは2死2塁から神里選手のタイムリーで再び勝ち越します。DeNAは8回からクローザーの山崎投手をつぎ込み逃げ切りを図ります。そして9回表2死、このまま逃げ切り成功かと思われましたが福留選手が起死回生の同点ホームランを放ち土壇場で阪神が追いつきます。

     

     そして9回裏、1死1塁の場面で左腕の岩崎投手に対し左の乙坂選手を代打に送ります。この乙坂選手が劇的なサヨナラ2ランを放ちDeNAが6−4で勝利。勝負の行方は最終戦に委ねられました。

     

     第3戦はDeNAが平良投手、阪神が高橋(遥)投手が先発。3回まで両投手が無失点に抑える好投を見せます。DeNAは4回表の2死1、2塁のピンチで石田投手にスイッチしピンチを切り抜け継投に入ります。阪神も4回から島本投手が登板し早めの継投を見せます。

     

     6回の表に試合が動きます。先頭の高山選手二塁打から1死3塁としたところで国吉投手が暴投。阪神が先制点をあげます。DeNAも7回裏に1死満塁のチャンスを作り、北條選手のエラーで同点とします。更に勝ち越しのチャンスが続いていましたが、交代で登板したドリス投手が踏ん張り同点止まりとなります。

     

     8回表、阪神は1死3塁のチャンスを得て梅野選手が犠牲フライで得点し、ノーヒットで勝ち越しに成功しました。8回裏から阪神のクローザーの藤川投手が登場。8回と9回を無失点に抑え、阪神が2−1で勝利しファイナtルステージ進出を決めました。

     

     阪神が下克上でDeNAを破り、ファイナルステージに進みました。ペナントレース終盤からの勢いを持続し、巨人を破って日本シリーズまで駆け上がることが出来るのか注目です。

     


    パシフィック・リーグ ソフトバンク対楽天

     

     第1戦は4発の本塁打で楽天がソフトバンクに先勝しました。第2戦はソフトバンクがバンデンハーク投手、楽天が美馬投手が先発しました。ソフトバンクは松田選手をスタメンから外すなど工藤監督が思い切った手を打ってきました。

     

     初回に楽天が1点を先制しましたが、ソフトバンクもその裏に柳田選手が同点ホームランを放ち同点に。3回表に楽天は浅村選手の2戦連続の3号本塁打で勝ち越しますが、その裏にソフトバンクは柳田選手のタイムリー二塁打とデスパイネ選手の2ランで一気に3点を奪い逆転に成功します。

     

     負けじと楽天も4回表に1死満塁のチャンスを作り、浅村選手の2点タイムリーで同点に追いつきます。しかしソフトバンクはその裏に福田選手が勝ち越しのソロホームランで再び1点をリードしました。更に5回裏にデスパイネ選手のタイムリーで楽天を突き放します。

     

     楽天は5回以降ソフトバンクの救援陣に抑えこまれ、得点をあげることが出来ず、ソフトバンクが6−4で勝利し対戦成績をタイとして勝負の行方は最終戦へと持ち込まれることになりました。

     

     第3戦はソフトバンクが高橋(礼)投手、楽天が岸投手の先発で試合開始。3回まで両投手が無安打無失点の投手戦となります。4回表に楽天は浅村選手の3戦連続となる4号本塁打で先制しますが、ソフトバンクも内川選手のタイムリーでその裏にすかさず同点とします。

     

     前の2戦と違い投手戦となったこの試合ですが、試合が動いたのは7回裏のソフトバンクの攻撃。先頭の内川選手がレフトスタンドに勝ち越しホームランを放ち、1点をリードします。そして9回表、楽天は1死からブラッシュ選手の四球で1発でれば逆転という場面を作りますが、ソフトバンクのクローザーの、森投手に後続を断たれゲームセット。ソフトバンクが西武の待つファイナルステージ進出を決めました。

     

     昨季の日本一チームのソフトバンクがファイナルステージに進み、逆転優勝を許した西武に挑みます。昨季の再現なるか、そして3年連続の日本シリーズ、3年連続の日本一を狙います。

     


     

     ファイナルステージの組み合わせはセが巨人対阪神、パが西武対ソフトバンクとなりました。注目のファイナルステージは10/9から開幕となります。7年ぶりの日本一奪還を狙う巨人と、下克上での日本シリーズ進出を狙う阪神、昨季のファイナルステージ敗退の無念を晴らしたい西武と、日本シリーズ3連覇を狙うソフトバンクがそれぞれ日本シリーズの舞台へと駒を進めるため激突します。日本シリーズはどのチームの組み合わせとなるか注目していきたいと思います。今回の記事はここまでと致します。

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
     
    サイト内検索

    ARCHIVES
        
    CATEGORIES
    SELECTED ENTRIES
    COUNTER
    本日
    昨日
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク