スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
COUNTER
本日
昨日
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
     
    
スポンサードリンク
<< 平昌五輪を彩るスター達  | main | FA氷河期 何時まで続く? >>
平昌五輪を彩るスター達 
category: スポーツ総合 | author: GT−40X
0

     

     今回は前回の続きです。引き続き平昌五輪で活躍するであろう海外の選手を見ていきます。

     

     今回はスケート競技を見ていきます。

     

     まずは冬季五輪の華といっていい競技であるフィギュアスケートです。

     

     男子では、ヨーロッパ選手権覇者のハビエル・フェルナンデス選手(スペイン)があげられます。羽生結弦選手の長年のライバルで世界選手権等で何度も競い合ったライバルです。コーチはブライアン・オーサー氏で羽生選手と同門でもあります。

     

     また、GPファイナル覇者のネイサン・チェン選手(アメリカ)は今季絶好調でこちらも強敵となりそうです。5種類の4回転ジャンプを跳ぶことが出来、本番での構成が注目されます。

     

     その他、4大陸選手権で宇野昌磨選手を破って優勝した金博洋選手(中国)、ソチ五輪銀メダリストのパトリック・チャン選手(カナダ)も有力なメダル候補で華麗な滑りを見せてくれると思います。男子は羽生選手、宇野選手を含め群雄割拠で激戦が予想され非常に楽しみであります。

     

     女子ではロシア勢が注目です。エフゲニア・メドベージェワ選手(ロシア)は故障とロシアの国ぐるみのドーピング問題で出場が心配されましたが、復帰し個人資格で出場できることになり無事平昌五輪に臨みます。世界選手権2連覇中で今回の金メダルの有力候補であります。

     

     そのメドベージェワ選手をヨーロッパ選手権で破り注目されたのがアリーナ・ザキトワ選手(ロシア)。今季はシニアデビュー初年度ながらGPファイナルを制しておりこちらも金メダルの有力候補に名乗りをあげました。同じロシアで同じコーチに師事するこの両選手がメダル争いの中心となると思われます。

     


     

     次はスピードスケートです。

     

     男子ではバンクーバー五輪とソチ五輪で5000mを連覇したスベン・クラマー選手(オランダ)が注目です。スケート王国のオランダの長距離のエースで5000mと10000mの世界記録保持者でもあります。今回は5000mの3連覇と今まで手が届かなかった10000mの金メダルを目指します。

     

     女子では500mで五輪2連覇中のイ・サンファ選手(韓国)が注目されます。500mの世界記録保持者であり、日本期待の小平奈緒選手の最大のライバルとなると思われます。地元韓国の五輪という事で大きな期待と後押しがあると思われます。昨季から圧倒的な強さをみせる小平選手との金メダル争いが注目されます。

     


     

      その他、アイスホッケーやカーリングといったチーム競技も冬季五輪の大きな楽しみのひとつです。こちらの熱戦にも大いに注目したいところです。2/8には一部の競技が始まります。そして2/9には平昌五輪の開会式が行われます。日本代表選手の奮闘を期待するのは勿論、世界のトップアスリートの技にも注目したいと思います。今回の記事はここまでとしたいと思います。

     

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






     
    サイト内検索

      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク