スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
  
    
スポンサードリンク
<< 2019 NPB いよいよシーズン開幕 セ・リーグ編 | main | MLB 2019シーズン開幕 田中投手開幕勝利 他 >>
2019 NPB いよいよシーズン開幕 パ・リーグ編
category: プロ野球 | author: GT−40X
0

    JUGEMテーマ:プロ野球全般

     

     前回はセ・リーグの開幕3カードを見ていきましたが、今回はパ・リーグの開幕3カードを見ていきます。こちらもセ・リーグに負けず劣らずの熱戦が展開されました。

     


    ソフトバンクVS西武

     

     昨季の日本一とパのペナントレースの覇者の激突です。ヤフオクドームでの開幕戦です。

     

     第1戦はソフトバンクが千賀投手、西武が多和田投手が先発しました。2回裏、松田選手が通算1500安打となる先制ソロホームランで先制。4回裏に上林選手のタイムリー、5回裏にデスパイネ選手のタイムリー二塁打と内川選手のタイムリーで追加点を奪い4-0とソフトバンクがリードを広げます。このまま逃げ切るかと思われた8回表、西武は無死満塁と加治屋投手を攻めて、4番の山川選手が値千金の満塁ホームランを放ち一気に同点とします。試合は延長戦に突入。11回裏にソフトバンクは無死1、2塁のチャンスを作ります。そしてデスパイネ選手がレフトへサヨナラタイムリーを放ちソフトバンクが5-4で開幕戦を勝利しました。

     

     第2戦はソフトバンクはミランダ投手、西武が今井投手が先発しました。1回裏にソフトバンクが先制しますが、西武は2回表に栗山選手の2ランで逆転すると、4回表にも森選手のタイムリー三塁打と中村選手のタイムリーで2点を追加し今井投手を援護します。しかし、ソフトバンクは2死満塁と今井投手を攻めて押し出しで1点を返し、迎えるは3番の柳田選手。柳田選手は初球を強振しその打球はライトスタンドに飛び込む逆転満塁本塁打となりました。この回5点を奪ったソフトバンクは西武の反撃を8回表の1点に抑え6-5の逃げ切り勝ちで2連勝としました。西武は連日の1点差での連敗となりました。

     


    日本ハムVSオリックス

     

     日本ハムの本拠地札幌ドームでの開幕戦となりました。

     

     第1戦は日本ハムが上沢投手、オリックスが山岡投手が先発しました。

     

     1回表、オリックスは機動力を駆使してかき回し2死満塁のチャンスを作ります。そして5番に抜擢された新人の頓宮選手がプロ初安打となる2点タイムリーを放ちオリックスが2点を先制します。3回裏に日本ハムが近藤選手のタイムリーで1点を返しますが4回表に西浦選手のタイムリーで追加点を奪い再びオリックスが2点差とします。その後試合は落ち着き、オリックス先発の山岡投手は好投を続け8回裏に。しかし8回裏に日本ハム打線に捕まり2死2、3塁から近藤選手の2点タイムリーで試合は振り出しに戻ります。延長戦に突入し10回裏、日本ハムの先頭打者の中島選手が二塁打を放ち送りバントで1死3塁となるとオリックスは満塁策を選択。1死満塁で中田選手と勝負しました。中田選手はサヨナラのチャンスに期待に応えるサヨナラ満塁弾を放ち、日本ハムが7−3と劇的なサヨナラ勝ちをおさめました。

     

     第2戦は日本ハムが金子投手、オリックスが東明投手が先発。金子投手が古巣に対してどのような投球を見せるか注目されました。オリックスは1回表にメネセス選手のタイムリー、2回表に小田選手の本塁打で2点をリード。日本ハムは3回裏2試合連続となる中田選手の2ランで同点に追いつきます。その後、両軍ゼロ行進が続き9回の攻防へ。オリックスは福田選手が1死満塁のチャンスにセンターへ2点タイムリーを放ち2点を勝ち越します。その裏の日本ハムも粘って2死満塁から中田選手が同点タイムリーを放ち、試合は2試合連続の延長戦へと突入します。延長戦も両軍相譲らず、両軍とも得点なしで4-4の12回引き分けに終わりました。

     


    ロッテVS楽天

     

     今季改装したロッテの本拠地ZOZOマリンスタジアムで開幕戦となりました。

     

     第1戦はロッテが石川投手、楽天が岸投手が先発しました。1回裏ロッテは加藤選手が先制ホームランを放ち先制します。しかし、その直後2回表にウィーラー選手の2ランホームランで楽天が逆転します。4回裏にロッテは中村選手の本塁打で同点とします。6回表、楽天は2死満塁からブラッシュ選手の2点タイムリーで勝ち越しに成功しますが、ロッテはその裏に今季から加入したレアード選手が逆転となる3ランホームランを放ち、ロッテが逆に1点を勝ち越します。ロッテは楽天の攻撃を救援陣が封じ込めてこのまま逃げ切り勝利。開幕戦を5−4で勝利しました。楽天は岸投手が5回途中で左太ももを痛めて途中降板。則本投手に続きエースがまたも離脱となってしまいました。注目のドラフト1位・藤原選手は1番・センターでスタメン出場、7回裏の第4打席でプロ初安打を放ちました

     

     第2戦はロッテがボルシンガー投手、楽天が美馬投手が先発です。2回裏、ロッテは新外国人選手のバルガス選手のタイムリーで先制しますが、楽天は3回表にオコエ選手の3ランが飛び出しあっさり逆転すると、5回表にもウィーラー選手のタイムリーと銀次選手のタイムリー二塁打で2点を追加し突き放します。ロッテもその裏2試合連続となるレアード選手のホームランと藤岡選手のタイムリーで2点差に追い上げますが、楽天はさらに6回表にウィーラー選手が満塁の走者を一掃するタイムリー二塁打で3点を追加しダメ押し。7回表にも嶋選手の本塁打で加点し9−3で楽天が快勝。今季初勝利をあげました。

     

     


     

     開幕戦から両リーグ面白い試合が展開されています。本日は第3戦となります。開幕シリーズ2連勝のチームは3連勝として一気に勢いをつけたいところですし、連敗のチームは3連敗は避けたいところです。タイのチームは本日の試合を勝って開幕シリーズをまずは勝ち越しておきたい所です。本日の第3戦も各地で熱戦が展開されて盛り上がることを期待したいと思います。いよいよ始まった今季のペナントレース、どのような展開をみせるのか、秋に笑うのはどのチームになるのか大いに楽しんで見守っていきたいと思います。今回の記事はここまでと致します。

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
     
    サイト内検索

    ARCHIVES
        
    CATEGORIES
    SELECTED ENTRIES
    COUNTER
    本日
    昨日
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク