スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
  
    
スポンサードリンク
<< 長州力 引退興行&WWE日本公演 | main | 2019 MLB 大谷翔平選手 2年連続二桁本塁打 >>
2019 J1 第17節 磐田・名波監督辞任
category: サッカー | author: GT−40X
0

    JUGEMテーマ:Jリーグ

     

     今年の2月に開幕したJ1リーグ戦も今節で第17節となり、丁度折り返し地点となります。ここまで順調にきているチームもあれば、不振に喘いでいるチームもあります。そしてまたしても監督辞任劇がありました。

     

     それではJ1の第17節の試合結果です。左側のチームがホームです。

     

     松本  1−3 G大阪

     FC東京  4−2 横浜FM

     神戸  5−3 名古屋

     鹿島  2−2 広島

     仙台  2−1 札幌

     湘南  0−2 C大阪

     磐田  1−3 川崎F

     大分  2−0 浦和

     鳥栖  4−2 清水

     

     松本はガンバに3点を奪われて敗北しこれでリーグ戦3連敗となってしまいました。FC東京はレアル・マドリッド移籍の久保建英選手が見守る中、マリノスとの首位攻防戦に快勝。神戸はビジャ選手とイニエスタ選手が2ゴールずつ奪う活躍で名古屋との点の取り合いを制しました。先日ACLの1回戦でも激突した鹿島と広島は今回は痛み分けに終わりました。

     

     仙台は今回もホームで札幌に勝利し、リーグ戦4連勝を達成。セレッソは湘南相手に清武選手の今季初ゴール等で快勝。磐田は川崎相手に完全に力負け。長く白星から遠ざかっています。浦和はACLの激闘の疲れからか大分に完敗を喫しました。鳥栖は先日引退を発表したF・トーレス選手の2ゴールを含む4得点をあげて清水に快勝しました。

     

     

     それでは現時点での暫定の順位表です。川崎、鹿島、広島、浦和の4チームは第16節の試合が後日開催になる為1試合少なくなっています。

     

    順位

     チーム名 

    勝点  勝  分  負 得失差
     1 FC東京

     36

    11  3  3

      13

     2

    川崎フロンターレ

     31  8  7  1

      14

     3

    横浜F・マリノス

     30

     9  

     3  5    5
     4 大分トリニータ

     29

     8  5  4    7
     5

    鹿島アントラーズ 

     28  8  4  4   11
     6 コンサドーレ札幌  27  8

     3

     6

     2

     7

    セレッソ大阪 

     26  8  2  7  5
     8 名古屋グランパス 

     25

     7  4  6

     7

     9 サンフレッチェ広島  24  7  3

     6

     8

     10 ベガルタ仙台  22  7  1  9

     -3

     11 ヴィッセル神戸  21  6  3  8

     -1

     12 浦和レッズ  21  6  3  7

     -8

     13 ガンバ大阪

     20

     5

     5

     7  -3
     14 清水エスパルス  19  5  4  8  -14
     15

    湘南ベルマーレ

     17

     5  2

    10

     -6
     16 サガン鳥栖

     16

     5  1 11  -13
     17

    松本山雅FC

     16

     4

     4  9

     -13

     18 ジュビロ磐田  14  3  5  9

     -9

     

     

     首位攻防戦を制したFC東京が首位をがっちりキープ。川崎が再び2位に浮上してきました。大分が4位に浮上。今季昇格チームとしては大健闘と言える前半戦です。同じ昇格組の松本はここに来て苦戦中。降格圏の17位に沈みました。鳥栖は今節の勝利で最下位を脱出。磐田が最下位に転落してしまいました。

     

     そして、最下位に沈む磐田に激震が走りました。

     


    ジュビロ磐田 名波監督辞任

     

     ジュビロ磐田の名波監督は川崎に1−3で敗れた後、試合後の監督会見で辞任の意向を発表しました。今季磐田は3勝5引分け9敗で勝点14の最下位と低迷。その責任を取り今回の辞任劇となりました。チームのOBで磐田の誇るレジェンドであり、選手時代数々の栄光を手にして黄金時代を築いた名波監督も、監督としては近年はなかなか結果を残せず無念の辞任となりました。後任はまだ未定とのことです。なかなか浮上のキッカケを掴めず低迷している磐田ですが、後半戦はチームを立て直し降格を逃れることができるのか注目されます。

     


     

     またしても今節監督の辞任劇が起きてしまいました。勝負の世界では結果を出せなければ厳しい末路が待っています。かつての名選手であろうとそれは変わりません。そして監督が代わったから事態が好転するとは限りません。降格を逃れる為の厳しい戦いが後半戦に待っています。見事チームを立て直せるか注目したいと思います。今回の記事はここまでと致します。

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
     
    サイト内検索

    ARCHIVES
        
    CATEGORIES
    SELECTED ENTRIES
    COUNTER
    本日
    昨日
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク