スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
  
    
スポンサードリンク
<< サッカー日本代表 VSボリビア代表 | main | 2019 ペナントレース展望 パ・リーグ編 >>
2019 ペナントレース展望 セ・リーグ編
category: プロ野球 | author: GT−40X
0

    JUGEMテーマ:プロ野球全般

     

     NPBの2019年のペナントレースが3/29に開幕を迎えます。今回はセントラル・リーグの今シーズンの展望を簡単に書いていきたいと思います。


    広島東洋カープ

     

     現在ペナントレース3連覇中の広島は今季もやはり大本命と思われます。投打共にセの他の球団よりも一枚上手といったところです。不安材料ということで言えば2年連続MVPでこれまでの広島を引っ張ってきた丸選手がFAで巨人に移籍したことですが、それ以外の主力選手は健在で、十分破壊力のある打線は組めそうです。

     

     投手陣は先発にやや不安はあるものの、それでもリーグ上位の面子が揃っています。先発は昨季最多勝の大瀬良投手が中心で、救援陣もフランスア投手やクローザーの中崎投手は健在でその脇を固める中継ぎ投手も安定しています。

     

     昨季までの他球団との戦力差は丸選手の移籍で少し縮まっていますが今季も優勝の最有力と言えます。

     


    東京ヤクルトスワローズ

     

     小川監督の下で2位へと躍進を果たしたヤクルトは、その躍進を支えた打線は今季も健在です。チームの顔といえるトリプル・スリー3度の山田選手を中心とした打線は強力そのもので、これに村上選手ら成長中の若手が加わり更に厚みが増しそうです。

     

     問題は投手陣でしょうか。昨季フル回転した救援陣はまだ計算できるとして、先発陣の弱さが不安です。先発陣が踏ん張って勤続疲労が心配な救援陣の負担を減らせるかが鍵となりそうです。

     

     打線は間違いなくリーグでトップクラスなので弱い投手陣を打線でどこまで援護できるかがポイントとなりそうです。もう一つ上にいくためには投手陣の奮起が必要です。

     


    読売ジャイアンツ

     

     原監督が復帰し臨む今季はFAで丸選手を獲得するなど大型補強を敢行し覇権奪回を狙います。打線は丸選手が加わり、主将の坂本選手と昨季大ブレイクの岡本選手と中核を形成します。あとは周りを固める若手選手達とゲレーロ選手ら外国人選手の調子時用法がポイントとなりそうです。

     

     投手陣は先発は大黒柱の菅野投手や山口投手、田口投手にメルセデス投手ら外国人投手にあとは若手の先発候補が加わればまず大丈夫として問題は救援陣。マシソン投手の不在は痛いところです。新たに加わったクック投手がどのぐらい活躍できるかが鍵です。

     

     大型補強が果たして実るかどうか、久々の復帰となる原監督の手腕に期待がかかります。

     


    横浜DeNAベイスターズ

     

     昨季はCS進出を逃し再出発のシーズンとなります。打線は筒香選手を中心にロペス選手や宮崎選手、ソト選手と強力な打者が揃っています。これらの打者が2番から5番までにズラリと並び非常に強力な打線を形成しますので攻撃陣は問題なしです。

     

     となると、やはり問題は投手陣です。昨季新人王の東投手が出遅れて開幕に間に合わず。昨季不振だった今永投手らがどれくらい巻き返せるかと新戦力がどの程度活躍できるか。救援陣はクローザーの山崎投手が健在でそこまで繋ぐ中継ぎ陣もまずまずの陣容です。先発陣の整備と頑張りがポイントとなりそうです。

     

     打線は強力ですので投手陣がどこまで頑張れるかが大きなポイントです。あとは4年目を迎えるラミレス監督の采配にも注目です。

     


    中日ドラゴンズ

     

     与田新監督の下で復活を期するシーズンとなりますが、打線は昨季の首位打者のビシエド選手やアルモンテ選手、平田選手等を中心にある程度計算できます。後は若手選手がどれぐらい頑張れるかがポイントです。主軸の周りを固める彼等がある程度やれれば打線については何とかなりそうです。

     

     投手陣は問題が山積しています。先発陣は松坂投手や小笠原投手が故障で離脱する苦しい状況。大野投手の復調と笠原投手等若手の台頭が不可欠です。救援陣が更に不安で誰をクローザーを任せるかが問題となります。少し苦しい陣容と言わざるを得ません。

     

     投手陣はかなり苦しいと思われます。与田監督がどのように投手陣を整備し起用していくかがポイントとなります。

     

     


    阪神タイガース

     

     矢野新監督の下、最下位からの再起を図ります。打線は他球団と比べて力不足を感じます。福留選手や糸井選手等ベテラン頼りで新外国人選手のマルテ選手は故障離脱。大山選手等若手選手達がどのくらい成長し活躍するかが鍵となります。長打力不足は否めないところなので後は機動力と繫ぎでどこまで補えるかがポイントです。

     

     投手陣は先発陣にFAでオリックスから西投手と昨季中日で活躍したガルシア投手が加わり厚みが増しました。ただ本来エースとして期待される藤浪投手が復調の兆しが見られません。救援陣は今季もドリス投手がクローザーを務めることなります。救援陣もある程度計算できる面子は揃っています。

     

     投手陣は良いだけに後は打線がどれだけ頑張れるかが浮上のポイントとなりそうです。

     


     

     セ・リーグはやはり今季も広島が中心のとなってペナントレースは展開しそうです。大型補強を敢行した巨人が対抗になると思われます。あとは投手陣の頑張り次第ではヤクルト、DeNAにも浮上の目はありそうです。中日と阪神は上位進出には戦力的にやや苦しいように思われます。しかし両チームとも若手選手達が予想を超える活躍を見せればチャンスはないわけではありません。果たして今シーズンは下馬評どおりの争いとなるか、予想外のチームの奮起で波乱の展開となるのか注目したいと思います。今回はここまでと致します。次回はパ・リーグの展望を書いていきたいと思います。

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << May 2019 >>
     
    サイト内検索

    ARCHIVES
        
    CATEGORIES
    SELECTED ENTRIES
    COUNTER
    本日
    昨日
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク