スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
COUNTER
本日
昨日
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
     
    
スポンサードリンク
<< スポーツトピックス アジア大会開幕、高校野球準決勝 他 | main | サッカー 最近の話題 2018 8/22 >>
大阪桐蔭高校 2度目の春夏連覇
category: プロ野球 | author: GT−40X
0

    JUGEMテーマ:高校野球

     

     記念すべき第100回全国高校野球選手権大会、8/21に大阪桐蔭高校と金足農業高校の間で決勝戦が行われました。

     

     この試合のポイントは、藤原恭大選手や根尾昴選手ら超高校級スラッガーを揃える強力な大阪桐蔭打線に対し、今大会屈指の好投手である金足農業の吉田輝星投手がいかに抑えるかというところです。

     

     しかし初回の大阪桐蔭の攻撃、今までの連投の疲れからかいつもの切れを欠く吉田投手に対していきなり無死1、3塁のチャンス。吉田投手も中川選手と藤原選手を連続三振に切ってとりますが、根尾選手に対して四球で2死満塁とピンチが続く中、次の石川選手の打席中ワイルドピッチで先制点を献上。その後石川選手にライトへ2点タイムリー二塁打を浴びて3失点となります。

     

     金足農も3回に先頭打者が四球で出塁。送りバントで2塁にランナーを進め、更に柿木投手の暴投で3塁に進塁。佐々木選手がライトに犠牲フライを打ちノーヒットで1点を返します。

     

     2回、3回と無失点で切り抜け、4回裏のマウンドに向かう吉田投手。しかしこの回は無死1、2塁のピンチを招き、1死後宮崎選手に3ランホームランを打たれリードを5点に広げられます。

     

     更に5回の裏、大阪桐蔭打線が吉田投手に襲い掛かります。根尾選手の2ランを含む打者一巡の猛攻を見せこの回に一挙6点を奪い、点差を一気に11点差として大量リードを築きます。

     

     結局吉田投手は6回からマウンドを打川投手に譲り、ライトの守備につきます。その後7回に1点を取り合い、試合は9回表の金足農の最後の攻撃。大阪桐蔭のエースの柿木投手が9回を2失点に抑え12−2の完勝で大阪桐蔭が第100回の記念大会の優勝校となりました。そして史上初の2度目の春夏制覇を達成しました。

     

     大阪桐蔭は前評判どおりの強さを発揮して見事な優勝でした。そして、決勝では敗れたものの強豪校相手に吉田投手を中心として勝ち進み旋風を巻き起こした金足農業の健闘ぶりも素晴らしかったと思います。

     

     決勝では打ち込まれましたが、今大会の吉田投手の投球は素晴らしく大きな注目を集めました。今後の進路はまだわかりませんでしたが、プロも大注目の投手となったことは間違いないと思います。

     

     この記念すべき第100回大会は大阪桐蔭の春夏連覇で幕を閉じました。100回記念大会に相応しく連日なかなかの熱戦が繰り広げられいい大会になったと思います。また、今回の大会に出場した選手の中には、プロからも注目を浴びてドラフト指名を受ける選手も現れると思います。そして今回熱戦を繰り広げた選手達は今度は同じチームとしてU-18アジア選手権に挑みます。こちらも注目していきたいと思います。今回の記事はここまでにしたいと思います。

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






     
    サイト内検索

      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク