スポーツ関連のニュースを中心に書いています。独自の視点、考察等も書いていこうと思います。ジャンルは野球やサッカーが中心になりますが、出来るだけ多くのジャンルを扱います。
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
RECOMMEND
  
    
スポンサードリンク
<< 2019  NPB 両リーグともにペナントレースは混戦に | main | 岡崎慎司選手と香川真司選手が相次いでスペイン2部に移籍 >>
2019 MLB ダルビッシュ有投手今季4勝目
category: MLB | author: GT−40X
0

    JUGEMテーマ:MLBメジャーリーグ

     

     日本は連日の猛暑が続いています。その中、甲子園では高校生達の熱戦が繰り広げられていますが、海の向こうではかつてその甲子園を沸かせた選手達が奮闘しています。今回は日本人メジャーリーガーの最近の活躍を見ていきます。

     


    ダルビッシュ有投手(シカゴ・カブス)

     

     ダルビッシュ投手は8/4の本拠地でのブルワーズ戦に先発登板しました。地区優勝を争う同地区のライバルに対し、初回にイエリチ選手にソロホームランを浴びて先制を許します。しかし味方がすぐに追いついた直後の2回表、味方のエラーもあって無死1、2塁のピンチとなりますが、これを無失点で切り抜けます。

     

     ダルビッシュ投手はその裏の攻撃で1死1塁で打席が回り送りバントを決めてランナーを送るとその後味方の連続タイムリーが出て2点勝ち越し。ダルビッシュ投手もその後3回4回と2イニング連続で三者凡退に抑えます。5回に2死1、2塁のピンチを迎えますが三振で切り抜けてこの回を投げ終えます。球数が93球に達したので5回で降板。チームはその後追加点をあげてリードを広げて7−2と快勝。ダルビッシュ投手は今季4勝目を手にしました。5回を5安打8奪三振1失点という内容で今回も前回に続き無四球。最近の登板では制球が安定しており好投が続いています。現在激しい地区優勝争いを展開しているカブスにとってダルビッシュ投手の復調は心強いと思います。

     


    前田健太投手(ロサンゼルス・ドジャース)

     2ヶ月間勝利から遠ざかっている前田投手ですが、8/4の本拠地でのパドレス戦に登板しました。初回と2回は三者凡退と快調な立ち上がりを見せます。

     

     しかし、3点リードの3回に突如崩れます。1死2塁からタイムリーを浴びて1点を失うと、更に2死満塁と攻められます。そしてホズマー選手に逆転満塁ホームランを浴びてしまいます。更にヒットを打たれたところで無念の降板となってしまいました。チームは乱打戦を制して11−10で勝利した為勝敗は付きませんでした。2回2/3を5安打5失点の内容で今季最短でKOされる結果となってしまいました。

     


    田中将大投手(ニューヨーク・ヤンキース)

     

     田中投手は8/5の敵地でのオリオールズ戦に先発登板しました。立ち上がりから毎回ランナーを背負う苦しい投球が続きます。1点リードの3回には同点打を浴び、更に次の打者に二塁打を打たれますが、味方の好中継で本塁帰還を阻止して何とか勝ち越しを許さずこの回を終えます。

     

     4回、5回もピンチを迎えますがバックの守備にも助けられて無失点。味方の援護もあって5点リードで迎えた6回、ピーターソン選手に2ランを浴びて、更に1死3塁となったところで降板となりました。勝利投手の権利を持っていましたが、その後の投手が同点2ランを浴びて1失点が追加され勝利投手の権利も消滅しました。チームは再び勝ち越して9−6で勝利。田中投手は5回1/3を10安打5失点。ここ最近不安定な投球が続いています。今後に向けて気になるところです。

     


    菊池雄星投手(シアトル・マリナーズ)

     

     菊池投手は8/7の本拠地でのパドレス戦に先発登板しました。初回、先頭のタティス選手にいきなり1発を浴びてしまいますが、その後は粘り強い投球を見せます。2回、3回とランナーを背負いますが無失点に切り抜けます。

     

     4回には2死満塁とされますが無失点。5回には先頭打者にヒットを許しますが、その後三者連続三振でこの回を終えて勝利投手の権利を持って降板しました。6回に同点とされて菊池投手の権利は消滅しましたがチームは3−2で勝利しました。菊池投手は5回を4安打8奪三振1失点という内容でした。フォームを修正して臨んだ登板でまずまずの投球を見せました。最近は苦しい登板が続いていましたが、この登板をキッカケに復調していってほしいと思います。

     


     

     アリゾナ・ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手は8/3の本拠地でのナショナルズ戦に4番手で7回に登板。しかし1点を失い同点とされてしまいます。しかしその裏に味方が勝ち越して今季4勝目をあげました。昨季ほどの安定感はないですが、今季も登板数は50試合を越えて、ブルペンの重要な一員として投げ続けています。

     

     ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手は8/3の敵地でのインディアンス戦で今月に入って初のマルチヒットを記録。しかし、調子はまだまだいいとは言えない感じです。そして投手として復帰を目指して調整中ですが、8/6には術後最多となる50球の投球練習を行いました。投手復帰は来季となるでしょうが着実に「二刀流」復活へと近づいています。今回の記事はここまでと致します。

    スポンサードリンク
    comments(0) | - | PAGE TOP↑
    同カテゴリーの最新記事






      
    CALENDAR
    Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
     
    サイト内検索

    ARCHIVES
        
    CATEGORIES
    SELECTED ENTRIES
    COUNTER
    本日
    昨日
    LINKS
    PROFILE
    privacy policy
    プライバシーポリシー

    OTHERS
    スマホ版切替
    スマホ版
    スポンサードリンク