スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
  
    
スポンサードリンク
<< 西野朗氏 タイ代表監督就任 他 サッカートピックス | main | 世界水泳 競泳種目開始 / 男子100m 3人目の9秒台 他 >>
2019 J1 第20節 鹿島が3位に浮上
category: サッカー | author: GT−40X
0

    JUGEMテーマ:Jリーグ

     

     今節のJ1は8試合が7/20に開催され、川崎対大分の試合のみ来週の土曜日の開催となっています。それでは第20節の模様を見ていきます。

     それでは、川崎対大分を除く第20節の試合結果を見ていきます。

     

     札幌  5−2 湘南

     松本  2−2 広島

     名古屋 2−2 G大阪

     神戸  0−2 横浜FM

     鹿島  2−1 鳥栖

     清水  0−2 FC東京

     磐田  1−3 浦和

     C大阪 0−0 仙台

     

     札幌は湘南から5点を奪う圧勝劇でホームでの試合を制しました。松本は土壇場のパウリーニョの得点で広島に対し引分けに持ち込みました。名古屋対ガンバは復帰した宇佐美選手の復帰初ゴールでガンバが終了間際に追いつき引分けとなりました。神戸はマリノスに先制を許し、退場で数的有利になっても得点できず逆に突き放されて3連敗となってしまいました。

     

     主力が次々と海外移籍した鹿島は戦力ダウンが心配でしたが、最下位の鳥栖相手にきっちりと競り勝ち勝利しました。首位のFC東京は清水にアウェーで完封勝ち。浦和は磐田に前半にあげた3点で優位に試合を進め快勝。セレッソ対仙台は攻勢をかけるセレッソに対し仙台の守備陣はよく耐えてスコアレスドローに終わりました。

     

     

     それでは現時点での暫定の順位表です。鹿島、広島、浦和、大分の4チームは1試合消化が少なくなっています。そして川崎は2試合未消化の状況です。

     

    順位

     チーム名 

    勝点  勝  分  負 得失差
     1 FC東京

     42

    13  3  4

      14

     2

    横浜F・マリノス

     39 12  3  5

      10

     3

    鹿島アントラーズ

     37

    11 

     4  4   18
     4 川崎フロンターレ

     35

     9  8  1   17
     5

    大分トリニータ 

     32  9  5  5    7
     6 セレッソ大阪  31  9

     4

     7

     8

     7

    コンサドーレ札幌 

     31  9  4  7    4
     8 サンフレッチェ広島

     29

     8  5  6

      10

     9 浦和レッズ   27  8  3

     8

     -7

     10 名古屋グランパス   26  7  5  8

     2

     11 ガンバ大阪  24  6  6  8

     -4

     12 湘南ベルマーレ  23  7  2 11

     -7

     13 ベガルタ仙台

     23

     7

     2

    11  -8
     14 清水エスパルス  22  6  4 10  -16
     15

    ヴィッセル神戸

     21

     6  3

    11

     -6
     16 松本山雅FC

     18

     4  6  10  -14
     17

    ジュビロ磐田

     17

     4

     5 11

     -12

     18 サガン鳥栖  17  5  2 13

     -16

     

     

     首位はFC東京が今節もキープしました。今節試合がまだ未消化の川崎に代わり鹿島が3位に浮上。FC東京に対しマリノス、鹿島、川崎の4チームが優勝争いを今後繰り広げる展開となりそうです。15位の神戸は降格圏がすぐそこに迫っています。世界的名手を抱えてのこの順位はシーズン前の期待を大きく裏切っています。最悪の結果だけは逃れたいところです。降格圏のチームはそろそろ焦りを感じ始めているところかもしれません。残り試合は既に半分を切っています。補強策等の手を打って残留争いでの生き残りをかけたいところです。

     


     

     7/19のJリーグワールドチャレンジ2019で川崎フロンターレがプレミアリーグの強豪で昨季のUEFAヨーロッパリーグ覇者のチェルシーと国際親善試合を行い、1−0で勝利しました。新シーズンに向けて調整中でまだ本調子ではない相手との親善試合とはいえ、勝利したことは大きな自信となりそうです。今回の記事はここまでと致します。

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
     
    サイト内検索

    ARCHIVES
        
    CATEGORIES
    SELECTED ENTRIES
    COUNTER
    本日
    昨日
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク