スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
COUNTER
本日
昨日
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
     
    
スポンサードリンク
<< 大阪桐蔭高校 2度目の春夏連覇 | main | MLB ダルビッシュ有投手 今季絶望 >>
サッカー 最近の話題 2018 8/22
category: サッカー | author: GT−40X
0

    JUGEMテーマ:Jリーグ

    JUGEMテーマ:欧州サッカー

     

     最近のサッカー関連の話題について今回は触れていきたいと思います。


    U-20女子W杯 ヤングなでしこ快進撃

     

     フランスで行われているサッカーU−20女子W杯でU−20女子日本代表は、グループリーグC組を2勝1敗の2位で予選突破、決勝トーナメント準々決勝でドイツ代表と対戦となりました。

     

     そして準々決勝ではドイツ代表相手に3点を奪い、3−1で快勝。準決勝進出でイングランド代表と決勝進出をかけ対戦することになりました。

     

     準決勝は、強豪のドイツを破った勢いに乗り前半に2点を奪います。後半イングランドの攻勢を凌いで2点のリードを保ったまま試合終了。U−20W杯では初の決勝進出を決めました。

     

     なでしこジャパンの主力は現在アジア大会に参加していますが、世代交代の課題を抱えるなでしこジャパンにとって若い世代の活躍は朗報と言えます。決勝の相手はグループリーグでは敗れたスペインとなりました。初優勝を目指して頑張って欲しいと思います。

     


    久保裕也選手 ブンデスリーガへ

     

     ベルギー1部のヘントに在籍の久保裕也選手は、8/19にドイツ・ブンデスリーガのニュルンベルクにレンタル移籍したことが発表されました。

     

     これで、久保選手は待望のブンデスリーガデビューとなります。今年のロシアW杯への出場は逃しましたが、今後の日本代表を支える重要な選手であり、更なる成長を期待されています。

     

     オーストリアリーグからベルギーリーグ、そしてブンデスリーガと着実にステップアップしてきた久保選手。ブンデスリーガの舞台でどんなプレーを見せてくれるのか非常に楽しみです。

     


    久保建英選手 出場機会求めマリノスへ

     

     U-19日本代表でFC東京所属の久保建英選手は今季いっぱいのレンタル移籍で横浜F・マリノスに移籍することになりました。

     

     久保選手はFCバルセロナの下部組織出身でその才能を嘱望されている逸材です。まだ17歳ですが、J1にも4試合出場しています。早速天皇杯4回戦の仙台戦では1アシストを記録しました。

     

     FC東京では出場機会が少なくリーグ戦では未だ無得点ですが、ルヴァン杯では1得点をあげています。横浜F・マリノスは現在残留争いを繰り広げるという低迷状態ですが、久保選手の移籍がカンフル剤となるでしょうか。久保選手の新天地での活躍に期待したいと思います。


    海外移籍組 新天地で活躍

     

     海外組の日本人選手が新天地でそれぞれのスタートを切っています。欧州の主要リーグも続々と開始し、リーグ戦やカップ戦の公式試合が行われています。

     

     今季ヴェルダー・ブレーメンに移籍した大迫勇也選手はDFPポカール1回戦のヴォルマティア・ヴォルムス戦に先発で出場。前半9分に先制点となるヘディングシュートを決め移籍後公式戦初得点。チームも6−1で快勝しました。

     

     ハノーファーに移籍した浅野拓磨選手はDFPポカール1回戦のカールスルーエ戦に先発で出場。前半40分にはペナルティエリア内で倒されPKを獲得。3点目に繋がるプレーでチームに貢献します。

     

     そして後半6分には味方の落としたボールに反応し、ドリブルでペナルティエリアで進入。左サイドから切り込んで放ったシュートがポストに当たってゴールネットに吸い込まれて移籍後公式戦初ゴールをあげました。チームも6−0で快勝しチームの勝利に貢献しました。

     

     また、ベルギーリーグ1部のシント・トラウデンに今季から移籍した遠藤航選手は出場3試合で2得点をあげる活躍を見せています。これからの飛躍を期待したいところです。

     


     フェルナンド・トーレス選手 J初ゴール

     

     8/22の天皇杯4回戦の鳥栖ー神戸戦でサガン鳥栖所属のフェルナンド・トーレス選手がJリーグ公式戦初ゴールを挙げました。

     

     後半39分、福田選手からのマイナスのパスをペナルティエリア内で受けたトーレス選手は右足で合わせてシュート。そのシュートがゴール右のポストに当たり、ゴールへと吸い込まれました。チームも神戸に3−0の快勝を収めました。

     

     神戸にはかつてスペイン代表で一緒にプレーしたイニエスタ選手がおり、その目の前での待望の記念すべき初得点となりました。

     

     現在、降格圏の16位と低迷しているサガン鳥栖ですが、これで調子をあげてトーレス選手の活躍で浮上させることができるか注目されます。


     

     天皇杯4回戦の結果はまた後日の記事で触れていきたいと思います。今回の記事はここまでと致します。

     

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






     
    サイト内検索

      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク