スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
COUNTER
本日
昨日
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
     
    
スポンサードリンク
<< Jリーグ ゼロックス杯 他 | main | 平昌五輪 4日目 3種目でメダル獲得 >>
ダルビッシュ有投手 カブスへ
category: MLB | author: GT−40X
0

     

     異例の動きの鈍さとなっている今オフのFA市場。その中、今オフのFAの目玉選手であったダルビッシュ有投手の移籍先が遂に決定しました。

     ダルビッシュ投手の争奪戦にはいくつもの球団の名前が出ていました。噂に上がった球団としてはヤンキース、アストロズ、カブス、レンジャーズ、エンゼルス、ツインズ、ブルワーズ、ドジャース、フィリーズなどです。

     

     そして、ダルビッシュ投手が最終的に選んだのはシカゴ・カブスでした。6年契約総額1億2600万ドル(約137億円)プラス出来高で、19年オフにオプトアウト条項がついているとのことです。

     

     1億ドルを越える大型契約となりましたが、例年であればもっといい契約を結べたのではといった見方もあります。しかし、大きな契約であることは間違いありません。

     

     昨季はシーズン途中でロサンゼルス・ドジャースに移籍。ドジャーズはワールドシリーズまで進出しましたがアストロズに敗退してワールドチャンピオンにはなれませんでした。ダルビッシュ投手自身も2度の先発でいすれもアストロズ打線に打ち込まれ、不本意なワールドシリーズとなってしまいました。

     

     シカゴ・カブスも一昨年にワールドシリーズを制覇しており、今季も充分にワールドシリーズを狙えるチーム力を持っています。そして、そのチームを率いるのは知将として名高いジョー・マドン監督。ダルビッシュ投手をどのように使いこなすか非常に興味があります。

     

     ともあれ、スプリングトレーニングの前に契約がまとまってよかったと思います。これで心置きなく新シーズンに臨むことが出来ます。昨季取り逃したワールドチャンピオンを目指し、新天地で新たなスタートを切るダルビッシュ投手の活躍を楽しみにしたいと思います。今回は簡単ではありますがこれにて記事を終わりたいと思います。

     

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






     
    サイト内検索

      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク