スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
  
    
スポンサードリンク
<< サッカー日本代表 VSコロンビア代表戦 | main | 大相撲春場所 貴景勝大関昇進決める 他 >>
NPB オープン戦終了 間もなく開幕へ
category: プロ野球 | author: GT−40X
0

    JUGEMテーマ:プロ野球全般

     

     今週はイチロー選手の引退というビッグニュースが球界を駆け巡りました。そしてNPBではオープン戦が終了し、いよいよペナントレースの開幕を迎えます。今回は日本球界の話題を取り上げます。


    オープン戦 全日程が終了

     

     3/24でオープン戦の全日程が終了しました。オープン戦の順位は次の通りです。

     

    1位 広島

    2位 ソフトバンク

    3位 楽天

    4位 巨人

    5位 オリックス

    6位 ロッテ

    6位 DeNA

    8位 ヤクルト

    8位 中日

    10位 西武

    11位 阪神

    12位 日本ハム

     

     セのペナントレース3連覇中の広島がオープン戦首位となりました。2位には昨季日本一のソフトバンク。離脱者が多いのは気になりますが層の厚さでさすがの順位です。この2チームはやはり今季もペナント争いの中心となりそうです。

     

     大型補強を敢行した楽天と巨人が3位、4位となっています。補強の効果がペナントでどう出るかが楽しみです。

     

     そうはいってもあくまでオープン戦の結果でペナントの成績とはあまり関係はありません。いいに越したことはないですが、オープン戦好調のチームがペナントレースで不振にあえぐことも少なくありません。調整の場ですのでその目的がどれだけ果たせたかが重要です。不振のチームは不安となりますがあくまで重要なのは本番での成績です。

     

     いよいよペナントレース開幕まで一週間をきりました。リーグ毎のシーズン展望等はまたの機会に回したいと思います。今季はどのチームが躍進するのか、どういった選手達がどのような活躍を見せてくれるのか楽しみにしたいと思います。

     


    フェースガードの効果 会澤選手救われる

     

     3/24のオープン戦で広島の会澤翼選手が7回の打席で顔面付近に死球を受けるアクシデントに遭いました。

     

     昔なら間違いなく大怪我といった場面でヒヤリとしましたが、会澤選手は打席に入る際にフェースガード付きのヘルメットを着用しており怪我はなく無事でした。

     

     昨季あたりからフェースガードがついたヘルメットを着用する選手が増えてきました。万一顔面に死球を受けた場合、確実に大怪我に繋がることと、その後に恐怖心など精神的なダメージでキャリアを左右する可能性もあります。

     

     今回は開幕直前で起こったこともありヒヤリとする場面でしたが、このヘルメットのおかげで事なきを得ました。唯気になるのは、肘当て等の打者を守るプロテクターが普及して死球の怪我が減ってきたのはいいのですが、打者自体がそのような投球に対しよけなくなってきている傾向が見られることです。プロテクターがあるからといって過信せず、しっかりとよける技術を身につけることは大事ですのでその点は留意してほしいところです。

     


    オリックス イチロー選手の「51」永久欠番に

     

     3/21に引退表明をしたシアトル・マリナーズのイチロー選手ですが、NPB時代にかつて在籍していたのはオリックス・ブルーウェーブ(現オリックス・バファローズ)でした。

     

     オリックスではイチロー選手がメジャー移籍した後、51番を身に着ける選手はなく準永久欠番的な扱いとなっていましたが、今回の引退を受けて永久欠番とする扱いを検討しているとのことです。今後球団と本人との話し合い等でイチロー選手の意思も踏まえて決定することになるとのことです。

     

     現在オリックス・バファロースは永久欠番は存在しません。かつての前身であった阪急ブレーブス、オリックス・ブルーウェーブでは永久欠番はありませんでした。もうひとつの近鉄バファローズでは鈴木啓示氏がつけていた1番が永久欠番でしたが球団合併により消滅しました。51番が永久欠番となれば球団初となります。在籍9年間で残した実績は圧倒的であり、その後アメリカで残した実績を鑑みても永久欠番という扱いに相応しい選手だと思います。実際マリナーズではランディ・ジョンソン氏と連名で51番が永久欠番となるのは確実といわれています。あとはイチロー選手の意思次第ですがどのようになるか注目したいと思います。

     


    第91回選抜高校野球 開幕

     

     3/23に第91回選抜高校野球大会の開幕式が行われました。NPBより一足先に甲子園球場で熱戦が繰り広げられています。

     

     初日には星陵高校と履正社高校という強豪校同士の好カードが実現。プロ注目の星陵高校の奥川恭伸投手が登場し、履正社高校の強力打線と対峙しました。

     

     強打で鳴る履正社打線を相手に奥川投手は圧巻の投球を見せ、わずか3安打の完封劇を見せました。奪三振はなんと毎回の17個を数え圧倒しました。ストレートは最速151kmを記録。噂にたがわぬ力を見せました。

     

     奥川投手はプロのスカウトも絶賛する今大会注目の投手です。今大会で今後どのような投球を見せてくれるのか非常に楽しみです。そして今回の大会ではどの高校が栄冠を勝ち取るのか注目していきたいと思います。

     


     

     イチロー選手の引退で日本球界の関係者も様々なメッセージを寄せています。それだけ偉大で影響力のある選手であったということ/だと思います。そして、チロー選手に憧れ影響を受けてきた若い選手達の中から、イチロー選手に続く選手が現れてくれることを願いたいと思います。そしていよいよ開幕を迎えるNPBですが、今季はどのようなペナントレースとなるか非常に楽しみです。今季も素晴らしいシーズンとなって盛り上がることを期待したいと思います。シーズン展望はまた別の機会に書く予定です。今回の記事はここまでとしたいと思います。

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
     
    サイト内検索

    ARCHIVES
        
    CATEGORIES
    SELECTED ENTRIES
    COUNTER
    本日
    昨日
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク