スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
COUNTER
本日
昨日
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
     
    
スポンサードリンク
<< 2018年末の格闘技の話題 井岡選手4階級制覇ならず | main | 年末年始の学生スポーツ 箱根駅伝 他 >>
年末年始のスポーツ 小林陵侑選手 W杯4連勝
category: スポーツ総合 | author: GT−40X
0

     

     今回は年末年始にかけて行われたスポーツについて振り返ります。今年も毎年恒例の注目のスポーツイベントが行われています。


    スピードスケート全日本スプリント選手権 小平選手総合連覇

     

     スピードスケート全日本スプリント選手権が12/29、30の二日間で行われました。女子は小平奈緒選手と高木美帆選手の一騎打ちとなりました。500mで圧倒的な力を見せる小平選手が初日500mは1位、1000mは2位で首位に、1000m1位の高木選手が僅差の2位。2日目も小平選手が500mを制し、高木選手は1000mを制しました。非常に僅差の戦いとなりましたがポイント0.34差で小平選手が総合優勝し2連覇を達成。500mの連勝を36に伸ばし、平昌五輪500m金メダル等大活躍だった2018年をきれいな形で締めました。

     

     男子ではW杯でも好調な新浜立也選手が500mを2連勝し初の総合優勝を飾りました。今後の活躍も期待される新鋭です。W杯での活躍にも期待したいところです。

     


    小林陵侑選手 W杯4連勝 ジャンプ週間総合Vへ

     

     ノルディックスキー・男子ジャンプは伝統のジャンプ週間が始まりました。今季大躍進の小林陵侑選手はジャンプ週間でも好調をキープ。ジャンプ週間の第1戦を制しW杯2連勝を飾ると、第2戦と第3戦も制しW杯4連勝。これで今シーズンのW杯では7勝目となり、日本人選手では葛西紀明選手の6勝の記録を抜いて日本人最多となりました。またジャンプ週間3連勝で完全優勝に王手をかけています。総合優勝となれば日本人選手では船木和喜選手以来2人目となり、完全優勝となれば史上3人目の快挙となります。

     

     それにしても今シーズンの小林陵侑選手の活躍ぶりは凄まじいの一言です。中々世代交代が進まなかった男子ジャンプ陣に待望の若きエースが誕生しました。ジャンプ週間、W杯総合優勝を目指してこのまま奮闘してほしいと思います。

     

     


    ニューイヤー駅伝 旭化成3連覇

     

     元日に行われたニューイヤー駅伝は3連覇を狙う旭化成とMHPSが最終7区に入っても互いに譲らず、激しいデッドヒートを繰り広げます。ゴールまで残り100mのところで旭化成のアンカー大六野秀畝選手がスパートをかけてMHPSの岩田勇治選手を引き離し、旭化成が激闘を制しました。これで旭化成は3連覇を達成。実に24度目となる優勝を成し遂げました。

     

     平成最後の大会に相応しい激闘となりました。2018年は男子マラソンで日本記録が2度更新されるなど、今後の希望が見える年となりました。是非とも今年も更にレベルアップを目指して頑張ってほしいと思います。

     


    女子サッカー 皇后杯 日テレベレーサ連覇 3冠達成

     

     元日にはいつもの年ではサッカー天皇杯の決勝が行われていましたが今年はアジアカップがあるため決勝は昨年の12月に行われました。今年はその代わりに皇后杯の決勝戦が元日に行われました。

     

     決勝に進出したのは日テレベレーザとINAC神戸。強豪同士の対戦は前半42分INACが増矢選手のゴールで先制します。後半に入り日テレが後半9分に植木選手のゴールで同点に追いつくと、後半27分に籾木選手のゴールで逆転に成功。しかし後半32分にINACも京川選手のゴールで同点に追いつきます。

     

     結局、90分で決着が付かず試合は延長戦に。延長前半4分に日テレが籾木選手のこの試合2点目のゴールで勝ち越すと、延長前半14分にも田中選手のゴールで追加点を奪い、点差を広げます。試合はこのままタイムアップとなり、日テレがINACに4−2で勝利し、皇后杯連覇を達成しました。日テレは今季なでしこリーグとリーグ杯も制しており、今季3冠を達成しました。

     


     

     年末年始のこの時期、学生スポーツの大きなイベントも多く開かれています。これについては別の機会にまとめて振り返りたいと思います。今回の記事はここまでと致します。

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






     
    サイト内検索

      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク