スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
COUNTER
本日
昨日
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
     
    
スポンサードリンク
<< サッカー日本代表 対キルギス代表戦 | main | 球界移籍情報 浅村選手は楽天へ >>
MLB MVP他決定&ベルトレ選手 引退
category: MLB | author: GT−40X
0

     

     MLBはボストン・レッドソックスがワールドシリーズを制し幕を閉じました。今回は今シーズンのMLBの表彰選手を見ていきます。そして、MLBの大物選手が引退を決意しました。

     まずは今シーズンのMVPを見ていきます。

     

    アメリカン・リーグ MVP


     ムーキー・ベッツ(レッドソックス)

     

    ナショナル・リーグ MVP

     

     クリスチャン・イエリチ(ブルワーズ)

     

     ベッツ選手は今シーズンの首位打者で、打率.346、32本塁打、30盗塁のトリプル・スリーをマーク。レッドソックスのワールドシリーズ制覇の原動力となりました。

     

     イエリチ選手も首位打者を獲得。打率.326、36本塁打、110打点、20盗塁で、2度のサイクル安打を記録。惜しくも三冠王は逃したものの、ブルワーズ躍進の立役者となりました。7

     

     続いて今シーズンのサイ・ヤング賞を見ていきます。

     

    アメリカン・リーグ サイ・ヤング賞

     

     ブレイク・スネル(レイズ)

     

    ナショナル・リーグ サイ・ヤング賞

     

     ジェイコブ・デクロム(メッツ)

     

     スネル投手は今シーズン、21勝5敗、防御率1.89、221奪三振をマーク。最多勝と最優秀防御率の2冠を獲得する大活躍を見せました。バーランダー投手との争いを制しての受賞となりました。最高の左腕投手に送られるウォーレン・スパ−ン賞も受賞しています。

     

     デクロム選手は勝ち星こそ10勝に終わったものの、防御率1.70、269奪三振をマーク。最優秀防御率を獲得しました。打線の援護に恵まれず勝ち星は延びませんでしたが抜群の防御率が評価されました。

     

     そして、最優秀監督賞にはア・リーグはアスレチックスのボブ・メルビン監督、ナ・リーグはブレーブスのブライアン・スニッカー監督が選ばれました。また、カムバック賞にはア・リーグがデービット・プライス投手(レッドソックス)、ナ・リーグがジョニー・ベンタース投手が選出されました。また、最も優秀な指名打者に送られるエドガー・マルティネス賞には今季本塁打王のクリス・デービス選手(アスレチックス)が選ばれました。

     

     


     そして、シーズンオフに入り、各選手、各球団が来年に向けて動きだしていますが、今季のFA選手に対し、クォリファイング・オファーが出たのは次の7選手。

     

    • ダラス・カイケル(アストロズ)
    • A.J.ポロック(ダイヤモンドバックス)
    • パトリック・コービン(ダイヤモンドバックス)
    • ヤスマニ・グランダル(ドジャース)
    • 柳賢振(ドジャース)
    • ブライス・ハーパー(ナショナルズ)
    • クレイグ・キンブレル(レッドソックス)

     このうち、クォリファイング・オファーを受け入れたのは柳賢振投手のみで後の選手は拒否。拒否した選手はFA市場に出ることになります。特に今回の目玉とみられるハーパー選手の動向は注目されます。

     


     

     そして、長年活躍してきたあの名選手が引退を表明しました。

     

     レンジャースのエイドリアン・ベルトレ選手は11/21に今季限りの引退を表明しました。ベルトレ選手は通算3166安打をマークし、これは現役最多の数字でした。通算成績は打率.286、477本塁打、1707打点。

     

     2004年には本塁打王を獲得。シルバースラッガー賞4回獲得した強打は勿論、ゴールドグラブ賞5回と三塁手としての守備も評価が高い名選手でした。

     

     殿堂入りは確実と見られる素晴らしい選手でした。惜しまれつつ今季でグラウンドを後にします。

     


     

     いよいよFA市場が動きだします。昨オフはFA市場の動きが非常に鈍く、2月になってもまだ契約が決まらない有力選手が続出しました。今オフはどのようになるでしょうか。また、大物選手のトレードの動きも色々囁かれています。今オフのMLBの動きを注視していきたいと思います。 

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






     
    サイト内検索

      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク