スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
  
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
  
スポンサードリンク
  
<< 2018 Jリーグ 開幕 | main | 格闘技界のトピックス 3/1版 >>
HONDA 復活への再スタート
category: スポーツ総合 | author: GT−40X
0

    JUGEMテーマ:F-1グランプリ

     

     マクラーレンとの提携を解消し、今季からトロロッソと組むことになったホンダですが、今季はどのような成果を収めることが出来るでしょうか。

     

     2015年よりマクラーレンと組んで再びF1に参戦しましたが、この3年間は苦難の歴史といってよいでしょう。

     

     かつて組んだ時は故アイルトン・セナ、アラン・プロストという当代随一のドライバーを擁し、16戦中15勝をあげるなど圧倒的な強さを誇ったのですが、再結成後は失望の連続でした。

     

     トップのメルセデスには歯が立たず、信頼性とパフォーマンス不足に悩む日々。1年目は何とか下位でポイントを獲得するのがやっとの状態でかつてのF1ワールドチャンピオンのフェルナンド・アロンソもストレスを溜め込む日々でした。

     

     2年目は表彰台こそなかったものの進歩を見せ3年目を迎えましたが、開幕からトラブルが頻発。パワーも十分でなく、アロンソの不満は日に日に大きくなります。ホンダのパフォーマンスに不満を持つマクラーレンとの間にも不協和音が生じていきます。

     

     遂にマクラーレンはホンダとの提携解消へ動き始めます。ホンダも他チームへのパワーユニット供給を目指し、2018年からザウバーへの供給を決定しますが、ザウバーのチーム代表が交代したことにより、契約は白紙に。

     

     結局紆余曲折を経て、マクラーレンとの提携は解消し、今季からトロロッソへパワーユニット供給することとなりました。こうしてマクラーレンとの再タッグは残念な結果となりました。

     

     屈辱のマクラーレン時代を振り切り、トロロッソと共にかつての栄光への1歩を踏み出すことができるでしょうか。

     

     冬のバルセロナでのテストでは、トロロッソ・ホンダの新車STR13が発表されました。昨年のテストではトラブルだらけで十分なテストをこなせませんでしたが、今年は大きなトラブルもなく初日、2日目と順調にテストを消化し、いいスタートを切りました。

     

     トップクラスのチームとの差は大きく、優勝を争える力はまだ無いと思われます。しかし、今季は昨季のようなことは無いと願いたいものです。まずは中位のチームとの競争に勝てる競争力を身につけたいところです。

     

     今季のパフォーマンス次第ではレッドブルへのパワーユニット供給といった話が出てくるかもしれません。ホンダがF1で生き残り、かつての栄光を取り戻す為の試金石となるシーズンにもなるかもしれません。

     

     期待と不安が入り混じる中、開幕戦のオーストラリアGPまであと1ヶ月を切っています。今年のトロロッソ・ホンダのパフォーマンスを期待して見ていきたいと思います。

     

     

     

    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






     
    スポンサードリンク
    COUNTER
    本日
    昨日
        
    SEARCH

    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク