スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
  
    
スポンサードリンク
<< 2019 MLB 大谷翔平選手VS前田健太投手 再び | main | 瀬戸大也選手 個人メドレー2冠 /桃田賢斗選手 ジャパンオープン2連覇 他 >>
2019 J1 第20節 残りの1試合 他
category: サッカー | author: GT−40X
0

    JUGEMテーマ:Jリーグ

     

     今回の週末はJ1の第20節の残りの1試合が行われました。

     それでは第20節の残りの1試合の試合結果です。

     

     川崎F 3−1 大分

     

     前半はスコアレスで折り返しますが、後半6分に齋藤選手のゴールで川崎が先制。一旦大分が追いつきますが更に後半16分に小林選手のゴールで勝ち越し、終了間際の40分にとどめとなる阿部選手のゴールが生まれ川崎が大分に快勝しました。

     

     

     それでは現時点での暫定の順位表です。鹿島、広島、浦和、川崎の4チームは1試合消化が少なくなっています。

     

    順位

     チーム名 

    勝点  勝  分  負 得失差
     1 FC東京

     42

    13  3  4

      14

     2

    横浜F・マリノス

     39 12  3  5

      10

     3

    川崎フロンターレ

     38

    10 

     8  1   19
     4 鹿島アントラーズ

     37

    11  4  4   18
     5

    大分トリニータ 

     32  9  5  6    5
     6 セレッソ大阪  31  9

     4

     7

     8

     7

    コンサドーレ札幌 

     31  9  4  7    4
     8 サンフレッチェ広島

     29

     8  5  6

      10

     9 浦和レッズ   27  8  3

     8

     -7

     10 名古屋グランパス   26  7  5  8

     2

     11 ガンバ大阪  24  6  6  8

     -4

     12 湘南ベルマーレ  23  7  2 11

     -7

     13 ベガルタ仙台

     23

     7

     2

    11  -8
     14 清水エスパルス  22  6  4 10  -16
     15

    ヴィッセル神戸

     21

     6  3

    11

     -6
     16 松本山雅FC

     18

     4  6  10  -14
     17

    ジュビロ磐田

     17

     4

     5 11

     -12

     18 サガン鳥栖  17  5  2 13

     -16

     

     

     川崎が勝利し、首位のFC東京をマリノス、川崎、鹿島といった実力のあるチームが追う展開となってきました。今後の優勝争いはこの4チームの争いとなりそうです。

     

     それでは最近のサッカーに関する話題を振り返っていきます。

     


    乾貴士選手 エイバルへ復帰 他

     

     乾貴士選手は今オフ移籍先を探していましたが、7/24に3年間過ごした古巣のスペイン1部のエイバルへ復帰することになりました。契約は3年で完全移籍となりました。昨季はベティスで出番に恵まれず、シーズン途中にアラベスにレンタル移籍していました。古巣に戻って恩師であるメンディリバル監督の下再び輝きを取り戻すことが出来るか注目したいと思います。

     

     その他、岡崎慎司選手はスペイン2部のマラガと契約間近となっています。契約寸前の状況となっていますがまだ正式発表には至っていません。岡崎選手はチームに合流していますが、まだクラブの会長のOKが出ていないということで移籍の正式決定に至っていないとのことです。

     

     そして、フランクフルト所属の鎌田大地選手ですがイタリアのセリアAのジェノアへの移籍が決定的となっています。昨季はベルギーリーグのシント・トロイデンに期限付きで移籍し、12ゴールをマークする大活躍を見せていました。シーズン終了後にフランクフルトに戻りましたが、今季はセリエAでプレーすることになりそうです。ジェノアはかつて”キング”カズこと三浦知良選手が日本人選手で初めてセリエAに移籍した時のチームとして日本ではよく知られています。ボローニャに移籍した冨安健洋選手に続き、今季は二人の日本人選手がセリエAでプレーすることになりそうです。

     


    ヴィッセル神戸 ベルギー代表DFを獲得

     

     ヴィッセル神戸はベルギー代表DFのトマス・ベルメーレン選手を獲得しました。契約は2年半となっています。FCバルセロナにも在籍していた33歳のDFです。

     

     神戸はVIPトリオというワールドクラスの選手を抱えてシーズン前は躍進が期待されましたが、突然の監督辞任劇やポドルスキ選手の戦線離脱等の影響もあって現在15位と低迷しています。ベルメーレン選手獲得により低迷脱出の起爆剤となるか注目されます。

     


    ルヴァン杯準々決勝組み合わせ決まる

     

     ルヴァン杯の準々決勝の組み合わせが7/28の組み合わせ抽選会で決定しました。組み合わせは次の通りです。

     

    1. サンフレッチェ広島 VS コンサドーレ札幌
    2. FC東京 VS ガンバ大阪
    3. 鹿島アントラーズ VS 浦和レッズ
    4. 名古屋グランパス VS 川崎フロンターレ

     9/4にファーストレグ、9/8にセカンドレグが行われます。準決勝は1のカードの勝者と2のカードの勝者、3のカードの勝者と4のカードの勝者が対決します。

     


     

     7/31に第16節の未消化の2試合、広島対川崎と浦和対鹿島が行われます。そして8/2〜4に第21節の9試合が行われます。優勝争いを繰り広げている川崎と鹿島は是非勝って首位のFC東京との勝点差をきっちり詰めときたいところです。今回の記事はここまでと致します。

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
     
    サイト内検索

    ARCHIVES
        
    CATEGORIES
    SELECTED ENTRIES
    COUNTER
    本日
    昨日
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク