スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
COUNTER
本日
昨日
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
     
    
スポンサードリンク
<< アジアカップ 対オマーン代表戦 | main | 球界の最近のニュース 立浪氏野球殿堂入り 他 >>
春高バレー決勝戦、全国高校サッカー決勝戦 他 
category: スポーツ総合 | author: GT−40X
0

     

     成人の日の3連休には様々なスポーツイベントが開かれています。高校スポーツ等注目の大会にスポットを当てていきたいとおもいます。


    春高バレー  男子は洛南高校、女子は金蘭会高校が制す

     

     春高バレー・第71回全日本バレーボール高校選手権は1/13に最終日を迎え、男女決勝戦が行われました。

     

     男子は洛南高校と清風高校が決勝に勝ちあがりました。昨年は準優勝で雪辱に燃える洛南高校は、昨年優勝の鎮西高校を破り決勝に進んだ清風高校に3-0で快勝し14年ぶり2度目の優勝。この大会で1セットも失うことなく完全優勝を達成しました。

     

     女子の決勝は東九州龍谷高校と、金蘭会高校という昨年と同じ顔合わせとなりました。フルセットにもつれ込む大熱戦は金蘭会高校が粘る東九州龍谷を振り切り3-2で優勝。連覇を達成し通算3度目の優勝を飾りました。

     


    全国高校サッカー 青森山田高校が2年ぶりの優勝

     

     1/14に行われた第97回全国高校サッカー選手権の決勝は青森山田高校と流通経済大学付属柏高校の対戦となりました。前半、先に得点したのは流通経大柏高校でしたが、前半40分に青森山田高校が追いつき1−1の同点で前半を折り返します。

     

     後半18分に青森山田高校が得点をあげ、勝ち越しに成功。終了間際の後半43分に追加点をあげた青森山田高校が3-1で流通経大柏を破り、2年ぶり2度目の優勝を飾りました。流通経大柏高校は昨年に続き2年連続の準優勝でまたしても決勝で涙を呑みました。

     

     今大会でも活躍した選手にはこれからプロの道に進む選手も多くいます。この大会で活躍し、後にJリーグや日本代表で活躍を見せた選手も多くいます。彼等のこれからにも期待したいと思います。

     


    小林陵侑選手 W杯6連勝 総合優勝へ驀進

     

     ジャンプ週間で4連勝の完全優勝を達成したノルディックスキー・男子ジャンプの小林陵侑選手はその後行われたW杯第12戦も優勝してW杯6連勝。W杯の連勝記録に並びました。史上5人目の快挙です。これで今季9勝目となり、通算勝利数であの原田雅彦氏に並びました。

     

     今季に入っての快進撃で本場の欧州でも注目を集めています。次の第13戦は7位となり連勝記録は途絶えましたが、総合ポイントは独走状態で総合王者へまっしぐらです。総合優勝はかつて長野五輪で活躍した選手達も成し遂げることができませんでした。所属先の土屋ホームの監督でもあり代表のチームメイトでもある”レジェンド”葛西紀明選手も成し遂げていない偉業に挑む小林選手の今後の活躍に注目していきたいと思います。

     


    バスケットボール全日本選手権 決勝

     

     1/13にバスケットボールの第94回天皇杯・第85回皇后杯全日本選手権の決勝戦が行われました。

     

     男子は千葉ジェッツと栃木ブレックスが勝ちあがり、決勝で激突。Bリーグでも同じ東地区で首位争いを繰り広げるライバルチーム同士の対戦となりました。この決勝戦も激しい戦いとなり、第4クォーター終盤まで1点を争う展開となりました。68-69と栃木リードで残り2.6秒となった所で千葉ジェッツの富樫勇樹選手が3ポイントを決めて逆転。富樫選手の劇的なクラッチシュートで千葉が71-69で勝利し3連覇を達成しました。

     

     女子の決勝はJX-ENEOSサンフラワーとトヨタ自動車アンテロープスの対戦となりました。第2クォーター以降ペースを握ったJX−ENEOSが86−65と大勝。6連覇を達成しました。

     


     

     今回は取り上げませんでしたが大相撲初場所が1/13から始まり、進退が注目される横綱稀勢の里は初日から3連敗と引退の危機に立たされています。またテニスのグランドスラム第1戦の全豪オープンが始まり、男子では期待の錦織圭選手は初戦を苦戦しながらも辛くも勝利して2回戦に進出しました。昨年全米オープンを制した大坂なおみ選手は1回戦を快勝し2回戦へ駒を進めています。これらの様子はまた次の機会で触れていきたいと思います。今回の記事はここまでと致します。

     

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






     
    サイト内検索

      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    2425262728  
    << February 2019 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク