スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
COUNTER
本日
昨日
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
     
    
スポンサードリンク
<< スポーツトピックス ツール・ド・フランス 他 | main | MLB 大谷翔平選手9号HR、田中将大投手9勝目 >>
第100回全国高校野球選手権大会 全代表校決まる
category: プロ野球 | author: GT−40X
0

    JUGEMテーマ:高校野球

     

     今回は100回目の記念の節目となる大会であり、史上最多の56代表校が出場します。7/30にその全代表校が出揃いました。

     

     今回は記念大会ということで、通常の大会では激戦区となる埼玉、千葉、神奈川、愛知、大阪、兵庫、福岡の7府県が南北もしくは東西に分かれて地方大会を開催し、2校が出場します。

     

     今回の出場校のうち初出場校は全部で6校です。中央学院高校(西千葉)、白山高校(三重)、奈良大付属高校(奈良)、明石商業高校(西兵庫)、沖学園高校(北福岡)、折尾愛真高校(南福岡)が今回初出場を果たしました。特に注目は三重県代表の白山高校。5年前にはわずか部員5人の野球部が、ノーシードから県内の強豪校を次々に破り奇跡の初出場を果たしました。甲子園でも白山旋風を起こす事ができるか注目されます。

     

     一方最多出場を誇るのが龍谷大平安高校(京都)の34回。後1勝で甲子園通算100勝となります。今大会で達成できるか注目されます。この記録に続くのが仙台育英高校(宮城)の27回。そして、智弁学園和歌山高校(和歌山)、広陵高校(広島)、高知商業高校(高知)の23回が続きます。

     

     また連続出場は聖光学院高校の12年連続が最多。次に作新学院高校(栃木)の8年連続が続きます。久々の出場となるのが34年ぶりの出場となる東海大星翔高校。初出場の前回は東海大第二高校という校名でした。また籐蔭高校(大分)は28年ぶり、愛知産業大三河高校は22年ぶりの出場となります。

     

     春夏連続出場を果たしたのは、今年春の甲子園を制した大阪桐蔭高校の他、11校となっています。今大会でも優勝候補の一角である大阪桐蔭高校は史上初となる2度目の春夏連覇達成なるか大きな注目を集めそうです。

     

     また、昨年の夏の甲子園の覇者である花咲徳栄高校は2連覇を目指します。また甲子園での優勝経験のある常連校の横浜高校(南神奈川)、日大三高校(西東京)、智弁和歌山高校(和歌山)あたりが優勝候補になると思われます。

     

     そして、将来プロで活躍を期待される逸材も多く出場します。勝ち負けだけでなく、これらの選手達の活躍ぶりにも注目していきたいと思います。8/2には注目の組合せ抽選会が行われます。そして8/5からいよいよ甲子園球場で開幕を迎える第100回大会の栄冠を勝ち取るのはどの高校になるのか、高校球児たちの熱い戦いに期待したいと思います。

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






     
    サイト内検索

      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク