スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
COUNTER
本日
昨日
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
     
    
スポンサードリンク
<< ロシアW杯 グループG、H ベルギー好発進 | main | ロシアW杯 グループA、B 2戦目 ロシア、ウルグアイ決勝トーナメントへ >>
MLB 日本人メジャーリーガー情報 2018・6/20
category: MLB | author: GT−40X
0

     

     今回は久々にMLBの日本人メジャーリーガーの情報を見ていきたいと思います。

     


     

     まずはロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手です。

     

     6/19のシカゴ・カブス戦に先発登板しました。初回ドジャース先制で1点リードの中、無失点の立ち上がり。しかし2回に2アウトを取ってから連打を浴び四球を与えて満塁のピンチを招きます。ブライアント選手に2塁打を浴び2失点で逆転を許します。

     

     3回も2死満塁のピンチを迎えますが、ここは踏ん張って無失点。4回2死から安打と四球で1、2塁となったところで無念の降板となりました。後続の投手がタイムリーを浴びた為3失点に。チームは勝利した為勝敗はつきませんでした。

     

     今回の登板では、主審にきわどいコースの投球を取ってもらえず非常に苦しみました。そのため四球に繋がったり、リズムを失ったりと難しい投球となってしまいました。

     


     

     アリゾナ・ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手は登板試合の無失点記録を継続中です。

     

     6/18のロサンゼルス・エンゼルス戦、6−2と味方リードの7回1死1塁の場面で登板した平野投手。その後内野安打を打たれ、更にボークを取られて2、3塁に。トラウト選手に四球を与えて満塁に。

     

     ここで続くアップトン選手がセンター後方に大飛球を放ちます。あわや満塁ホームランかと思われましたが、センターのダイソン選手のファインプレーで助けられました。この間に3塁ランナーがホームに還りますが、前の投手の出したランナーの為失点はつきませんでした。

     

     その後のプホルス選手はライトライナーに打ち取りこの回を投げ終えて降板しました。これで20試合連続無失点となりました。防御率も1.42となりました。

     

     


     

     故障者続出で現在MLBで活躍中の選手は先述の2名のみとなっていますが、シカゴ・カブスのダルビッシュ有投手に続いてニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手も投球練習を再開しました。この両名は復帰は近いと思われます。

     

     ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手は、左手一本での打撃練習やランニング等のトレーニングを行っています。今後の事は6月末か7月上旬の再検査で決定されます。今は焦らず治療に専念して欲しいと思います。

     

     今回はここまでとします。すっかりサッカーのW杯の話題に隠れてしまっていますが、しっかりと見ていきたいと思います。

     

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






     
    サイト内検索

      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク