スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
  
    
スポンサードリンク
<< NPB 10連休を終えて | main | UEFA チャンピオンズリーグ 準決勝1stレグ >>
Bリーグ CS決勝は千葉とA東京の対戦に
category: スポーツ総合 | author: GT−40X
0

    JUGEMテーマ:B.LEAGUE(Bリーグ)

     

     史上最長となるゴールデンウィークの10連休が終わりました。この間にも様々な出来事がありましたが、今回はその中からいくつかピックアップして振り返っていきたいと思います。


    BリーグCS決勝は千葉対A東京の再戦

     

     今シーズンのBリーグCSの準決勝が5/4から5/7に行われました。

     

     千葉ジェッツ対栃木ブレックスという東地区のライバル同士の対戦は、今季地区優勝の千葉が5/4の初戦を75-67で制すると、5/5の第2戦を88-83で連勝して決勝進出を決めました。

     

     琉球ゴールデンキングスとアルバルク東京の対戦は、5/4の第1戦はA東京が67-57で先勝。5/5の第2戦は琉球が62-56で接戦を制しタイとしました。決勝進出をかけた5/7の第3戦はA東京が72-60で琉球を降し決勝進出を決めました。

     

     またB2は信州ブレイブウォリアーズが群馬クレインサンダーズに連勝して初優勝。B1昇格のかかった3位決定戦は島根スサノオマジックが熊本ヴォルターズに連勝しB1復帰を決めました。

     

     今季の決勝は昨季と同様千葉ジェッツとアルバルク東京の対戦となりました。千葉ジェッツが昨季の雪辱を晴らして初優勝を成し遂げ天皇杯との2冠を達成するのか、アルバルク東京が返り討ちにして2連覇を達成するのか、注目の決勝戦は5/11に横浜アリーナで開催されます。

     


    ソフト上野由岐子投手 下顎骨骨折

     

     ソフトボールの上野由岐子投手は4/27の日本リーグの試合で打球を下顎付近に受けて負傷。5/7に上野投手が下顎骨骨折で全治3ヶ月と診断されたことが発表されました。

     

     上野投手は負傷後、4/30に緊急手術しその後の経過は良好とのことです。但し6月に予定されている日米対抗戦には欠場となる見込みです。上野投手を欠いた状況で臨んだアジア杯では全試合でコールド勝ちを収めましたが、ライバルのアメリカに対抗するには必要不可欠な選手であることは間違いありません。

     

     北京五輪でのソフトボールの金メダル獲得の原動力であり、36歳となった今でも日本代表の大エースとして君臨する上野投手だけに怪我の影響が心配であります。東京五輪で復活するソフトボールの金メダル獲得の為には決して欠くことのできない存在ですのでじっくりと怪我を治して復帰してほしいと思います。

     


    フェンシング・エペ 見延選手がGP大会2勝目

     

     フェンシングのエペのグランプリ大会が5/5にコロンビアのカリで行われました。男子個人では見延和靖選手が見事に優勝を飾りました。

     

     グランプリ大会は今年3月のブダペストで開催されたGP大会で初優勝して以来2勝目となります。GP大会2勝は日本フェンシングの歴史で初めての快挙となります。見延選手は世界ランクもこの優勝で3位まで上昇する見込みで一躍東京五輪でのメダル候補の一人となりました。

     

     日本フェンシング協会は、かつての五輪銀メダリストである太田雄貴会長の下で、様々なフェンシングの普及活動に努め、また選手の強化に着手してきました。3月のW杯ではエペ団体で初優勝を遂げるなどその成果が徐々に実りつつあります。東京五輪でもメダル獲得の期待がかかります。

     


    女子やり投げ北口榛香選手 日本記録を大幅に更新

     

     5/6にヤンマースタジアム長居にて行われた陸上の木南道孝記念で女子やり投げの日本新記録が誕生しました。

     

     女子やり投げに出場した北口榛香選手は5投目の64m36のビッグスローで優勝しました。この記録は日本記録であった63m80を56cmも更新する日本新記録で今季世界ランキング6位に相当する好記録でした。また東京五輪参加標準記録の64mを突破しフィールド種目では突破第1号となりました。

     

     北口選手は10代の頃から将来を嘱望されていた逸材でしたが、故障等に苦しみ近年は結果を残すことが出来ず苦しい時期を過ごしていました。今シーズンが始まる前にはチェコへ単身の武者修行を行うなど今季こそはとの意気込みで臨んでいます。長い苦難の時期を越えようやくその努力が報われました。東京五輪でも活躍してくれることを期待したいと思います。

     


     

     東京五輪が近づいてきています。各競技では代表の座を巡る争いが本格化してきました。泣いても笑っても今シーズンの結果が東京五輪の代表の座を獲得できるかどうかを大きく左右します。代表の座を目指す選手達の奮闘を期待したいと思います。今回はこのあたりで記事を終わりたいと思います。

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
     
    サイト内検索

    ARCHIVES
        
    CATEGORIES
    SELECTED ENTRIES
    COUNTER
    本日
    昨日
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク