スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
  
    
スポンサードリンク
<< WBSCプレミア12 決勝戦 侍ジャパン初優勝 | main | U-22&A代表のテストマッチ 南米勢に完敗を喫す >>
張本智和選手&伊藤美誠選手五輪代表決定/小平奈緒選手500mW杯連勝記録ストップ他
category: スポーツ総合 | author: GT−40X
0

    JUGEMテーマ:スポーツ

     

     今回は先週末のスポーツの出来事について振り返っていきたいと思います。そろそろ冬季競技も本格的なシーズンへと入っていきます。また卓球の東京五輪の代表争いも大詰めとなってきています。

     


    卓球 張本智和選手と伊藤美誠選手が代表の座へ

     

     卓球のオーストラリアOPが開催され、女子シングルスで伊藤美誠選手が決勝で朱雨玲選手を破って今季初優勝を飾りました。また女子ダブルスでは木原美悠選手・長崎美柚選手組がワールドツアー初優勝を飾りました。ミックスダブルスでは張本智和選手・早田ひな選手組が初優勝を飾りました。

     

     そして今大会の結果、伊藤美誠選手と張本智和選手は東京五輪のシングルス代表候補選出が確定しました。日本の男女の若きエースが東京五輪でどのような活躍を見せるか大いに期待したいと思います。そして残る代表の座の争いですがシングルスのもう一つの切符は熾烈な争いとなっています。男子は水谷隼選手と丹羽孝希選手、女子は平野美宇選手と石川佳純選手が僅差の争いを演じておりこちらにも注目です。

     


    フィギュアスケート ロシア杯

     

     フィギュアスケートGPシリーズの第5戦のロシア杯が行われ、女子は宮原知子選手がフリーではジャンプの回転不足を取られて4位となり2戦連続の表彰台をのがしました。横井ゆは菜選手は6位、白岩優奈選手は10位に終わりました。優勝はロシアのアレクサンドラ・トルソワ選手でスケート・カナダに続き2連勝でファイナル進出を決めています。不調であったエフゲニア・メドベージェワ選手はSP首位でしたがフリーで逆転を許し2位となりました。

     

     男子は宇野昌磨選手が4位でまたしても表彰台を逃してしまいました。友野一希選手は8位に終わりました。優勝は地元ロシアのアレクサンドル・サマリン選手が初優勝を飾りました。

     

     今季、男子では羽生結弦選手以外は苦戦が続いています。宇野選手は4年連続で出場していたファイナル進出を逃してしまいました。女子はロシア勢が圧倒的な強さを見せて支配しています。宮原選手はわずかにファイナル進出の可能性を残していますが厳しいところです。後はスケート・カナダで2位の紀平梨花選手にストップロシア勢の期待がかかるところです。

     


    サニブラウン選手 プロに転向

     

     陸上の男子100m日本記録保持者のサニブラウン・ハキーム選手は11/15に自身のツイッターでプロ転向を表明しました。東京五輪での活躍が期待される20歳のスプリンターはサッカーの香川真司選手らが所属する「UDN SPORTS」と契約し、今後はプロとして活動することになります。フロリダ大学での学業は続ける方針ですが、NCAAの大会には出場は出来なくなります。しかし今後は出場する大会を自由に選択でき、ダイヤモンドリーグ等の大会で世界トップの選手達と争うことも出来ます。サニブラウン選手の更なる飛躍を期待したいと思います。

     


    小平奈緒選手 500mW杯連勝記録が23でストップ

     

     スピードスケートの2019/20W杯の第1戦が開催されました。女子500mではここ2年間W杯負け知らずの女王・小平奈緒選手が3位となり、500mのW杯連勝記録が23でストップしました。

     

     女子1000mでは小平選手は6位、高木美帆選手が9位に終わりました。男子500mでは新浜立也選手が4位となりました。W杯初戦は日本勢にとってはやや不調な出来となりましたがシーズンはこれからです。今後の奮闘を期待したいと思います。

     


    男子ゴルフ 金谷拓実選手が史上4人目のアマチュア優勝

     

     男子ゴルフ・三井住友VISA太平洋マスターズの最終日を首位でスタートした金谷拓実選手はショーン・ノリス選手と激しい優勝争いを展開し最終ホールを通算11アンダーとノリス選手と並んだ状況で迎えました。

     

     最終ホールの2打目でグリーンに乗せた金谷選手は7メートルのイーグルパットに臨みます。これを見事に入れてイーグルとし、ノリス選手を1打差で振り切って見事に優勝。2011年の松山英樹選手以来、史上4人目となる日本男子ツアー大会のアマチュア優勝を飾りました。東北福祉大在学中の金谷選手ですが、同じ大学の先輩に当たる松山選手に続くことが出来るか注目されます。

     


    F1グランプリ・ブラジルGP ホンダがワン・ツー

     

     F1グランプリ第20戦のブラジルGPの決勝が11/17にインテルラゴス・サーキットで行われ、ポールポジションからスタートしたレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが優勝し今季3勝目をあげました。2位にはトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーで初の表彰台です。メルセデスのルイス・ハミルトンとの最終ラップの競り合いを制してホンダのワン・ツーを達成しました。3位にはハミルトンがペナルティで降格したためマクラーレンのカルロス・ハインツが入りこちらも初の表彰台となりました。

     

     レッドブル・ホンダのアレクサンダー・アルボンは途中まで2位を快走していましたがハミルトンとの接触で大きく順位を落とし14位に終わりました。トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトは追い上げて10位入賞を果たしました。今回のレースはフェラーリ同士の接触等で波乱の展開となりましたが、ホンダにとっては奇しくも創業者である故・本田宗一郎氏の誕生日に28年ぶりとなるワン・ツー勝利という嬉しい結果となりました。

     


     

     急遽札幌で行われることとなった東京五輪のマラソンと競歩の準備が急ピッチで進められています。11/18の実務者会議ではマラソン、競歩の発着点が大通公園とすることで合意しました。時間が無く大変ですが、選手達がベストの力を発揮できるようしっかりと問題点を解決して本番を迎えれるように願いたいものです。それでは今回はここまでと致します。

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
     
    サイト内検索

    ARCHIVES
        
    CATEGORIES
    SELECTED ENTRIES
    COUNTER
    本日
    昨日
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク