スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
COUNTER
本日
昨日
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
     
    
スポンサードリンク
<< MLB 最近の日本人メジャーリーガー情報 4/16版   | main | MLB 現役通算安打数ランキング >>
ACL 日本勢は鹿島のみ決勝トーナメントへ
category: サッカー | author: GT−40X
0

    JUGEMテーマ:Jリーグ

     

     ACLのグループステージの全日程が終わりました。今回はJリーグ勢にとっては厳しい結果となってしまいました。

     

     まずはグループEです。

     

     柏レイソルは第5節の時点でグループステージ敗退が決定してしまいました。最終戦の天津権健との最終戦も敗北。結局1勝1分4敗の3位に終わりました。チームとしてはACLで初のグループステージでの敗退となりました。

     

     そしてグループFです。

     

     こちらも川崎フロンターレは第5節終了時点でグループステージ敗退が決定していました。最終戦は蔚山現代との試合でしたが引き分けに終わり、昨季のJ1王者がまさかのグループステージ未勝利の3分3敗の最下位に沈みました。

     

     次はグループGです。

     

     決勝トーナメント進出の可能性を残して最終戦に挑んだセレッソ大阪でしたが、最終戦の広州恒大戦では過密日程の為にメンバーを大幅に入れ替え。主力を温存しましたが完全に裏目に出ました。結局1−3と敵地で敗戦し、その結果ブリーラム・ユナイテッドに勝ち点で抜かれて3位に転落。2勝2引き分け2敗の3位でグループステージを終え、敗退が決定しました。

     

     最後はグループHです。

     

     Jリーグのチームでは唯一前節でのグループステージ突破を決めていた鹿島アントラーズは最終戦で水原三星と対戦。こちらも過密日程の為メンバーを多く入れ替えて試合に臨みました。勝って首位通過としたかったところでしたが0−1で敗戦し、結局2勝3引き分け1敗の2位通過。決勝トーナメント1回戦では強敵の上海上港と対戦となってしまいました。

     


     

     昨季は3チームが決勝トーナメントに進出し、最終的には浦和レッズが優勝しましたが、今季はJリーグ勢にとっては非常に厳しい結果となってしまいました。正直、最終戦前後の過密日程は何とかならなかったのかと思わないでは無いですが、その最終戦前に2チームが敗退決定しており言い訳は出来ません。厳しい現実を見つめ直して今後参加するチームは対策を考えていかないといけないと思います。

     

     今季は決勝トーナメントに1チームだけ進出という残念な結果となりましたが、唯一生き残った鹿島アントラーズの決勝トーナメントでの健闘を期待したいと思います。今回はこれで記事を終わります。

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






     
    サイト内検索

      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << August 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク