スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
  
    
スポンサードリンク
<< 張本智和選手&伊藤美誠選手五輪代表決定/小平奈緒選手500mW杯連勝記録ストップ他 | main | 2019 NPBを振り返る パ・リーグ編 >>
U-22&A代表のテストマッチ 南米勢に完敗を喫す
category: サッカー | author: GT−40X
0

    JUGEMテーマ:日本代表

     

     11/17にU−22の日本代表のテストマッチ、そして11/19にA代表のテストマッチが行われました。U-22の試合はこれまでA代表で招集されていた堂安律選手や久保建英選手等を加えての初の試合となりました。そしてA代表のテストマッチは先日行われたカタールW杯アジア2次予選のキルギス戦のメンバーの内海外組9名と国内組とを入れ替えして臨みました。

     


    U-22日本代表 0−2 U-22コロンビア代表

     

     エディオンスタジアム広島にて行われた試合のスターティングメンバーは、GKに大迫敬介選手、DFは板倉滉選手、立田悠悟選手、岩田智輝選手の3バック。MFは中山雄太選手と田中駿汰選手のダブルボランチに左WBに菅大輝選手、右WBに菅原由勢選手という並び。そしてその前に久保建英選手と堂安律選手が並び、FWは上田綺世選手のワントップ。フォーメーションは3-4-2-1です。注目の久保選手と堂安選手はどちらもスタメンでシャドーストライカーとして攻撃の牽引を期待されます。

     

     試合は開始後両チームとも決定的なチャンスは訪れず静かな展開に。前半10分のFKで堂安選手がゴールを狙いますがこれはわずかにゴールの上に外れます。コロンビアのハイプレスの圧力に徐々に日本のDFラインはロングボールが増え、押し込まれる展開となっていきます。しかし、危ない場面もありながら何とか凌いで前半はスコアレスで折り返しとなりました。

     

     後半から上田選手に代えて小川航基選手を投入します。しかし後半2分にクロスのこぼれ球をサンドバル選手に拾われて強烈なシュートが日本ゴールを襲います。GKの大迫選手は反応しましたが止めきれず決められてしまいます。

     

     更に後半14分にラミレス選手のゴールで突き放されてしまった日本は、三好康児選手と原輝綺選手を投入しフォーメーションを4-2-3-1に変更。2列目に三好選手、堂安選手、久保選手を並べ局面の打開を図ります。

     

     徐々にペースを掴む日本はようやくチャンスをつくり始めます。しかし堂安選手や小川選手のシュートもゴールならず。その後食野亮太郎選手と前田大然選手を投入して攻め続けますがコロンビアゴールを最後まで割れずノーゴールに終わり0−2で敗戦となりました。

     

     攻撃の中心的役割を担うべき堂安選手と久保選手になかなかいいボールが入らず、連携不足を露呈しました。合流してあまり日が無かったこともあり、今後高めていく必要があります。守りの方も同様に連携不足で課題が残りました。東京五輪本番まであとわずかとなっていますが、今回の試合で出た課題をしっかり解決していく必要があります。ほろ苦い敗戦となってしまいましたがこの後にうまく繋げてほしいと思います。

     


    日本代表 1−4 ベネズエラ代表

     

     前回のキルギス戦から9人が入れ替えとなり臨むことになった11/19のパナソニックスタジアム吹田でのベネズエラ代表との試合のスタメンは次の通りです。GKに川島永/嗣選手。DFはCBは植田直通選手と畠中槙之輔選手のコンビで左SBに佐々木翔選手、右SBに室屋成選手。MFは柴崎岳選手と橋本拳人選手のダブルボランチに、左MFに原口元気選手、右MFに浅野拓磨選手、トップ下に中島翔哉選手が入りました。FWは鈴木武蔵選手のワントップ。4-2-3-1で試合に臨みます。

     

     試合は前半8分ソテルド選手のクロスをロンドン選手がヘディングシュート。これが決まりベネズエラが先制。日本は出鼻をくじかれます。

     

     日本は追いつくべく攻め込みますが同点にできずにいると、前半30分にマチス選手のクロスをまたしてもロンドン選手が左足で合わせてゴールを奪いベネズエラが2点目を取ります。

     

     そして後半33分にもロンドン選手に決められてハットトリックを達成されてしまいます。更に前半38分にソテルド選手にも決められて4失点目。守備が崩壊し前半の時点でまさかの4失点と大きなビハインドを負ってしまいます。攻撃もミスが目立ちベネズエラのワンサイドゲームと化してしまいました。前半は0−4で折り返しとなり後半へと入ります。

     

     後半に入り守備の立て直しのため三浦弦太選手を投入。そして代表初キャップとなる古橋亨梧選手が入りました。後半はベネズエラのペースダウンもあり日本が攻め込む展開となります。

     

     何度か惜しいチャンスを作り出し、後半24分にペナルティエリア手前でクロスを受けた山口選手がシュート。これが相手DFにあたり軌道が変わってベネズエラゴールに吸い込まれようやく1点を返します。

     

     その後も攻め続ける日本でしたが点差が大きく、ベネズエラも落ち着いて対応されて得点することが出来ません。結局ゴールは生まれず試合はこのまま終了。1−4とベネズエラに完敗を喫しました。

     

     前半は守備の出来があまりに悪く、ベネズエラの攻撃に対応できず次々と点を失う結果となりました。攻撃も噛み合わせが悪くなかなかいい形に持ち込むことができていませんでした。後半は点差が開きベネズエラも無理をしなかったこともあって攻め続けることができましたが得点は1点のみに終わりました。結果として現在のレギュラーである海外組と控えとの差を大きく感じさせる内容となってしまいました。

     


     

     U-22もA代表も厳しい現実を突きつけられる試合となってしまいました。U-22は今回から加わった堂安選手等のA代表組との連携をもっと高めていく必要があります。A代表のほうは普段試合にでている海外組と控えの国内組との差がはっきり出てしまった結果となりました。控え選手の底上げが急務と言っていいと思います。どちらも課題をしっかりと修正し今後へと繋げてほしいと思います。今年は12月にE−1選手権がありますが昨年同様国内組のみで臨むことになりそうです。

     

     一つ気になるのがU-22とA代表でフォーメーションが違うこと。森保監督が兼任しているのにこれでは五輪代表とA代表の連動に問題が起きないのかどうかが気になります。チームにとって適したシステムを採用するのは当然ですが、代表で練習する時間が少ないのもあるので今回のようにA代表の主力である堂安選手等が加わったとき同じシステムを採用していた方がスムーズに連携できるのではと思います。このような形では無理に兼任にしなくても良いように感じます。今年はA代表はE−1選手権、U-22はジャマイカとのテストマッチが12月に行われる予定です。今回の戦いを踏まえて12月にどのような戦いを見せてくれるのか注目したいと思います。今回の記事はここまでと致します。

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
     
    サイト内検索

    ARCHIVES
        
    CATEGORIES
    SELECTED ENTRIES
    COUNTER
    本日
    昨日
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク