スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
  
    
スポンサードリンク
<< 小林陵侑選手 総合V決める/高木美帆選手 世界新  | main | キリンチャレンジカップ2019 日本代表メンバー発表 >>
18/19UEFAチャンピオンズリーグ1回戦◆C.ロナウドハットトリック
category: サッカー | author: GT−40X
0

    JUGEMテーマ:欧州サッカー

     

     今回は今週に行われたUEFAチャンピオンズリーグ1回戦セカンドレグ4試合を振り返ります。これで準々決勝進出の8チームが全て出揃います。


    マンチェスター・シティVSシャルケ04

     

     ファーストレグはマンチェスター・シティがアウェーで勝利し、有利な状況で迎えたセカンドレグ。マンチェスター・シティのホームで行われた試合は思わぬ大差のつく展開となりました。

     

     試合はホームのマンチェスター・シティが攻勢をかけ押し気味に展開。前半34分に遂にマンチェスター・シティがアグエロ選手のPKで先制すると、立て続けに2点を追加し前半で3−0としてほぼ勝負を決めます。

     

     後半に入っても戦意を喪失気味のシャルケに対してマンチェスター・シティは容赦なく得点を重ね結局7−0で試合終了。2戦合計10−2でマンチェスター・シティが準々決勝に進出しました。

     


    ユヴェントスVSアトレティコ・マドリッド

     

     ファーストレグはアトレティコ・マドリッドがホームで2−0の完勝。アトレティコ有利の状況ですが、ユヴェントスもホームでの逆転を狙います。

     

     ユーヴェのホームで行われたセカンドレグは、昨季までアトレティコのライバルであるレアル・マドリッドに君臨していたクリスチャーノ・ロナウド選手が大活躍を見せました。

     

     試合は序盤から得点が必要なユーヴェが猛攻を仕掛けます。リードのあるアトレティコは押し込まれる展開となります。徐々に反撃に出るアトレティコですが、先制したのはユーヴェの方でした。C・ロナウド選手が前半27分にヘディングでゴールを決めて先制点をあげます。

     

     後半もユーヴェが猛攻を仕掛けていきます。後半3分に放ったC・ロナウド選手のヘディングシュートをGKが弾きますがラインをその時点で割っていたとの判定でゴールが認められ遂に2戦合計で同点となります。

     

     そして後半41分にユーヴェがPKを獲得。これをC・ロナウド選手がきっちり決めて遂にユーヴェが逆転。C・ロナウド選手はハットトリックを達成。試合はこのままユーヴェが3−0でアトレティコに勝利し2戦合計3−2で見事に逆転で準々決勝進出を果たしました。

     


    FCバルセロナVSオリンピック・リヨン

     

     ファーストレグはリヨンのホームで行われスコアレスドロー。セカンドレグはバルセロナのホームで行われました。この試合での主役はリオネル・メッシ選手。このセカンドレグで大活躍を見せました。

     

     ホームで圧倒的な強さを見せるバルセロナは序盤から主導権を握り攻め込みます。前半16分にスアレス選手が倒され得たPKをメッシ選手が決めて均衡を破ると、前半31分にはコウチーニョ選手のゴールで追加点。2−0でバルサがリードして前半を折り返します。

     

     後半に入りリヨンも反撃して後半13分にCKからゴールをあげて1点を返します。しかし、後半33分にメッシ選手のゴールで再び2点差とすると、更にその後2点を追加し結局5−1でバルセロナが勝利。メッシ選手は2ゴール2アシストの活躍をみせて圧勝劇に大きく貢献しました。2戦合計5−1でバルセロナが準々決勝進出を決めました。

     


    バイエルン・ミュンヘンVSリヴァプール

     

     ファーストレグはリヴァプールのホームで行われスコアレスドローに終わりました。セカンドレグはバイエルンのホームで行われ雌雄を決します。

     

     試合は前半10分にリヴァプールにアクシデント。ヘンダーソン選手が負傷交代してしまいます。しかし、先制したのはアウェーのリヴァプール。マネ選手がバイエルンの守備陣の連携ミスもあって無人のゴールに流し込んで先制点をあげます。

     

     しかし、ホームのバイエルンも前半39分にオウンゴールで同点に追いつきます。前半は1−1で後半へと突入します。この時点でこのまま終わればリヴァプールが進出することになり、バイエルンは勝ち越す必要があります。

     

     しかし、リヴァプールは積極的な試合運びをみせ、後半24分にCKからファン・ダイク選手のヘディングで勝ち越し点を奪います。これで2点が必要となったバイエルンは更に攻勢を強めていきます。

     

     後半39分にリヴァプールはマネ選手のヘディングシュートで決定的な3点目を奪います。試合はこのまま終了し3−1でリヴァプールがアウェーの地で快勝。2戦合計3−1でリヴァプールの準々決勝進出が決まりました。

     


     

     こうして準々決勝進出の8チームが決定しました。プレミア勢からは4チームが準々決勝に進出。準々決勝の組み合わせ抽選会

    は3/15に行われます。どのような組み合わせとなるのか注目されます。今回の記事はここまでと致します。

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
     
    サイト内検索

    ARCHIVES
        
    CATEGORIES
    SELECTED ENTRIES
    COUNTER
    本日
    昨日
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク