スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
  
    
スポンサードリンク
<< 2019 NPB これまでの状況 波乱のペナント争い | main | MLB 菊池雄星投手 メジャー初勝利 他 >>
八村塁選手 アーリーエントリーを表明 他
category: スポーツ総合 | author: GT−40X
0

    JUGEMテーマ:NBA

    JUGEMテーマ:B.LEAGUE(Bリーグ)

     

     

     今回はバスケットボールの話題に触れていきます。NBAはプレーオフの真っ最中です。そしてBリーグもレギュラーシーズン全日程を終了し、CSがもうすぐ始まります。そして日本期待のあの選手が遂に決断しました。


    NBAプレーオフ1回戦 セルティックスがスイープ

     

     NBAのプレーオフ1回戦が開始し現在進行中です。

     

     まずは東1位のバックスと東8位のピストンズは現在バックスが3勝0敗でリードし東地区準決勝進出に王手をかけた状況です。東2位のラプターズと7位のマジックはラプターズが3勝1敗でリードし、進出まであと1勝としています。東3位のシクサーズと6位のネッツはシクサーズが3勝1敗で準決勝進出に王手をかけています。東4位のセルティックスは東5位のペイサーズに4連勝でスィープ、準決勝進出を決めました。

     

     西1位のウォリアーズは西8位のクリッパーズ相手に3勝1敗とリードし西地区準決勝に王手をかけています。西2位のナゲッツは西7位のスパーズと2勝2敗の五分の星。西3位のブレイザーズと西6位のサンダーはブレイザーズが3勝1敗でリードし、準決勝進出にあと1勝としています。西4位のロケッツと西5位のジャズの対戦はロケッツが3連勝。このままの勢いでスイープ達成となるか。

     

     今季のプレーオフ1回戦は上位チームが順調に白星を積み重ねています。下位チームが今後の試合で上位に泡を吹かせることが出来るか注目したいと思います

     


    八村塁選手 NBAドラフトにエントリー

     

     アメリカのゴンザカ大でプレーする八村塁選手は、4/15に自身のツイッターでNBAのドラフトにエントリーすることを表明しました。

     

     今季3年生となった八村選手はゴンザカ大の中心選手として活躍。チームトップの1試合平均19.7得点をマーク。NCAAの年間最優秀スモールフォワードに与えられるジュリアス・アービング賞を受賞しました。

     

     アーリーエントリーをするかどうか去就が注目されていました八村選手ですが、大学卒業を待たずNBA入りすることを決断しました。ドラフト指名されて入団すれば、田臥勇太選手、渡辺雄太選手に次ぎ日本人選手としては3人目となるNABプレイヤー誕生となります。

     

     ドラフトでは1巡目指名確実と言われています。全体の何位で指名されることになるか、どのチームに入団することになるのか非常に気になるところです。勿論日本人選手のドラフト上位指名というのは初めてのことになります。注目のNBAドラフトは6/20に開催されます。八村選手がどのチームに入団することになるか注目したいと思います。

     

     


    Bリーグ 全日程終了 CS進出8チーム決まる

     

     4/20にBリーグの全日程が終了、そしてCS進出の8チームが決定しました。

     

     東地区は千葉ジェッツが栃木ブレックスを振り切り地区優勝を決めました。栃木も2位でCS進出を決めました。ディフェンディングチャンピオンのアルバルク東京は3位に終わりましたがワイルドカード1位でCS進出を決めています。

     

     中地区は新潟アルビレックスBBが地区初優勝を決め初のCS進出。2位となった川崎ブレイブサンダーズもCS進出を決めました。3位の富山グラウジーズはシーホース三河、京都ハンナリーズとのワイルドカード2位争いを制してCS進出を決めました。

     

     西地区は琉球ゴールデンキングスが地区優勝でCS進出を決めています。2位には京都ハンナリーズとの2位争いを制した名古屋ダイヤモンドドルフィンズがCS進出を決めました。

     

     CS1回戦の対戦カードは次の通りです。

     

      栃木 VS 川崎

      琉球 VS 名古屋

      千葉 VS 富山

      新潟 VS 東京

     

     CSは4/26の栃木対川崎戦で開幕します。一昨季は栃木が、昨季は東京がCSを制しましたが今季はどのチームが制することになるでしょうか。間もなくBリーグ王者をかけた戦いの火蓋が切られます。3代目の年間王者を決める戦いを注目したいと思います。

     


     

     バスケットボール男子日本代表は世界選手権出場を決めました。そして渡辺雄太選手がNBAでプレーし、八村塁選手がNCAAでゴンザカ大の中心選手として活躍と、明るい話題に包まれている日本バスケットボール界。Bリーグも順調に注目を集めるようになってきました。東京五輪に向け追い風が吹いている日本のバスケットですが、更なる奮闘を期待したいと思います。今回に記事はここまでと致します。

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
     
    サイト内検索

    ARCHIVES
        
    CATEGORIES
    SELECTED ENTRIES
    COUNTER
    本日
    昨日
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク