スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
  
    
スポンサードリンク
<< ラグビーW杯 日本代表悲願の決勝トーナメント進出 | main | 世界体操、バレーW杯等先週のスポーツ >>
2019 NPB CSファイナルステージ決着す
category: プロ野球 | author: GT−40X
0

    JUGEMテーマ:プロ野球全般

     

     セ・パ両リーグのCSファイナルステージの決着がつき日本シリーズの対戦カードが決定しました。今回はファイナルステージ第3戦と第4戦の模様を振り返ります。


    セ・リーグ 巨人VS阪神

     

     巨人の2連勝でアドバンテージの1勝と合わせて巨人が王手をかけた状況で迎えた第3戦、巨人は戸郷投手、阪神は青柳投手の先発で始まりました。

     

     まずは先制したのは阪神で3回表に梅野選手のソロホームランが出て1点を奪います。しかしその裏に1死満塁から岡本選手の逆転タイムリー二塁打と阿部選手のタイムリーで巨人があっさり逆転に成功します。

     

     4回裏にも陽選手のホームランで1点を追加し巨人が優位に試合を進めます。しかし阪神は5回表にビッグイニングを作ります。相手の3四死球で無死満塁として高山選手と梅野選手のタイムリーで1点差とすると、更に2死満塁から近本選手の走者一掃となるタイムリー三塁打で逆転し6−4とリードします。

     

     巨人はこの裏に無死1塁から岡本選手の同点2ランが出て追いつきます。その後両軍の救援陣の頑張りで同点のまま9回へ。9回に大山選手が勝ち越しとなる右中間へのホームランを放ち土壇場で1点を勝ち越します。最後は8回から登板したクローザーの藤川投手が巨人打線を無失点に抑え阪神が7−6で1勝を返しました。

     

     翌日の試合は台風の為中止となり、1日おいての第4戦は巨人が高橋投手で阪神は西投手が先発となりました。2回表に阪神が意図原選手の犠飛で先制。西投手も4回まで巨人をゼロに抑えこみます。

     

     5回裏に岡本選手の同点ホームランが出て巨人が追いつきます。そして6回裏、2死3塁で丸選手が登場。丸選手は相手の意表をつく2死からのセーフティスクイズを見事に決めて勝ち越しに成功します。

     

     7回裏に巨人はゲレーロ選手の2ランで阪神を突き放し、9回表となります。阪神は2死から鳥谷選手を代打に送りますがあえなくセカンドゴロに倒れゲームセット。4−1で巨人が勝利しこのシリーズの勝利を決め日本シリーズに駒を進めました。

     

     阪神はシーズン終盤で広島を蹴落とし、DeNAもファーストステージで破る快進撃を見せましたが、チーム力は巨人が1枚上手で最後は力尽きました。

     


    パ・リーグ 西武VSソフトバンク

     

     ソフトバンクが2連勝し、1勝をリードした状況で迎えた第3戦は西武が十亀投手、ソフトバンクが千賀投手が先発しました。

     

     ソフトバンクは初回に中村選手のタイムリーで先制すると、2回表には牧原選手の2点タイムリー二塁打で追加点を入れます。4回には牧原選手の今度は2ランが飛び出しリードを5点に広げます。

     

     ソフトバンクの先発の千賀投手は初回の2死1、2塁のピンチを切り抜けると、その後は快投を見せます。強力な西武打線を相手にして奪三振ショーを繰り広げます。4回から5回にかけて5連続奪三振を奪い西武打線を寄せつけません。

     

     結局千賀投手は8回を投げてわずか被安打2で無失点・10奪三振と圧巻のピッチングを見せてマウンドを降ります。9回にも追加点を奪ったソフトバンクは7−0と西武に完勝し、日本シリーズ進出に王手をかけました。

     

     翌日の試合は台風の為順延となり、迎えた第5戦は西武が本田投手、ソフトバンクがバンデンハーク投手が先発しました。3連勝で勢いに乗るソフトバンクは3回に今宮選手のソロホームランで先制します。

     

     更に4回表にはグラシアル選手のホームランと甲斐選手のタイムリー二塁打で点差を3点に広げます。西武も反撃し4回裏に山川選手のタイムリーで1点を返し、5回裏にはメヒア選手のホームラン1点差とします。

     

     しかし、6回表に今宮選手のこの試合2本目となる2ランホームランで再び差を広げられます。西武も6回裏に山川選手の本塁打

    1点を返しますが、ソフトバンクは7回表に長谷川選手のタイムリー二塁打と今宮選手のタイムリーで追加点をあげます。

     

     西武も8回に2死1、3塁のチャンスをつくりますが無得点に終わり、9回表に今宮選手にこの日3本目となる2ランを浴びて万事休す。9回裏の最後の攻撃も森投手の前に三者凡退に終わりゲームセット。4連勝でソフトバンクが昨季に続き西武を破って日本シリーズ進出を決めました。

     

     西武は昨季に続きまたしてもソフトバンクに下克上を許してしまいました。今季も投手陣がソフトバンク打線の前に踏ん張れず、2年連続で涙を流す結果となりました。

     


     

     日本シリーズは巨人とソフトバンクの対戦となりました。この両球団の対戦は意外なことに2000年以来の19年ぶりの対戦となります。久々の対戦となった両チームですがどのような戦いを展開するのでしょうか。ソフトバンクは現在日本シリーズ2連覇中です。対する巨人は6年ぶりの日本シリーズで7年ぶりとなる日本一を目指します。注目の日本シリーズは10/19からソフトバンクの本拠地であるヤフオクドームで開幕します。両チームの奮闘と日本一を決めるのに相応しい好ゲームを期待したいと思います。今回の記事はここまでと致します。

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
     
    サイト内検索

    ARCHIVES
        
    CATEGORIES
    SELECTED ENTRIES
    COUNTER
    本日
    昨日
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク