スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
     
<< ロシアW杯 グループE 2戦目 ブラジル辛勝 | main | ロシアW杯 日本代表対セネガル代表戦 >>
ロシアW杯 グループF 2戦目 ドイツゲルマン魂発揮
category: サッカー | author: GT−40X
0

     

     今回の記事ではグループFの2戦目を振り返ります。注目のドイツは初戦敗戦で後がありません。

     

     

    グループF

     

     

     まずはメキシコと韓国の対戦です。

     

     初戦でドイツに勝ち波に乗るメキシコは試合前半からうまくゲームをコントロール。ゆっくりした流れからうまく緩急をつけた攻めを見せて好機を作り出します。

     

     前半26分にメキシコのペナルティエリアへのクロスで韓国DFがハンドを犯し、メキシコにPKが与えられます。これをベラ選手がきっちりと決めてメキシコが先制します。

     

     前半は1-0でメキシコリードで折り返し、後半へと入っていきます。

     

     後半に入り韓国も反撃にでますが、メキシコが試合をうまくコントロールします。そしてメキシコは後半21分にカウンターからロサーノ選手がドリブル。そしてエルナンデス選手にパスし、エルナンデス選手がトラップでDFをかわし右足でシュート。これが決まって追加点を奪います。

     

     韓国はアディショナルタイムにソン・フンミン選手がゴールをあげるものの、反撃はそこまで。メキシコが韓国を2-1で降して2連勝としました。韓国は2連敗となってしまいました。

     


     

     そしてドイツとスウェーデンの対戦です。

     

     ドイツはこの試合に敗北するとグループリーグ敗退が決まってしまいます。スタメンを4人変えて臨みます。

     

     ドイツは前半から試合を支配しますが、自陣に引いてしっかりと守備ブロックを築くスウェーデンを崩す事が出来ません。いつものドイツらしさがなく、歯車が今ひとつかみ合っていないように感じます。

     

     そしてドイツは前半31分にアクシデント。ルディ選手が負傷交代してしまいます。その直後にスウェーデンのカウンターを浴びトイボネン選手にネットを揺らされてしまいます。

     

     1点リードされた状態で前半を折り返したドイツは運命の後半を迎えます。

     

     後半開始からマリオ・ゴメスを投入し、ベルナー選手を左サイドに配置。これが早速効果を発揮します。後半3分そのベルナー選手のドリブルからペナルティエリア中央への折り返し。その流れたボールを走りこんだロイス選手が競り合いながらも左足で押し込み同点ゴールをあげます。

     

     ここからは、ドイツも歯車がかみ合いはじめ、スウェーデンを押し込みますが、勝ち越し点はなかなか奪うことが出来ません。

     

     そしてまたしてもドイツに試練が。後半37分に守備の要であるボアテング選手が2枚目のイエローで退場となり10人となってしまいました。

     

     このまま刻々と時間は過ぎ、アディショナルタイムに。引き分けかと思われた残りわずかの時間でペナルティエリア外の左サイドでドイツはFKを獲得。最後のチャンスを得ます。

     

     キッカーはクロース選手。クロース選手はそばにいたロイス選手にボールを一旦預け、位置をずらしてシュート。このシュートが綺麗な軌道を描いてGKをすり抜け、ゴール右隅に飛び込む勝ち越しゴールとなりました。

     

     試合はこのまま終了。土壇場のところで劇的な勝ち越し点を奪ったドイツが2-1で勝利し勝ち点3としました。

     

     これでグループFはまだ全てのチームにグループリーグ突破の可能性が残る状態になりました。

     

     このなかでメキシコが一番有利な状況となっています。引き分け以上で進出が決定。メキシコが敗れ、ドイツが勝つと勝ち点6で3チームが並ぶ事態になります。この場合得失点差が明暗を分ける事になります。

     

     スウェーデンはメキシコに勝つか引き分けでドイツが敗れれば突破が決まります。ドイツは韓国に勝ち、スウェーデンが引き分け以下で突破が決まります。

     

     韓国はまずドイツに2点差以上で勝ち、尚且つスウェーデンがメキシコに敗れればグループリーグ突破となります。条件としては4チームのうち一番厳しい条件です。

     


     決勝トーナメント進出チーム決定はグループ最終戦に全てが委ねらることになりました。ドイツが初戦で敗れるという波乱でスタートしたグループFはどのような結末になるのでしょうか。最終戦が大いに注目されます。次回はついさっきまでおこなわれていました日本対セネガル戦を振り返りたいと思います。そしてその後の記事でグループGの2戦目とグループHのポーランド対コロンビア戦を振り返る予定です。今回の記事はここまでとしたいと思います。

     

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






       
    スポンサードリンク
     
    サイト内検索

      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    LINKS
    COUNTER
    本日
    昨日
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク