スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
COUNTER
本日
昨日
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
     
    
スポンサードリンク
<< パ・リーグ CSファイナルステージ その | main | ワールドシリーズはレッドソックスVSドジャースに >>
2018 J1 第30節 試合結果&ルヴァン杯準決勝結果
category: サッカー | author: GT−40X
0

    JUGEMテーマ:Jリーグ

     

     日本代表のテストマッチ開催のため、2週間空いて開催されるJ1第30節。いよいよ残り試合も少なくなりました。そしてルヴァン杯も準決勝が終了し、決勝進出の2チームが決まりました。それもあわせて振り返ります。

     まず、J1の第30節の試合結果からです。

     

     柏   0−1 名古屋

     仙台  2−3 鳥栖

     清水  2−0 広島

     G大阪 2−1 横浜FM

     浦和  3−1 鹿島

     湘南  2−2 札幌

     FC東京  0−1 C大阪

     川崎F 5−3 神戸

     長崎  0−0 磐田 

     

     柏と名古屋の残留争いチーム同士の対戦は名古屋が勝利。鳥栖はF・トーレス選手のゴール等で仙台に競り勝ち貴重な白星。広島は清水に2−0の完敗で痛い敗戦。ガンバはマリノスに勝利してリーグ戦6連勝を達成。浦和は鹿島相手に快勝。湘南は札幌に追いつかれて引き分けに終わりました。FC東京とセレッソの対戦は清武選手の得点でセレッソが勝利。川崎は神戸との激しい点の取り合いを制しました。残留争い中の長崎と磐田はスコアレスドローで痛み分けに終わりました。

     

     それでは現時点の暫定の順位表です。

     

    順位

     チーム名

    勝点  勝  分  負 得失差
     1 川崎フロンターレ  60 18  6  6

      25

     2 サンフレッチェ広島  56 17  5  8

      15

     3 FC東京

     46

    13  7 10    7
     4 鹿島アントラーズ

     46

    13  7 10  6
     5

    浦和レッズ

     45 12  9  9  13
     6 コンサドーレ札幌  45 12

     9

     8

       -3

     7

    セレッソ大阪

     44 11 11  7  4
     8 清水エスパルス  43 13  4 13

       6

     9 ベガルタ仙台  42 12  6

    12

     -6

     10 ガンバ大阪  39 11  6 13

     -7

     11 横浜F・マリノス  38 11  5 14

     2

     12 ヴィッセル神戸  37 10  7 13  -9
     13 湘南ベルマーレ  36  9

     9

    11  ‐4
     14

    名古屋グランパス

     34 10  4 11  -5
     15 ジュビロ磐田  34  8 10

    11

     -12
     16 サガン鳥栖

     33

     8  9 13  -7
     17

    柏レイソル

     33

    10

     3 17  -8
     18 V・ファーレン長崎  29  8  5 17  -17

     

    ※札幌、湘南、C大阪、磐田は試合消化が1試合少ない。

     名古屋は2試合消化が少ない

     

     首位の川崎が2位の広島に対し勝点差を4点に広げました。広島はここに来て完全に失速気味。残り4試合で持ち直せるか。3位以下は大混戦。ACLの出場権を懸けた争いは激しくなってきました。残留争いは一時は降格の危機にあったガンバがようやく一息つける位置まで上がってきました。新体制後に敗戦が続く神戸は逆に知りに火がつく状況になっています。最下位の長崎は少し水を空けられて降格ピンチの状況となっています。降格圏付近は勝点差がわずかの大混戦となっています。湘南と磐田は1試合、名古屋は2試合消化が少ないのがどう出るか。第18節の札幌−名古屋戦が10/28に、第28節のセレッソ−名古屋戦が11/6に、残留争いチーム同士の対戦である磐田−湘南戦は10/30に行われます。この未消化試合の結果が大きく残留争いに影響しそうです。

     


     

     そして、ルヴァン杯の準決勝の結果です。

     

     まずは柏レイソルと湘南ベルマーレの対戦。ファーストレグは柏ホームの試合で1−1の引分けに終わりました。そしてセカンドレグは湘南のホームでの対戦。前半湘南が1点リードで折り返すも後半に柏が追いつき1−1の同点で後半終了。2戦合計2−2の同点となった為延長戦に突入しました。

     

     延長前半に湘南が1点リードを奪いますが、柏が延長後半にまたしても追いつき、決着はPK戦に委ねられることになりました。PK戦も5人目で決着が着かず6人目までもつれ込み、結局湘南が5−4でPK戦に勝利し決勝進出を決定しました。

     

     そして、もう一方の組合せの鹿島アントラーズと横浜F・マリノスの対戦。鹿島ホームでのファーストレグはマリノスが2−1で勝利し、有利な状況でマリノスホームでのセカンドレグを迎えました。

     

     セカンドレグは前半にマリノスが2点をあげ2−0とリードして後半へと突入。鹿島はこの時点で3点を奪わないといけない状況となり、かなり不利な状況に。後半は鹿島が意地を見せますが2点どまりで試合は2−2の引分けで終了。2戦合計4−3でマリノスが勝利し、決勝進出を決めました。

     

     これで決勝の組合せは湘南ベルマーレと横浜F・マリノスの対戦となりました。10/27に決勝戦が行われます。湘南は勝てば初優勝、マリノスは2001年以来の2度目の優勝となります。決勝はどのような試合となるのでしょうか大いに注目したいと思います。

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






     
    サイト内検索

      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク