スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
  
    
スポンサードリンク
<< MLB 菊池雄星投手 またしてもMLB初勝利ならず | main | 2019 NPB 不振の広島 最下位に沈む >>
18/19 UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝 1stレグ
category: サッカー | author: GT−40X
0

    JUGEMテーマ:欧州サッカー

     

     今季のUEFAチャンピオンズリーグも準々決勝となりました。3連覇中だったレアル・マドリッドが既に敗退しました。またプレミア勢が4チーム残る健闘を見せています。ユヴェントスやFCバルセロナ等上位の常連もしっかり勝ち残っています。


    リヴァプールVSFCポルト

     

     プレミアリーグで今季首位争いを演じているリヴァプールとポルトガルの名門FCポルトの対戦です。

     

     ファーストレグはリヴァプールのホームで開催されました。序盤の前半5分にケイタ選手のゴールでリヴァプールが先制。前半26分には1点目のお膳立てをしたフィルミーノ選手がゴールを決めて追加点。前半はフィルミーノ選手の活躍もあってリヴァプール優位の状況で終了し後半へと突入します。

     

     後半もホームのリヴァプールが主導権を握り攻勢をかけます。追加点こそ生まれなかったものの、FCポルトに得点を許さず2−0の完封勝ち。この快勝で大きく準決勝進出に近づきました。セカンドレグでは引き分け以上では勿論、1点差の敗北でもリヴァプールの準決勝進出が決まります。

     

     リヴァプールが実力的には一枚上手かと思われますが、FCポルトのホームでのセカンドレグということで何が起こるかは判りません。FCポルトにとってはホームでのセカンドレグで奇跡を起こしてリヴァプールに一泡吹かせたいところです。

     

     


    トッテナム・ホットスパーVSマンチェスター・シティ

     

     プレミアリーグ勢同士の対戦となりました。互いに手の内を良く知るチーム同士の対戦です。

     

     トッテナムのホームでのファーストレグは、4/3にオープンしたばかりのトッテナムホットスパースタジアムで開催されました。試合は前半13分にトッテナムのローズ選手がペナルティエリア内でハンドを犯し、VARの判定でマンチェスター・シティにPKが与えられます。このPKをGKのロリス選手がファインセーブで失点のピンチを切り抜けます。

     

     前半をスコアレスで折り返し後半へと突入します。後半13分にケイン選手が負傷退場し、トッテナムにとっては痛いアクシデント。しかし後半33分にソン・フンミン選手の見事なゴールでトッテナムが待望の先制点をあげます。その後マンチェスター・シティの猛攻を凌ぎトッテナムが1−0で先勝しました。

     

     セカンドレグではトッテナムは引き分け以上で準決勝進出です。しかしわずか1点差ですのでセカンドレグではホームの試合となるマンチェスター・シティにもチャンスはあります。トッテナムにとってはケイン選手の負傷が不安材料か。シティもアウェーゴールを奪えなかったのが不安材料です。セカンドレグの行方が注目されます。

     


    アヤックスVSユヴェントス

     

     1回戦でレアル・マドリッドを破り、CLで久々の準々決勝進出となったアヤックスと、今季モゼリエAで首位独走中のイタリアの名門ユヴェントスの対戦です。

     

     ファーストレグはアヤックスのホームで開催されました。試合は前半は均衡状態。アヤックスはボールを支配して押し気味に展開しますが、前半終了が近づくにつれユヴェントスがアヤックスを押し込み始めます。そして前半終了間際の前半45分、この試合で負傷から先発復帰を果たしたエースのクリスチャーノ・ロナウド選手がヘディングでゴールに押し込みユヴェントスが先制点をあげて前半を1点リードで折り返します。

     

     しかし、後半に入るとホームのアヤックスが猛反撃。後半1分にネレス選手がゴールを決めてあっさり同点とすると、その後も主導権を握りユヴェントスゴールに襲い掛かります。ユーヴェも守備陣がアヤックスの攻撃を跳ね返し勝ち越しゴールを与えません。スコアはその後動くことなくタイムアップを迎え1−1のドローとなりました。

     

     ユヴェントスにとってはアウェーゴールを奪ったことでセカンドレグはやや優位となりました。勝利もしくはスコアレスドローでユヴェントスが準決勝進出となります。アヤックスは相手ホームのセカンドレグで何としてもまずは得点を奪う必要があります。

     


    マンチェスター・ユナイテッドVSFCバルセロナ

     

     イングランドとスペイン、そして欧州でもきっての名門同士の対戦となりました。

     

     マンチェスター・ユナイテッドのホームで行われたファーストレグはアウェーのバルセロナが前半12分にスアレス選手のヘディングから最後はコウチーニョ選手が押し込みゴールをあげたかに思われましたが判定はオフサイドの判定。しかし、VARの結果巣アレス選手のヘディングシュートがマンUのDFに当たってゴールを割ったことが判明しオウンゴールとなりバルサが先制しました。しかし前半29分にメッシ選手が顔面から流血するアクシデントに見舞われます。

     

     その後マンUも攻勢に出ますが得点できず、前半は終了。後半もマンUがボールを支配しますがシュートが枠内に飛ばずゴールうを奪えません。バルサも追加点を奪うことが出来ず、守備を固めて逃げ切りを図ります。試合はこのままスコアが動かず1−0でバルサが先勝。アウェーで1点を奪い勝利し有利な状況でセカンドレグを迎えます。

     

     マンUは主導権を握りながらも拙攻で敗戦を喫してしまい、セカンドレグでは2点以上の得点を奪っての勝利が必要となります。この勝利で有利となったバルサはメッシ選手の怪我の具合が気がかりです。セカンドレグの行方が注目されます。

     

     


     

     UEFAチャンピオンズリーグ準々決勝のセカンドレグは次週の4/16、17に各地で行われます。1回戦ではマンUやアヤックスといったチームがビハインドを跳ね返して逆転進出を決めました。準々決勝ではどのようなドラマが待っているのかセカンドレグの各チームの激突を注目したいと思います。今回の記事はここまでと致します。

     

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
     
    サイト内検索

    ARCHIVES
        
    CATEGORIES
    SELECTED ENTRIES
    COUNTER
    本日
    昨日
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク