スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
COUNTER
本日
昨日
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
     
    
スポンサードリンク
<< 先週のスポーツ 3/26版 | main | 日本代表テストマッチ 対ウクライナ代表戦 >>
川崎宗則選手 ホークスを退団
category: プロ野球 | author: GT−40X
0

    JUGEMテーマ:プロ野球全般

     

     未だ福岡ソフトバンクホークスと今季の契約を結んでおらず、去就が注目されていた川崎宗則選手が引退を発表しました。

     昨シーズン開幕直後にソフトバンクに電撃復帰し、4月末に1軍昇格してプレーしていましたが7月末に両アキレス腱痛で離脱。そのまま1軍に復帰することなくシーズンを終えました。

     

     そして、昨オフの球団行事にも全て欠席しており契約更新も行われていませんでした。球団からリリースされた川崎選手のコメントによると自律神経の病気に罹っていたとのことです。心身共に野球を続けられる状態では無いことを明かしています。

     

     川崎選手は1999年のドラフトでダイエーホークス(現福岡ソフトバンクホークス)に4位指名され入団。2001年には1軍に初昇格を果たし、2003年に初の規定打席に到達しレギュラーとして定着。主にショートとして出場し俊足巧打の選手として活躍しました。2004年には盗塁王と最多安打のタイトルを獲得しています。またベストナイン2回、ゴールデングラブ賞2回獲得しています。また、WBCの侍ジャパンにも2回選ばれ、侍ジャパンの連覇に貢献しました。

     

     2012年からはFA権を行使してシアトル・マリナーズとマイナー契約を結びMLBに挑戦。開幕メジャーを勝ち取り、憧れのイチロー選手とMLBの舞台で同じチームでプレーする夢をかなえました。2013年からはトロント・ブルージェイズと契約。2016年からはシカゴ・カブスに移籍。常時メジャーでプレーとは行きませんでしたが内野の複数のポジションを守れるユーティリティプレーヤーとして起用されました。

     

     元気で溌剌としたプレーぶりと明るいキャラクターで日本のみならず、MLBの地元ファンにも愛された選手でした。特に話題となったユニークなインタビューは現地メディアにも取り上げられたりしました。決して恵まれた環境でなくても明るさを失うことなく、前向きに元気にプレーする姿は凄く印象に残っています。所属したどの球団のチームメイトにも愛され親しまれていました。

     

     一旦野球から離れてみるという決断を下したのは本人にとっては非常に苦しいことだったと思います。本当に野球を愛し、楽しそうにプレーする選手だっただけに重い決断といえると思います。心身の回復を図るということで、引退という事は明言していません。ソフトバンクも今後についてサポートの意志を示しております。またいつか川崎選手が復活して元気な姿を我々ファンの前に見せてくれることを期待したいと思います。

     

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






     
    サイト内検索

      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク