スポンサードリンク

2020 J1第12、13節の試合結果 内田篤人選手が引退

0

    JUGEMテーマ:Jリーグ

     

     まだまだ暑い日が続いています。J1は8/22・23に第12節、8/29・30に第13節が行われました。そして、8/26にACLに出場するマリノス、FC東京、神戸のそれぞれの試合が前倒しで行われました。そして、Jリーグや海外のチームそして日本代表で活躍したあの選手が引退を決意し、最後の勇姿を見せてくれました。

              

     それではまず第12節の試合結果です。左側のチームがホームです。

     

     清水  2−3 横浜FC

     名古屋 1−0 川崎F

     鳥栖  中止  札幌

     鹿島  1−1 G大阪

     浦和  1−2 神戸

     FC東京  3−0 湘南

     横浜FM  3−1 広島

     C大阪 2−1 仙台

     大分  0−0 柏

     

     続いて第13節の結果です。

     

     神戸  3−3 横浜FM

     札幌  0−0 名古屋

     浦和  2−1 大分

     柏   2−3 鹿島

     川崎F 5−0 清水

     湘南  中止  鳥栖

     G大阪 1−3 FC東京

     広島  1−1 仙台

     横浜FC  1−2 C大阪

     

     そして8/26に前倒しで行われたACL出場の3チームの試合の結果です。

     

     第24節

      神戸  2−2 川崎F

     第26節

      FC東京 1−2 鹿島

     第29節

      横浜FM 4−1 札幌

     

     第12節の前に元日本代表で鹿島やブンデスリーガーのシャルケで活躍した内田篤人選手が現役引退を表明し、第12節の対ガンバ戦が引退試合となりました。この試合で内田選手は途中出場し、ファンの前で最後の勇姿を見せてくれました。右ひざの負傷に苦しみ32歳の若さでの引退となりました。内田選手は日本を代表する右サイドバックとしてクラブや日本代表の数々の試合で素晴らしい活躍を見せてくれました。これまで本当にお疲れさまでした。今後のことは未定ですが、指導者にも興味があるようで今まで経験したことや技術を後に続く後輩に伝えていってほしいと思います。内田選手、本当にお疲れ様でした。

     

     

     それでは第13節終了時点の暫定順位表です。

     

    順位

     チーム名 

    試合 勝点  勝  分  負 得失差
     1 川崎フロンターレ 

     14

     35

    11  2  1

      29

     2 セレッソ大阪  13  27  8  3  2

     5

     3

    FC東京

     14

     25

     7  4  3    7
     4 名古屋グランパス   12

     24

     7  3  2   11
     5

    浦和レッズ

     13  23  7  2  4  -2
     6 横浜F・マリノス  14  21  6

     3

     5

     3

     7

    柏レイソル

     13  20  6  2  5  3
     8 ガンバ大阪  12  20  6  2  4

     1

     9 鹿島アントラーズ  14  18  5  3

     6

     0

     10 ヴィッセル神戸  14  18  4  6  4

     -2

     11 サンフレッチェ広島  12  15  4  3  5

     3

     12 コンサドーレ札幌  13  14   3  5  5

     -8

     13 横浜FC  13  14  4

     2

     7  -9
     14 大分トリニータ  13  12  3  3  7  -9
     15

    ベガルタ仙台

     12  11  2  5

     5

     -6
     16 清水エスパルス  13

      9

     2  3  8  -11
     17

    サガン鳥栖

      9

      7

     1

     4  4

     -5

     18 湘南ベルマーレ  12   4  1  1 10

     -13

     

     

     首位の川崎は連勝はストップしたものの、相変わらず首位を独走中です。勝ち点8差で2位にセレッソがつけています。昨季惜しくも優勝を逃し、悲願の初優勝を狙うFC東京が3位に浮上しました。川崎の連勝を止めた名古屋も4位と健闘。そして昨季の覇者であるマリノスがようやく6位まで浮上してきました。上位の常連である鹿島もようやくエンジンが掛かってきたのか9位まで順位を上げてきました。

     

     次節第14節は9/5に9試合行われる予定です。注目はここ最近調子を上げてきている昨季の覇者のマリノスがホームで首位独走中の川崎を迎え撃つ一戦です。連覇の夢をつなぐためにも直接対決でマリノスは是が非でも勝利を収めたいところです。対する川崎も覇権奪回に向けて再び勢いをつけたいところです。今季の今後を占う一戦となりそうです。今回の記事はここまでと致します。

     

    スポンサードリンク

    コメント
    コメントする








       
           
    楽天市場