スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
COUNTER
本日
昨日
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
     
    
スポンサードリンク
<< 最近のスポーツトピックス 世界女子バレー、福原愛選手引退 他 | main | MLB ワールドシリーズ  第1戦、第2戦 >>
NPB 2018ドラフト会議
category: プロ野球 | author: GT−40X
0

    JUGEMテーマ:プロ野球全般

     

     10/25に2018プロ野球ドラフト会議が行われました。今回は高校生野手に1位指名が集中し、抽選で各球団の明暗が分かれる結果となりました。

     今回の12球団の1位指名は次の通りとなりました。

     

     広 島  小園 海斗(報徳学園高)

     西 武  松本  航(日本体育大)

     ヤクルト 清水  昇(国学院大)

     ソフトバンク  甲斐野 央(東洋大)

     巨 人  高橋 優貴(八戸工大)

     日本ハム 吉田 輝星(金足農高)

     DeNA 上茶谷大河(東洋大)

     オリックス   太田  椋(天理高)

     中 日  根尾  昂(大阪桐蔭高)

     ロッテ  藤原 恭大(大阪桐蔭高)

     阪 神  近本 光司(大阪ガス)

     楽 天  辰己 涼介(立命館大)

     

     今回は最初の指名で広島、ソフトバンク、DeNA、オリックスが小園選手を指名。ヤクルト、巨人、日本ハム、中日が根尾選手を指名。ロッテ、阪神、楽天が藤原選手を指名と3人の高校生野手に指名が集中しました。西武は松本投手を単独指名となり交渉権確定。

     

     抽選の結果、小園選手は広島、根尾選手は中日、藤原選手はロッテに交渉権が確定し、抽選に敗れた球団は新たな選手を指名し直しました。

     

     2回目の指名では辰己選手をソフトバンク、巨人、阪神、楽天の4球団が指名。上茶谷投手をヤクルト、DeNAの2球団が指名と再び重複して抽選となりました。日本ハムは吉田投手を指名、オリックスは太田選手を指名し交渉権確定しました。

     

     2回目の抽選の結果、辰己選手は楽天に、上茶谷投手はDeNAに交渉権が確定しました。2回目の抽選も外した4球団は再々度指名を行いました。

     

     3回目の指名の結果、ヤクルトは清水投手、ソフトバンクは甲斐野投手、巨人は高橋投手、阪神は近本選手を指名し、これで12球団全ての1位指名が確定しました。

     

     2位以下の指名はこちらのリンクを参考にして下さい。

     

     NPBオフィシャルサイト 2018ドラフト会議指名選手一覧

     http://draft.npb.jp/draft/2018/


     

     球団別に見ていくと、今回最も注目されており、なおかつ地元の岐阜県出身である根尾選手の獲得に成功した中日が良かったと思われます。2位、3位にも即戦力として期待できる投手を獲得できたのは大きなプラスポイントです。

     

     松本投手の1本釣りに成功した西武もいいドラフトだったと思います。2位に地元・浦和学院高の渡邉勇太朗投手を獲得。菊池雄星投手がメジャー移籍することが濃厚なため、投手の補強が急務であったので満足いく指名となりました。

     

     そして、甲子園で一躍注目を浴びた吉田投手は日本ハムに。そして日本ハムは、2位に野村佑希選手、4位で万波中正選手、5位で柿木蓮投手と甲子園を沸かせた選手達を多く獲得。育成の評価の高い球団だけに彼等がどのように成長するか楽しみです。

     

     2度抽選を外した巨人、阪神は今回厳しいドラフトとなってしまいました。特に阪神は主力の高齢化と若手の伸び悩みといった問題を抱えていますので、将来チームの柱となりうる大物選手が欲しかったところです。

     

     ドラフト会議の重要性はここ最近のチーム成績を見れば一目瞭然です。この指名の良し悪しが今後のチームの行方を左右していきます。そして大事なのはドラフト会議で獲得した才能あふれる選手達をどう育てるかです。最近はこの育成がうまくいったチームが上位に浮上している傾向があります。現在セ・リーグで3連覇を果たしている広島や、選手層の厚さを誇るソフトバンク、主力が抜けながらも若手を育てて結果をだしている日本ハムなどはドラフト指名の上手さもありますが、やはり育成がしっかりしている印象があります。

     

     ともあれ、今回指名された選手達が来季以降どのような活躍を見せていくのかを注目していきたいと思います。そして、この中から将来の野球界を背負って立つ選手が多く現れて欲しいと思います。特に今季は今まで野球界を盛り上げてきた選手達が多く引退しました。彼等に代わって来季以降野球界を盛り上げていってくれることを願っています。

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






     
    サイト内検索

      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク