スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
  
    
スポンサードリンク
<< 2019 NPB ペナントレース前半戦終了  | main | 2019 MLB オールスター前の各地区の状況 >>
2019女子W杯はアメリカが連覇 コパ・アメリカはブラジルが制す 他
category: サッカー | author: GT−40X
0

    JUGEMテーマ:日本代表

    JUGEMテーマ:Jリーグ

    JUGEMテーマ:欧州サッカー

     

     今回は女子W杯の結果やコパ・アメリカの結果、そして最近のサッカーに関する話題を取り上げていきたいと思います。


    女子W杯 アメリカがオランダを破り連覇達成

     

     フランスで開催されたFIFA女子W杯の決勝戦は7/7に行われ連覇を狙うアメリカと初優勝を狙うオランダが激突しました。

     

     試合はアメリカが主導権を握りますが、オランダもよく耐えて前半はスコアレスで折り返します。後半に入り試合は動きます。後半14分にVARの判定でアメリカにPKが与えられこれをラピノー選手が決めてアメリカが先制。更に後半24分にラベル選手のミドルシュートがオランダゴールに突き刺さりリードを2点に広げます。このままオランダを付入る隙を与えずアメリカが2−0で勝利。アメリカが大会2連覇、通算4度目の優勝を飾りました。大会MVPには得点王に輝いたラピノー選手が選ばれました。

     

     今回、なでしこジャパンは決勝トーナメント1回戦で今大会準優勝のオランダの前に屈し敗退しました。今回優勝したアメリカやベスト8の中で7チームを占めた欧州勢にいかに対抗していくかが今後の課題となります。来年の東京五輪では今回の経験を活かして優勝を目指して頑張ってほしいと思います。

     


    コパ・アメリカ ブラジルが12年ぶりの優勝

     

     ブラジルで開催されていたコパ・アメリカの決勝戦は地元のブラジルとペルーが対戦しました。試合は圧倒的な攻撃力を誇るブラジルが攻勢をかける展開。ペルーもよく守り頑張っていましたがブラジルの攻撃力の前に屈し3点を献上。ブラジルが3−1でペルーを降し12年ぶり9度目の優勝を飾りました。

     

     大会直前に大黒柱のネイマール選手が故障の為欠場となり不安視されていましたが、苦戦しながらも見事勝ち抜き地元での優勝を飾りました。MVPを獲得したダニエウ・アウベス選手らのベテランとロシアW杯以降に台頭してきた若手選手ががっちりと噛み合い見事に栄冠を勝ち取りました。

     


    アリエン・ロッベン選手引退

     

     7/4に元オランダ代表のアリエン・ロッベン選手が現役引退を発表しました。凄まじいスピードと切れ味のあるドリブルが武器の快速ウインガーとして活躍。チェルシーやレアル・マドリッド、バイエルン・ミュンヘン等で活躍。またオランダ代表としても2010年の南アフリカW杯での準優勝等の原動力となりました。

     

     右サイドから中央に切り込んで利き足の左でシュートというのが得意パターンで多くのゴールを奪ってきました。特にバイエルンでは左サイドのリベリー選手と共に攻撃の中心としてチャンピオンズリーグ制覇等多くのタイトルを獲得した稀代のドリブラーでした。故障も多く欠場することも多い選手でしたが、万全であれば非常に止めるのが難しい名ドリブラーでした。

     


    冨安健洋選手 ボローニャ移籍決定

     

     前々から噂に上り決定まで時間の問題といわれていたシント・トロイデン所属の冨安健洋選手のボローニャへの移籍が遂に正式決定となりました。7/9の発表によると完全移籍とのことで、現地の報道では契約年数は5年で移籍金は800万ユーロ(約9億7600万円)といわれています。

     

     弱冠20歳の冨安選手ですが、シント・トロイデンでは守備の要としてレギュラーを獲得、そして森保監督体制となった日本代表でも守備の要としてレギュラーを確保するなど進境著しい期待の若手選手です。特にイタリアといえばその固い守備戦術に定評があります。今回のステップアップで更にその能力に磨きをかけて大きく成長してほしいと思います。

     


    中村俊輔選手 横浜FCへ移籍

     

     ジュビロ磐田所属の中村俊輔選手が7/11にJ2の横浜FCに完全移籍することが発表されました。中村選手は横浜F・マリノスから2017年に磐田へ移籍。移籍初年はチームの6位への躍進の立役者となりました。しかし翌年からは故障に苦しみ出場機会が減少。昨年6月には右膝の手術を行いました。今季はリーグ戦わずか2試合の出場のみとなっていました。

     

     横浜FCにはJリーグ最年長の”キング・カズ”こと三浦知良選手や松井大輔選手といった元日本代表のベテランも所属しています。かつての日本代表のエースであるカズ選手とかつての日本代表の司令塔である中村選手との共演が楽しみです。

     


     

     この間シーズンが終わったと思ったらもう1ヶ月と少しで新シーズンが始まります。今オフも移籍市場で様々な動きがあり、今もなお来るべき新シーズンに備えて各チーム補強に走っています。そして現在移籍が噂される何人かの大物選手の動向が気になるところです。そして移籍が噂される日本人選手の行き先も気になるところです。今回はこのあたりで記事を終えたいと思います。

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
     
    サイト内検索

    ARCHIVES
        
    CATEGORIES
    SELECTED ENTRIES
    COUNTER
    本日
    昨日
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク