スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
  
    
スポンサードリンク
<< マイナビオールスターゲーム2019  | main | 2019 MLB 田中将大投手MLB通算70勝 >>
2019 J1 第19節 多摩川クラシコは川崎に凱歌
category: サッカー | author: GT−40X
0

    JUGEMテーマ:Jリーグ

     

     今回はJ1の第19節の模様を振り返ります。今節の注目はFC東京と川崎フロンターレのいわゆる「多摩川クラシコ」があります。優勝争いを演じている両チームの意地がぶつかります。

     

     それではJ1の第19節の試合結果を見ていきます。左のチームがホームです。

     

     松本  0−1 磐田

     仙台  0−4 鹿島

     横浜FM  3−1 浦和

     G大阪 1−0 清水

     C大阪 3−0 名古屋

     大分  2−1 札幌

     鳥栖  0−2 広島

     FC東京  0−3 川崎F

     湘南  3−1 神戸

     

     松本と磐田の対戦は磐田が制し鈴木新監督は就任後初勝利となりました。仙台はシュミット選手の仙台での最終戦で鹿島に4点を取られて大敗を喫しました。マリノス対浦和はマリノスの2点目の判定を巡り混乱、約10分間の中断の末ゴールが認められる波乱の展開となりましたがマリノスが勝利しました。ガンバは清水を完封し虎の子の1点を守りきり勝利しました。セレッソは名古屋に3点を奪いクリーンシート達成で完勝。名古屋はこれで引分けを挟んでリーグ戦6連敗となってしまいました。

     

     大分はホームで札幌に対し先制されるものの逆転勝利しました。鳥栖は広島の攻勢をよく耐えていましたが後半に失点を許しホームで敗戦しました。FC東京と川崎の「多摩川クラシコ」は小林選手のJ1通算100ゴールなど3ゴールを奪った川崎が完勝しました。湘南は前半に神戸に先制されますが、後半に一気に3点を奪い逆転勝利を収めました。

     

     それでは現時点での暫定の順位表です。川崎、鹿島、広島、浦和の4チームは第16節の試合が後日開催になる為1試合少なくなっています。

     

    順位

     チーム名 

    勝点  勝  分  負 得失差
     1 FC東京

     39

    12  3  4

      12

     2

    横浜F・マリノス

     36 11  3  5

       8

     3

    川崎フロンターレ

     35

     9 

     8  1   17
     4 鹿島アントラーズ

     34

    10  4  4   17
     5

    大分トリニータ 

     32  9  5  5    7
     6 セレッソ大阪  30  9

     3

     7

     8

     7

    サンフレッチェ広島 

     28  8  4  6   10
     8 コンサドーレ札幌

     28

     8  4  7

     1

     9 名古屋グランパス   25  7  4

     8

     2

     10 浦和レッズ  24  7  3  8

     -9

     11 湘南ベルマーレ  23  7  2 10

     -4

     12 ガンバ大阪  23  6  5  8

     -4

     13 ベガルタ仙台

     22

     7

     1

    11  -8
     14 清水エスパルス  22  6  4  9  -14
     15

    ヴィッセル神戸

     21

     6  3

    10

     -4
     16 ジュビロ磐田

     17

     4  5 10  -13
     17

    松本山雅FC

     17

     4

     5 10

     -14

     18 サガン鳥栖  17  5  2 12

     -15

     

     

     首位のFC東京が敗れたため、2位以下との差が縮まりました。2位のマリノスは勝点3差、1試合少ない川崎と鹿島はそれぞれ勝点4差と勝点5差となり射程圏内に入ってきました。首位のFC東京はここが踏ん張りどころです。磐田は最下位を脱出しましたがまだ降格圏内。鳥栖は再び最下位転落となりました。神戸が15位に転落し再び危険水域になりました。そのすぐ上の順位のチームも決して安全とは言えない勝点差です。早く勝点を積み重ねて差を広げておきたいところです。

     


     

     暑い季節で体調等が大変な時期となってきます。うまく乗り切り勝負所となる秋を迎えたいところです。次節の第20節は8試合は7/20に開催され、川崎対大分戦のみ7/27の開催となる変則日程です。それでは今回の記事はここまでと致します。

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
     
    サイト内検索

    ARCHIVES
        
    CATEGORIES
    SELECTED ENTRIES
    COUNTER
    本日
    昨日
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク