スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
  
    
スポンサードリンク
<< 2019 MLB 勝ち星が遠いダルビッシュ投手 | main | NPB交流戦ソフトバンクが優勝&オールスターファン投票結果 >>
2019 J1 第16節 F・トーレス選手引退へ
category: サッカー | author: GT−40X
0

    JUGEMテーマ:Jリーグ

     

     日本代表はコパ・アメリカに参戦中ですが、J1のリーグ戦も先週末開催されています。今節は1部の試合がACLの為に後日開催される変則的な日程となっています。

     それではJ1第16節の試合結果を見ていきます。左側がホームチームです。

     

     札幌  3−1 鳥栖

     横浜FM  1−0 松本

     神戸  2−2 大分

     名古屋 1−2 清水

     G大阪 1−0 湘南

     C大阪 2−0 磐田

     仙台  2−0 FC東京

     広島 7/31開催 川崎F

     浦和 7/31開催 鹿島

     

     

      札幌はホームで最下位の鳥栖に快勝しました。マリノスは松本の固いディフェンスに苦戦するものの後半に1点を奪い勝利しました。神戸は勝利を目前にしながら終了間際に大分に同点に追いつかれ引分けに終わりました。名古屋はアディショナルタイムに追いつきますが、清水が終了間際に劇的なゴールで勝ち越して2連勝。

     

     ガンバは食野選手がアディショナルタイムに決勝となるミドルシュートを決めて湘南に勝利。セレッソは2点を奪い磐田に快勝。仙台は首位のFC東京相手に2−0と勝利し3連勝。一方のFC東京は今季初の連敗となってしまいました。広島対川崎と浦和対鹿島は7/31に開催される予定となっています。

     

     

     それでは現時点での暫定の順位表です。川崎、鹿島、広島、浦和の4チームは第16節の試合が後日開催になる為1試合少なくなっています。

     

    順位

     チーム名 

    勝点  勝  分  負 得失差
     1 FC東京

     33

    10  3  3

      11

     2

    横浜F・マリノス 

     30  9  3  4

       7

     3

    川崎フロンターレ

     28

     7  

     7  1   12
     4 鹿島アントラーズ

     27

     8  3  4   11
     5

    コンサドーレ札幌 

     27  8  3  5    3
     6 大分トリニータ  26  7

     5

     4

     5

     7

    名古屋グランパス 

     25  7  4  5  9
     8 サンフレッチェ広島

     23

     7  2  6

     8

     9 セレッソ大阪  23  7  2

     7

     3

     10 浦和レッズ  21  6  3  6

     -6

     11 ベガルタ仙台  19  6  1  9

     -4

     12 清水エスパルス  19  5  4  7

     -12

     13 ヴィッセル神戸

     18

     5

     3

     8  -3
     14 ガンバ大阪  17  4  5  7  -5
     15

    湘南ベルマーレ

     17

     5  2

     9

     -6
     16 松本山雅FC

     16

     4  4  8  -11
     17

    ジュビロ磐田

     14

     3

     5  8

     -7

     18 サガン鳥栖  13  4  1 11

     -15

     

     

     連敗の首位FC東京が首位は変わらずですが、マリノスが勝点3差まで詰めてきました。3位川崎と4位鹿島は1試合少ない状態ですので、今後混戦となっていく可能性があります。一時は降格圏内に低迷していた仙台と清水が中位まで順位を上げてきました。しかし、下位との点差は開いているわけではないので油断は禁物です。松本は16位に順位がダウンし降格圏がちらつきます。悲願のJ1残留を果たす為早く浮上したいところです。

     

     そして、現在最下位の鳥栖にとって残念なニュースが飛び込んできました。

     


    F・トーレス選手 現役引退を表明

     

     6/21にサガン鳥栖所属のフェルナンド・トーレス選手が現役引退を表明。6/23に記者会見が開かれました。今季は右太ももの故障の影響で出場機会が減少。今季はまだゴールをあげられずにいました。コンディションが上がらず「自身のベスト」に到達することが出来ていないことに疑問を持ち、引退を決意したとのことです。

     

     ラストマッチは8/23のホームでの神戸戦ということです。神戸はイニエスタ選手とビジャ選手というかつてリーガ・エスパニョーラでしのぎを削り、スペイン代表でともに栄光を手にした盟友との対決を最後にピッチを去ることになります。その後はクラブにアドバイザーとして残り、現在最下位と低迷する鳥栖のチームの環境や組織改革に取り組みユース年代の育成に取り組むとのことです。トーレス選手の新たな挑戦を見守っていきたいと思います。

     


     

     フェルナンド・トーレス選手の引退は非常に残念です。故障もあってJリーグでは本領発揮とはなかなかいかなかったですが、鳥栖に残って色んなプロジェクトに携わっていくということですので、そこでの活躍を期待したいと思います。そして、ラストマッチとなるヴィッセル神戸戦では友人でもあるイニエスタ選手とビジャ選手との最後の競演となります。そちらも楽しみにしたいと思います。

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
     
    サイト内検索

    ARCHIVES
        
    CATEGORIES
    SELECTED ENTRIES
    COUNTER
    本日
    昨日
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク