スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
COUNTER
本日
昨日
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
     
    
スポンサードリンク
<< 井上尚弥選手 衝撃の1RKO 他 | main | MLB ディビジョンシリーズ 決着つく >>
世界女子バレー、Bリーグ開幕 他
category: スポーツ総合 | author: GT−40X
0

     

     今回は前回の記事では触れなかった話題に触れていこうと思います。世界女子バレーやBリーグ等についてです。


    錦織圭選手&大坂なおみ選手 ツアー優勝ならず

     

     楽天ジャパンオープンに出場した錦織圭選手は決勝に進出し久々のツアー優勝に王手をかけましたが、10/7に行われた決勝ではダニール・メドベージェフ選手に0−2のストレート負けを喫し優勝ならず。これで錦織選手は決勝で8連敗となってしまいました。

     

     最後でなかなか勝ちきれずツアー優勝から遠ざかっている錦織選手。来季こそはツアー優勝を成し遂げて完全復活を示してほしいところです。出来れば悲願のグランドスラム優勝であればと思います。

     

     そして今季全米オープンを制し、トッププレイヤーの1人となった大坂なおみ選手は中国オープンに出場。苦戦しながらも準決勝に進出しました。

     

     しかし、準決勝ではアナスタシア・セバストワ選手にストレート負けで敗戦。試合中に背中を痛めてマッサージを受けるなど、動きもいつものキレが見られませんでした。全米オープン以降、彼女を取り巻く環境は大きく変わりました。それに対する疲れがあるのかもしれません。

     

     しかし、世界ランクは4位まで上昇。女子ではかつての伊達公子さんの最高位に並びました。今後は年間成績上位8人が出場するWTAファイナルに出場予定です。こちらでの奮闘を期待したいと思います。

     


    世界女子バレー 日本代表 2次リーグの戦い

     

     1次リーグ突破を既に決めていた女子バレー日本代表は、1次リーグ最後の試合であるドイツ戦も勝利を収め、リーグ2位で2次リーグ進出しました。

     

     2次リーグはブラジルやセルビアといった強豪とも対戦します。まず2次リーグ初戦はドミニカ共和国と対戦。フルセットの熱戦となりましたが、何とかドミニカを振り切りこの試合を3−2で制しました。

     

     2戦目はプエルトリコとの対戦。黒後愛選手を休ませるなどスタメンを変更して臨みましたが、見事に3−0のストレート勝ちで連勝しました。

     

     今のところ2次リーグ通過圏内の3位をキープしています。次は2次リーグ突破への鍵となるセルビア戦とブラジル戦が待っています。火の鳥NIPPONの真価が問われる2試合となりそうです。

     


    Bリーグ 3年目のスタート

     

     10/4に3年目を迎えたBリーグが開幕しました。開幕戦は千葉ジェッツと川崎ブレイブサンダーズの強豪同士の好カード。この試合は川崎が81−72で開幕戦を制しました。

     

     今季の地区分けは次の通りです。

     

    東地区

    • レバンガ北海道
    • 秋田ノーザンハピネッツ
    • 栃木ブレックス
    • アルバルク東京
    • サンロッカーズ渋谷
    • 千葉ジェッツ

    中地区

    • 新潟アルビレックスBB
    • 富山グラウジーズ
    • 川崎ブレイブサンダーズ
    • 横浜ビー・コルセアーズ
    • 三遠ネオフェニックス
    • シーホース三河

    西地区

    • 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ
    • 滋賀レイクスターズ
    • 京都ハンナリーズ
    • 大阪エヴェッサ
    • ライジングゼファー福岡
    • 琉球ゴールデンキングス

     今季は以上の18チームがBリーグチャンピオンを目指し、長いリーグ戦を戦っていきます。1年目は栃木ブレックスが、2年目はアルバルク東京がBリーグを制しました。今季はどのチームの頭上に栄光が輝く事になるのか非常に楽しみです。

     


    高橋大輔選手 復帰初戦は3位

     

     バンクーバー男子フィギュアスケート・シングルで銅メダルを獲得した高橋大輔選手が今季電撃復帰しました。4年ぶりの復帰緒戦の舞台は近畿選手権。まずは全日本選手権の出場権を得る為、ここを勝ち抜きたい所です。

     

     ショートプログラムは77.28点で首位に。4年半ぶりとはいえさすがな所を見せましたが、フリーでジャンプの失敗等のミスが響き118.54点の4位。合計195.82点で3位に終わりました。

     

     来月の西日本選手権には進めましたが、少々不安が残るスタートとなってしまいました。4年半のブランクが響いたのかもしれません。西日本選手権では、全日本選手権に駒を進めるために好結果が是が非でも欲しいところです。高橋選手の挑戦がどのようになるか健闘を期待したいと思います。

     


     

     今回の記事はここまでと致します。春夏をシーズンとしている競技が大詰めを迎えている一方、冬季競技のシーズンがいよいよ始まりを迎えます。平昌五輪後のシーズンという事で次の北京に向けての4年間のスタートを切ることになります。そちらにも注目していきたいところです。

     

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






     
    サイト内検索

      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク