スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
COUNTER
本日
昨日
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
     
    
スポンサードリンク
<< MLB 大谷翔平選手 新人王獲得 | main | サッカー日本代表 対ベネズエラ代表戦 >>
2018 日米野球 第4戦〜第6戦
category: WBC | author: GT−40X
0

    JUGEMテーマ:侍ジャパン

     

     第3戦までで侍ジャパンの2勝1敗となっています。第4戦はマツダスタジアム、第5、6戦はナゴヤドームで開催されました。その3試合を見ていきます。


    第4戦

    侍ジャパン 5−3 MLBオールスター

     

     第4戦は侍ジャパンの先発は大瀬良投手、MLBオールスターは広島での凱旋登板となった前田健太投手でした。

     

     注目の前田投手は2回を投げて1安打無失点の好投。古巣の広島のファンの前で素晴らしい投球を見せてくれました。

     

     先手を取ったのはMLBオールスター。2回裏にホスキンス選手がライトへホームランを放ち先制点を奪います。

     

     その後は両軍ともゼロ行進で6回を終了します。侍ジャパンは4回と5回にスコアリングポジションまでランナーを進めますが得点できず、1点差のままで終盤へ。

     

     7回裏にMLBオールスターはエラーで出塁したアクーニャJr.選手が盗塁を決めて、その後ソト選手のライトへのタイムリー二塁打で生還して20歳コンビで追加点を奪います。

     

     8回表の侍ジャパンの攻撃で、秋山選手のレフト線の打球をソト選手がダイビングキャッチを試みますが取ることが出来ず打球は後方へ転々と転がります。その間に秋山選手は本塁へ生還し、ランニングホームランとなって1点を返します。

     

     しかし、MLBオールスターもその裏の攻撃でサンタナ選手の犠牲フライで再び2点差とします。

     

     9回の表の侍ジャパンの攻撃。前の回から登板したイエーツ投手を攻め無死2塁からまず上林選手のタイムリーで1点を返します。1死2塁として田中(広)選手のタイムリーで同点に。更に盗塁と送球が逸れる間に3塁まで進めると、菊池選手がセーフティスクイズで逆転に成功。このあと更に1点を追加して2点を逆にリードします。

     

     最後はクローザーの山崎投手が無失点に抑えて侍ジャパンが5−3で逆転勝ちしました。


    第5戦

    MLBオールスター 5−6 侍ジャパン

     

     第5戦の先発は侍ジャパンが東浜投手、MLBオールスターはゲラ投手でした。

     

     この試合はMLBオールスターが序盤から着々と得点を重ねていきます。2回表にホスキンス選手の2試合連続となる2ランで先制。2回裏に侍ジャパンは岡本選手のソロホームランで1点を返しますが、3回にはソト選手のタイムリー、4回にはモリーナ選手のタイムリー二塁打と追加点を重ねます。

     

     更に6回表にもサンタナ選手のタイムリー二塁打でMLBオールスターは点差を4点に広げます。

     

     6回まで岡本選手の本塁打1本に抑え込まれていた侍ジャパン。7回裏に反撃を開始します。先頭の岡本選手がヒットで口火をきると、上林選手もそれに続き、次の甲斐選手がタイムリーで1点を返します。更に相手のエラーで1点追加しなお1、3塁。1死後、代打で山川選手が登場。初球を思い切りスイングし、左中間を破る2点タイムリー二塁打を放ちます。この回で一気に同点に追いつくことに成功します。

     

     そして8回裏の侍ジャパンの攻撃。2死から上林選手がヒットで出塁。次の甲斐選手がタイムリー二塁打を放ち逆転します。9回表のMLBオールスターの攻撃。1死1塁からハニガー選手の当たりはショートゴロ。併殺コースでしたが1塁への送球が逸れてしまいます。ハニガー選手は2塁に向かいますが、バックアップした甲斐捕手が2塁で刺してゲームセット。侍ジャパンが6−5で勝利し、勝ち越しを決めました。

     


    第6戦

    侍ジャパン 4−1 MLBオールスター

     

     最終戦の先発は侍ジャパンが笠原投手、MLBオールスターがジョンソン投手でした。

     

     2回の表の侍ジャパンの攻撃。四球と連打で無死満塁のチャンスをつくると源田選手が走者一掃のタイムリー三塁打を放ち3点を先制。更に1死後菊池選手がセンターへ犠牲フライを放ち1点を追加しこの回4点を奪います。

     

     MLBオールスターは3回、4回、5回と続けて無死1、2塁とチャンスをつくりますが、あと一本が出ず得点をあげることが出来ません。

     

     一方の侍ジャパンも3回以降はMLBオールスターの投手陣に抑えられ得点できず。試合は8回まで進みます。

     

     8回裏にMLBオールスターが反撃。ナ・リーグ新人王のアクーニャJr.選手がソロホームランで1点を返します。その後3本の安打で1死満塁とし、ホームランが出れば逆転という状況とします。しかしその後の打者を佐藤投手が連続三振に切ってとりこの回を1点で切り抜けました。

     

     最終回を山崎投手がきっちりと締めてゲームセット。4−1と侍ジャパンが勝利し、最終戦を白星で飾りました。

     


     

     今回の日米野球は侍ジャパンの5勝1敗という成績で終わりました。第1戦や、第4戦、第5戦と侍ジャパンは見事な粘りを見せて逆転勝ちを勝ち取りました。MLBオールスターは投手陣のメンバーの弱さが勝敗に響いた結果となってしまいましたが、随所にメジャーリーガーのパワーと技術を見せてくれました。

     

     そして稲葉監督にとっても、今回の日米野球で若手選手を試す事ができたのと尚且つ結果がついてきたことは今後にとって大きいのではないかと思います。来年はプレミア12、再来年は東京五輪が控えています。そしてその先にはWBCがあります。侍ジャパンの若手選手も今回いい経験を積めたことで今後の国際大会に期待したいと思います。今回の記事はここまでとしたいと思います。

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






     
    サイト内検索

      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク