スポンサードリンク

2010年代 最高の二塁手・三塁手・遊撃手は?

0

    JUGEMテーマ:プロ野球全般

     

     4/24の開幕を目指すNPBでしたが、ついに選手に新型コロナウイルスの感染者が出てしまいました。感染してしまった選手の早期の回復と、これ以上の感染拡大がないことを願っています。今回は2010年代のベストナイン、二塁手・三塁手・遊撃手の選出をしていきたいと思います。

     

              

    二塁手

     

     まずは二塁手です。このポジションでは打撃面では二人の選手が突出しています。その2名とは山田哲人選手と浅村栄斗選手です。守備面でいえば、菊池涼介選手もいますし、田中賢介選手や藤田一也選手といった名セカンドもいますが、この両名の打撃力は抜けていますので山田選手と浅村選手のいずれかに絞りたいと思います。それでは両名の通算成績からです。(注 両者とも他のポジションの経験もありますので他のポジションでの数字も含んだ数字となります。)

     

     山田 哲人  .297 202本塁打 583打点 168盗塁 1068安打

     浅村 栄斗  .285 180本塁打 737打点  69盗塁 1317安打

     

     打率・本塁打・盗塁数では山田選手、打点・安打数では浅村選手が上回っています。ここは山田選手が打撃主要3部門の内2つが上回り、なおかつトリプルスリーを3度も達成しているところを大きく評価したいと思います。浅村選手も捨てがたいところでしたが、チーム事情で一塁手等での起用も多いこともあり、ほぼ二塁手一本の山田選手を2010年代のベストセカンドとして選出したいと思います。

     

    2010年代 ベストナイン 二塁手部門

     

     山田 哲人 (東京ヤクルトスワローズ) 

     


    三塁手

     

     三塁手部門は候補者は次の通りです。2010年代の成績も併せて見ていきます。(他ポジションでの数字を含みます。)

     

     村田 修一  .268 155本塁打 549打点 6盗塁 1044安打

     宮崎 敏郎  .303   72本塁打 233打点 0盗塁 600安打

     中村 剛也  .253 281本塁打 818打点 14盗塁 993安打

     松田 宣浩  .272 239本塁打 764打点 112盗塁 1347安打

     レアード   .241 163本塁打 438打点 1盗塁 600安打

     小谷野栄一  .266   46本塁打 369打点 18盗塁 887安打

     

     通算打率は宮崎選手、本塁打と打点は中村選手、盗塁と通算安打数は松田選手がトップです。打撃主要2部門でトップの中村選手の数字を評価したいところですが、故障も多くシーズンによって大きなムラがあります。宮崎選手やレアード選手ははここ5年間でいえば有力候補となりますが、キャリアが浅く数字的にどうしても見劣りしてしまいます。10年間を通しての数字でいえば候補は中村選手か松田選手かとなります。健康な時のシーズンであれば中村選手の数字は素晴らしいですが、10年間で7度のシーズンフル出場を果たし、安定した数字を残し続けている松田選手もここは評価したいところでもあります。爆発力の中村選手か安定性の松田選手かということになりますが、ここは4度の本塁打王に3度の打点王を獲得している中村選手を選びたいと思います。

     

    2010年代 ベストナイン 三塁手部門

     

     中村 剛也 (埼玉西武ライオンズ)

     

     


    遊撃手

     

     ショートの選出ですが、このポジションでは坂本勇人選手の実績がずば抜けています。2010年代の通算成績はすべてのシーズンで規定打席数到達を達成し通算安打1571安打・打率.294、197本塁打・693打点・136盗塁をマークしています。また首位打者と最多安打のタイトルも獲得経験があります。もちろん守備面でも広い守備範囲を誇っており攻守両面でチームの中心として活躍しています。その他の候補では鳥谷敬選手や今宮健太選手らが浮かびますが、鳥谷選手は近年ではショートを守ることが激減していること、今宮選手は打撃面で物足りないところがありいずれも坂本選手の成績には及びません。特に10年間出場したほぼ全ての試合で坂本選手はショートのポジションについていることも評価が高いところです。ここは坂本選手以外の人選は考えらません。よってショート部門は坂本勇人選手を選びたいと思います。

     

    2010年代 ベストナイン 遊撃手部門

     

     坂本 勇人 (読売ジャイアンツ)

     


     

     今回で内野手の4人と捕手のポジションの選出は終わりです。残すは外野手と指名打者とになりますが、外野手部門は数多くの候補選手がおり選ぶのに苦労しそうです。それでは次回の記事で選出していきたいと思います。今回の記事はここまでと致します。

    スポンサードリンク

    コメント
    コメントする








       
           
    楽天市場