スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
  
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
  
スポンサードリンク
  
<< 平昌五輪代表選手 五輪後も躍動 | main | 平昌パラリンピック 日本勢の活躍 >>
大物ルーキーの試練
category: プロ野球 | author: GT−40X
0

    JUGEMテーマ:プロ野球全般

     

     今季注目されている大物ルーキーが苦戦をしています。シーズン前からプロの洗礼を受けています。

     今季は注目の高校卒の大物野手ルーキーがオープン戦に出場しています。

     

     まずは今季NO1の注目度を誇る北海道日本ハムファイターズの清宮幸太郎選手です。

     

     1軍のオープン戦に出場していますが、未だ快音は聞かれず19打席無安打です。3/11のDeNA戦では4打席連続三振を食らうなど不振となっています。このままですと開幕1軍は厳しい状況となっています。

     

     そして、千葉ロッテマリーンズの安田尚憲選手です。

     

     こちらも1軍のオープン戦に出場しています。3/6の巨人戦でサヨナラ打となる初安打を記録しましたが、こちらも13打席で1安打とプロの壁に苦しんでいるようです。

     

     しかし、高校とプロではレベルが違うので当たり前といえば当たり前の話です。実際に投手の方は高校卒の投手が活躍することは比較的よく見られますが、野手は苦戦する事が多いです。木製バットへの適応等難しい部分があるのは確かです。勿論、かつての清原和博氏や立浪和義氏のように1年目から活躍した選手はいます。しかし、そういった選手はほんのわずかです。

     

     ほとんどの球団は高校卒の野手に関しては、将来的に成長してチームの中心選手となってくれればと考えていると思います。体力的にも育成を図らないといけないことも多いです。そのため2軍でじっくりとという方針を採ることがほとんどです。

     

     しかし、オープン戦とは言え1軍で試合に出ているのは期待の大きさの表れだと思います。首脳陣にも実力をそれなりに評価されているからだと思います。今のところは結果が出ていませんが、今後どのような活躍を見せるかを長い目で見ていきたいと思います。

     

     

    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






     
    スポンサードリンク
    COUNTER
    本日
    昨日
        
    SEARCH

    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク