スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
  
    
スポンサードリンク
<< UEFA チャンピオンズリーグ 準決勝1stレグ | main | 2019 MLB 大谷翔平選手 打者として復帰 >>
ACL 第5節/なでしこW杯メンバー発表 他
category: サッカー | author: GT−40X
0

    JUGEMテーマ:Jリーグ

     

     今回はACLのグループリーグ第5節とルヴァン杯グループステージ第5節、そして6月に開催される女子サッカーW杯のなでしこジャパンのメンバー発表について見ていきます。


    ACL Jリーグ勢の状況

     

     まずはグループEの鹿島アントラーズです。第5節はジョホールダルルタクシムのホームでの試合となりました。この試合に勝てばグループリーグ突破となるところでしたが、0−1で敗れてしまいました。最終戦は首位の山東魯能泰山との対戦。引き分け以上が必須条件です。慶南が勝利し鹿島が引き分けならば勝点8で並びますが当該チーム同士の対戦成績でアウェーゴールの差で鹿島が2位となります。敗戦でも慶南が引き分け以下なら通過確定となります。

     

     グループFのサンフレッチェ広島はホームで広州好恒大を1−0で撃破し、グループ首位が確定してグループリーグ突破を決めました。最終戦は既にグループリーグ敗退が決まっている本田圭祐選手が所属するメルボルン・ビクトリーとの対戦となります。勝利し気持ちよくグループリーグを終えたいところです。

     

     グループGの浦和レッズはブリーラムと敵地で対戦し1−0で勝利。最終戦は同じ勝点7の3位北京中赫国安との直接対決です。ホームでの試合ですが、勝利もしくは0−0での引き分けがグループリーグ突破の条件となります。失点が許されない厳しい状況ですが、是非勝ってグループリーグ突破を決めてほしいと思います。

     

     グループHの川崎フロンターレはホームで上海上港と2−2の引き分け。自力での突破は消滅している厳しい状況となっています。シドニーFCとの最終戦では勝利が絶対条件となります。その上で上海上港が引き分けもしくは敗戦ならば川崎のグループリーグ突破となります。上海上港の対戦相手の蔚山現代は首位通過を既に決めており、メンバーを落とすことも考えられるのでかなり厳しい状況ではあります。

     

     広島以外の3チームは最終戦にグループリーグ突破をかけて戦うことになります。果たして全てのチームがノックアウトステージに進むことが出来るのか注目されます。

     


    ルヴァン杯 グループステージ第5節

     

     それでは、ルヴァン杯のグループステージ各グループの状況を見ていきます。

     

     Aグループは横浜・Fマリノスがコンサドーレ札幌に第5節の試合で4−0の大勝を収めグループ首位に立っています。同じ勝点8で2位に札幌がつけています。3位の勝点6の湘南ベルマーレ、4位の勝点5のV・ファーレン長崎にもグループリーグ突破ののぞみは残っており最終戦にその結果が委ねられます。最終戦は札幌対湘南、マリノス対長崎となっています。マリノスと札幌は引き分け以上が条件。湘南は勝利が条件で、長崎は勝利して札幌が敗戦しなおかつ札幌とマリノスを得失点差で上回る必要があります。(追記:長崎は勝利すれば札幌が引き分けでも突破が決定します。間違えて申し訳ございません)

     

     Bグループはベガルタ仙台が勝点11で首位通過を決めています。残る枠は1つ。最終戦の2位勝点7のFC東京と3位勝点5のサガン鳥栖の対戦の勝者がグループリーグ2位となります。引き分けの場合はFC東京が2位に。柏レイソルはグループリーグ敗退が決まっています。

     

     Cグループはセレッソ大阪が勝点8で首位。続いて大分トリニータが勝点7で2位。3位は勝点6で名古屋グランパス、4位は勝点5でヴィッセル神戸となっています。最終戦ではセレッソと大分、名古屋と神戸の対戦となっています。セレッソは引き分け以上が条件、大分は勝利かもしくは引き分けであればもう一つの試合が引き分けであること、敗戦の場合はもう一つの試合が引き分けの場合は1失点差での敗戦で総得点で名古屋を上回ることが条件となります。名古屋は勝利すれば突破が決まります。神戸は勝利すれば、大分が敗戦かもしくは引き分けの場合突破となります。

     

     Dグループはガンバ大阪が勝点10で首位。次いでジュビロ磐田が勝点9で2位となっておりこの両チームがグループリーグ突破を決めています。清水エスパルスと松本山雅FCはグループステージ敗退が決定しました。

     


    なでしこジャパン 女子W杯代表メンバーを発表

     

     5/10になでしこジャパンの高倉監督は6月のフランス女子W杯に臨む代表23名を発表しました。前回のW杯から引き続きメンバーに選ばれたのは坂口夢穂選手や鮫島彩選手ら6名となっています。

     

     今回のメンバーではU−20W杯やU−17W杯で優勝を経験した若手選手を大勢抜擢しています。前回のメンバーからかなり若返りました。その一方でなでしこリーグ3年連続得点王の田中美南選手や海外組の楢本光選手や山根恵里奈選手等が落選となりました。

     

     尚、今回のメンバーは下記のリンクを参考にして下さい。

    http://www.jfa.jp/nadeshikojapan/news/00021198/

     

     今回のW杯での戦いは勿論大事ですが、その先の東京五輪での戦いも視野に入れてこれからの若手選手を選んだ感じがします。W杯初出場17名とフレッシュなメンバーとなったなでしこジャパンはW杯でどのような戦いを見せてくれるのでしょうか。W杯での彼女等の奮闘が非常に楽しみであります。

     


     

     フランス女子W杯のメンバーが発表となりいよいよ本番が近づいてきました。前々回は優勝、前回は準優勝という結果を残してきた黄金時代のメンバーから今回は大幅な若返りを図って臨むことになります。今回は下の世代の世界大会で結果を残してきた若手選手達の奮闘に期待したいと思います。今回の記事はここまでと致します。

     

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
     
    サイト内検索

    ARCHIVES
        
    CATEGORIES
    SELECTED ENTRIES
    COUNTER
    本日
    昨日
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク