スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
COUNTER
本日
昨日
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
     
    
スポンサードリンク
<< ロシアW杯 グループG、H 最終戦 日本 決勝トーナメントへ | main | ロシアW杯 決勝トーナメント 1回戦 19歳の新鋭 躍動 >>
久々にプロ野球の話
category: プロ野球 | author: GT−40X
0

    JUGEMテーマ:プロ野球全般

     

     世間はサッカーW杯の話題で一色といった感じですが、今回は久々にプロ野球の話題を取り上げます。

     

     

     それでは、現時点のセ・パ両リーグの順位表を見ていきます。 

     

     

    セントラル・リーグ順位表

    順位  チーム名  勝率  勝  負   分  ゲーム差
      1  広島 .571 40 30  1  
      2  ヤクルト .493 34 35  1   5.5
      3  阪神 .478 33 36  1   6.5
      4  DeNA .471 32 36  2   7.0
      5  巨人 .465 33 38  1   7.5
      6  中日 .444 32 40  1

      9.0

     

     

    パシフィック・リーグ順位表

    順位  チーム名  勝率  勝  負  分 ゲーム差
      1

     西武

    .571 40 30  1  
      2  日本ハム .569 41 31  0   0.0
      3  ソフトバンク .531 37 33  0   3.0
      4  オリックス .514 36 34  3   4.0
      4  ロッテ .514

    36

    34  0   4.0
      6  楽天 .380 27 44  1  13.5

     

     

     

     セ・リーグは広島が唯一の5割越え。交流戦で貯金が目減りしていましたが、通常のペナントレース再開後の6連勝で貯金を二桁に戻しました。2位以下は相変わらず混戦。交流戦の勢いはまだまだ継続中で6/24から5連勝を達成して一旦は勝率5割に乗せました。3位阪神、4位DeNA、5位巨人、そして最下位の中日までまだまだ差が大きく開いておらず、どのチームにもCS進出のチャンスはあります。これから勝負所の夏場となりますので、この混戦から抜け出し広島を追いかけるチームが現れるかが注目です。

     

     パ・リーグは西武は首位に立っていますが、遂に2位日本ハムとのゲーム差が無くなりました。3位は故障者続出で苦しみながらもソフトバンクが3ゲーム差で続いています。しかし4位に同率でオリックスとロッテが並び、わずか1ゲーム差で続いており、どのチームもチーム状況が悪化すればあっという間に下位に沈みそうな状況です。こちらはセ・リーグとは逆に5チームが5割を超える状況です。楽天はこの5チームから大きく離されて上位浮上は難しいでしょうが頑張って欲しいものです。

     

     

     そして今年のオールスターゲームのファン投票の結果が6/25に発表されました。

     

     まずはセ・リーグからです。

     

     先発  松坂 大輔(中日)

     中継ぎ 上原 浩治(巨人)

     抑え  山崎 康晃(DeNA)

     捕手  小林 誠司(巨人)

     一塁手 岡本 和真(巨人)

     二塁手 山田 哲人(ヤクルト)

     三塁手 宮崎 敏郎(DeNA)

     遊撃手 坂本 勇人(巨人)

     外野手 筒香 嘉智(DeNA)

         青木 宣親(ヤクルト)

         鈴木 誠也(広島)

     

     

     続いてパ・リーグです。

     

     先発  菊池 雄星(西武)

     中継ぎ 宮西 尚生(日本ハム)

     抑え  増井 浩俊(オリックス)

     捕手  森 友哉(西武)

     一塁手 山川 穂高(西武)

     二塁手 浅村 栄斗(西武)

     三塁手 松田 宣浩(ソフトバンク)

     遊撃手 源田 壮亮(西武)

     外野手 柳田 悠岐(ソフトバンク)

         秋山 翔吾(西武)

         吉田 正尚(オリックス)

     DH  近藤 健介(日本ハム)

     

     そして6/28に選手間投票の結果が発表されました。新たにセ・リーグは菅野智之投手(巨人)、ロペス一塁手(DeNA)、菊池涼介二塁手(広島)、糸井嘉男外野手(阪神)が、パ・リーグは岸投手(楽天)、甲斐拓也捕手(ソフトバンク)、そして指名打者でデスパイネ選手(ソフトバンク)が選出されました。

     

     後は7/2に監督推薦が発表されて今年のオールスター出場選手が出揃います。ここ数年の常連組とともに、今季復活を果たした松坂投手や、メジャーから復帰の上原投手や青木選手等のベテラン勢、今季大きく飛躍した岡本選手や山川選手、吉田選手等の若手注目株も選ばれています。注目のオールスターゲームは7/13に京セラドームで、7/14には熊本で開催されます。

     

     世間はサッカーW杯の話題で溢れていますが、プロ野球もこれからペナントレースにとって重要な時期を迎えます。この夏を各チームどう乗り切っていくか、注目していきたいと思います。

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






     
    サイト内検索

      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク